少なくない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ウィキペディア無し.png
ウィキペディアの専門家気取りたちも「少なくない」については躊躇することが少なくない。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りであることもまた、少なくない。

少なくない(すくなくない)とはなぜか人が無意識の内に発してしまう呪文の一つで、使用者の説得力、印象に変化を与える効果が少なくない。

概要[編集]

馬鹿な政治家も少なくない。特にこの人は……

この呪文は日本人独特のはっきりしない婉曲表現として生まれ、意志を持ち、分散し、多くの人々に乗り移って自分の名を言うように人々の脳を操っていることが少なくない。素直に「多い」と言えばいいのにこの呪文を使うメディアも少なくないのはこのためである。無論アンサイクロペディアンウィキペディアンも例外ではないが、この二者には違いが少ないようで少なくない。

まずアンサイクロペディアンは、あくまでもっともらしい嘘をつくためにしか使用していない。これは「少なくない」をあえて使用することによって、「自分たちはこの言葉すらも馬鹿にしている」といった意味合いが少なくない。アンサイクロペディアンの意志の強さは、この強力な思念体をも凌駕していることが少なくない。これはひよこ陛下がアンサイクロペディアに自らのエネルギーを分け与え、それを摂取したアンサイクロペディアンの脳が活性化するためだと思う者も少なくない。この通り、ひよこ陛下のご加護で動いているアンサイクロペディアンたちも少なくない。

それに比べてウィキペディアンはどうか。そう、まさに「少なくない」の奴隷である。「多い」と「少なくない」を併用している節度のあるメディアはまだ説得力も感じられることも少なくない。だが文章パターンが単純化している、頭が固いだけが取柄のウィキペディアンが、ユーモアの無い自分達にでも少しは捻りを加えようとこの「少なくない」を乱発することによって、思念体「少なくない」はよりパワーアップしていくことも少なくない。これらの思念体が、すでに日本全土を襲っていると考える者も少なくない。この「少なくない」に対抗できるウィキペディアンは「少なくなくない」

用例[編集]

ローゼン・メイデンが好きな中国の同志も、少なくない
時代が矛盾しているおかしな画像も、少なくない
  • 「ウィキペディア中毒のウィキペディアンも、少なくない」
  • NEETのウィキペディアンも、少なくない」
  • 「ウィキペディアの猥褻記事も、少なくない」
  • 「ユーモアのセンスがあるアンサイクロペディアンも、少なくない」
  • 「今の政権に不安を覚える有権者は、少なくない」
  • 「お母様! 今月の小遣い500円少なくない!?」
  • 洗脳されて、視野の狭いXXXXX学会員は少なくない」

類似[編集]

  • 「この災害で助かった人は、そう多くない」
  • 「私の毛髪は、そう多くはない」
  • 「私の命は、もう長くはない」
  • 「その可能性は否定できない」
  • 「私の辞書に不可能の文字はない」
  • 「できないこともない」
  • 「ひよこ陛下についてゆけば、損はしない」