少女

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「少女」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「少女」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「少女」の記事を執筆しています。

少女(しょうじょ)とは、食べ物から崇敬対象まで様々な用途を持つ特異生物である。


概要[編集]

少女のイメージ画像。

女性が、オムツが外れてからナプキンをあてるまで[不要出典]の短い期間だけ変異する特殊な存在。世界各国で愛されているが特に日本人の好物であり、高額で取引されていたが近年は規制対象になっている。

少女になる前の変異段階として幼女があるが、両者の基準は曖昧である。オムツが外れていない場合を幼女として扱うこともあるが、オムツをしていない状態の幼女もいるので基準としては弱い。

外見は女性の矮小版だが、幾つか大きく異なる点がある。

  • 胸部が隆起していないが、逆にお腹はぽんぽこりんであり全体的に下半身が大きい。
  • 発毛度合いが小さく、脇や股間にはまったく毛がない。
  • 素手での攻撃など、肉体の武器化を得意とする。

能力は全体的に低いが、用途に応じた様々な付加特性を持つ。詳しくは後述。

少女期を終えた後は「女性」になるが、少女期の過ごし方によっては腐ったり偏食家になったりするためこの時期の過ごし方はとても重要である。

食用として[編集]

少女はカロリーに乏しいため、オカズとして食される事が多い。「少女をオカズにすれば三杯は軽い」と言われ、毎夜のように少女は食されている。基本的には男性がオカズにするが、女性も用いる。

少女の更に小型版を小女子と言い、煮などにして食される。焼いても美味だが、小学校の前で焼いたりすると迷惑行為と見なされて逮捕されることがある。 小女子が出世すると玉筋魚になるが、出世による性転換というのは魚類としては珍しくない。

芸術性[編集]

少女の芸術センスは岡本太郎のようにダイナミックなものであり、理解することは難しい。女性のお喋りと同じく様々な要素をごちゃ混ぜにしてそのまま放り投げたような、ルール無用の天衣無縫な作品を作成する。

また少女そのものを芸術作品として扱う事もあり、通称「ロリータ・アート」は欧州では高い芸術性を評価されている。ルイス・キャロルやイリナ・イオネスコが撮影した写真が有名である。

信仰対象として[編集]

少女を崇め奉る人々は世界各地におり、敬虔な少女信仰に生きている。彼らは「少女は神聖にして犯すべからず」という絶対教義を持ち、少女に触れることをよしとしない。合言葉は「YES!ロリータ NO!タッチ」である。

ただし脳内では別で、自らが少女となったり少女を隅々まで観察したりすることを望んでいる。彼らの脳内を図式化するとこのようになる。

職業用途[編集]

少女は汎用性が高く、様々な職業に使われる。例えば得体の知れない相手と戦う場合は魔法を与えられ魔法少女となるし、更に高度な戦力として魔砲少女となることもある。軍事力として用いる場合はモビルスーツの武装を組み込んだMS少女と呼ばれる形態にすることも。素の少女のままでも客引きをさせると非常に効果が高く、作品タイトルや屋号に「少女」と付ける事も多い。

また少女が使用した衣服などを再販売することで大きな利益を得ることも可能であり、少女自身が積極的に営業活動を行う事もある。そういった販売業務として、極稀にだが春を売る事もある。

関連項目[編集]