少年法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
「いーよねー「少年法」ってヤツは!日本で犯罪すんのはやっぱ20歳前ーってか?」
少年法 について、多間木匠(金田一少年の事件簿

少年法(しょうねんほう)とは、敵国での超法規的行動を安全に効果的に行う闘争方法である。

概要[編集]

米帝およびその傀儡国家である日本では、未成年はたとえ重大な思想犯罪者であっても保護や半保護により実名や個人情報の書き込みを免れている(特に報道機関頭の固い百科事典)。このため、搾取的資本家から人民を解放する闘争を進める日本人民と連帯し日本の解放を目指すにあたり、革命精神に燃える前途多望な青少年を積極的に実行部隊として活動させるべきである。少年法は特に人権派、解放派、前進型、建設型などに所属する革命家が闘争にあたり使用する戦術である。

戦術としての少年法[編集]

帝国主義国家では、児童の闘争参加に対して拒否感が極めて強く、反革命者に対して革命的鉄槌を下し敵産を接収する、またその非保護下にある反革命的女狐を封建的因習から解放する行動を行ったとしても刑法での処罰はされず、奴隷的思想の洗脳を行おうと試みるのみである。

こうした敵の慣行を利用し、敵国の治安を悪化させ、敵の暴力装置である警察の機能を低下せしむることが来るべき革命に備え必要と考えられる。

広報宣伝活動[編集]

特に犬HK、赤日新聞、帝京新聞など同士は、革命家の氏名を公開せず、つとめて革命戦争の進行に協力的である。これらの媒体を通じて、常に少年は保護すべき弱い存在であり、誤った行動の被害は成人が甘受すべきものであるという宣伝を施行すべきである。これによって、少年犯罪の厳罰化など、革命戦争の妨げとなる政策転換を予防する目的が果たされる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「少年法」の項目を執筆しています。
Aku.jpg おい、こら、待ちなさい。おまえ、切れ味のいいネタを隠し持っているな。今ここで出せば見逃してやろう。
まったく、こういう者がいるから秀逸な記事が増えんのだ。 (Portal:スタブ)