少年犯罪

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「少年犯罪」の項目を執筆しています。

少年犯罪(しょうねんはんざい)とは、大人が使用する道具の名称である。

概要[編集]

偏向報道のせいで視聴率低迷にあえぐマスコミ業界、自分の下手糞な教育を認めたがらない教育者、自分はだと思っているせいで育児に悩む親…。

「なんとかしてこれらのミスを解決できないか…」

そんな希望から生まれたのが少年犯罪という道具である。

一般的に、未成年は社会的弱者のため、ちょっとくらいいじめても加害者が大人なら許されるし、世間や2ちゃんねらーも許してくれるから大人達はその点に目を付けたのだ。

このネーミングには「少年(の人権)を犯す罪」という自責の念が込められている。


転じて最近では、ショタコンが少年に対してアーン♥♥することも指すようになる。

使用方法[編集]

基本的に、サブカルチャーとされるもの全般との親和性が非常に高い。

最近の若者を見ていると、これからの将来が不安になってくる。テレビゲーム携帯電話インターネットアニメ漫画テレビ。バーチャルな快感にどっぷりとつかった彼らを見ているとそう思わざるを得ない。

バーチャルな快感によって子供たちは勉学が疎かになり忍耐力が無くなる。そうすれば、学力低下に歯止めが効かなくなり、将来的には政治や経済面で他国に大きな後れを取ってしまうことだろう。

また、テレビゲームや漫画・アニメによってもたらされる暴力性も深刻だろう。長崎県教育委員会が行ったアンケートでは、全体の15.4%もの人間が「死んだ人は生き返る」とコメントしている。少年犯罪が近年になって急増しているのは明らかにこういった要因のせいであることは容易に想像できる。

一刻も早く有害メディアを規制しなければ、近い将来、日本は凶悪化した若者によって滅ぼされるであろう。これ以上ゲーム業界や漫画業界の好き勝手にさせるわけにはいかない。

少年犯罪は1960年がピークだろ」とか「10万人当たりの殺人率は未成年は二番目に低いだろ」とか「ゲーム脳疑似科学だろ」とか「生き返ると答えるのが問題なら年寄りや他国民も叩けよ」とか「長崎県のアンケートは悪質な誘導尋問だろうが」とクレームが来ることがあるが、そういった意見は大人というより日本の癌細胞だけどならば無視しましょう。

歴史[編集]

少年犯罪は、縄文時代末期、村のしきたりを無視して外人にそそのかされて稲を育て始めた若者に由来する。彼らは村八分を受けたが恨みを買って元の村人は皆殺しにされてしまい、少年犯罪が如何に危険であるかが世間に認知されるようになった。

次に知られているのが違法坊主である。飛鳥時代以降許可のない出家は法的に禁じられていたが、彼らは「同情するなら金をくれ」を旗印に無視できない勢力となった。人数が増え、社会的に無視できない勢力となってしまったことが、東大寺大仏造営という税金の無駄遣いを招くこととなってしまった。

中世において、少年犯罪の代表的な例が鎌倉時代末期の悪党であり、室町時代末期のカブキ者である。20になっても30になっても永遠の少年であった彼らは法やルールを無視することで力をつけ、前者からは楠木正成、後者からは織田信長前田利家など、皇室の臣下になったり自ら実力者になってしまった。

江戸時代は少年犯罪の観念がなく、幾つであっても犯罪は犯罪で在り続けたが、江戸時代の面影がすっかり消えた大正時代以降、少年犯罪予備軍は、現代のギャルギャル男を言い換えたものであるモガモボとして銀座を支配するようになる。昭和期になると援助交際オヤジ狩りを行っていたモガ、モボが警察に一斉検挙されている[1]

そして戦後になると、某都知事の影響もあって太陽族と呼ばれる若者が出現し、犯罪発生率はかつて無い規模で発生するようになった。彼らの行いは腐女子の脳内を経由しなくても石原裕次郎によって美化すらされ、現代の日本の文化観念に暗い影を落と続けているのが現状である。

現代の主な使用例[編集]

主な使用者[編集]

関連項目[編集]