小金井駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

小金井駅(こがねいえき)は栃木県下野市小金井にある、東京都小金井市方面に行こうとする神奈川県民を誘導しかねない下野市が誇るトラップである。通称神奈川県民ホイホイ

小金井駅

概要[編集]

下野市の前身である国分寺町は昔から知名度がなさ過ぎて悩んでいた。そのため新たな居住者や観光客を得ることが出来ず町は衰退していく一方だった。小金井駅自体は武蔵小金井駅より前から開業していたが、武蔵小金井駅が開業後、小金井駅に誤誘導させて小金井駅の閑静な住宅街を見てもらって居住者を増やそうと企んだ。車両基地を誘致して運よく駅の北側に小山車両センターが開設できたため、小金井駅発着の列車が増えた。そのため、宇都宮線で小金井行という表示を見る機会が増え、小金井駅のアピールに成功した。しかし、宇都宮線沿線住民は「流石に方角的にありえねーよ」と、誤誘導はうまくいかなかったとか。

大きな転換期を迎えたのは湘南新宿ラインが誕生したことによる。鉄道教徒ならともかく、鉄道ダイヤに疎い一般人は小金井駅=小金井市というイメージしかないため、神奈川県からみれば新宿までは北に進むため誤誘導されることが増え、小金井駅のホームだけに多少のにぎわいが起きるようになった。

体験談[編集]

※全てフィックションです

川崎市の会社員・Aさん(23)のケース[編集]

私は武蔵小杉のとあるオフィスで働く会社員だ。今日は小金井市にある取引先に出張に行く日だ。今までは上司と一緒に出張に行っていたが今回は初めて1人で行くことに加えて小金井市に行くのは初めてだったので心配はあった。武蔵小杉駅の電光掲示板を見ると「湘南新宿ライン 小金井行」という表示があった。新しく中央線にも直通するのかなと感心しながらその電車に乗車した。昨日も夜遅くまで残業していたので疲れていたので、西大井駅で運よく目の前の席が空いたので座り、仮眠をとった。「次は小金井、小金井」という車内アナウンスが聞こえて、よく寝たなと目覚めたら地図とは全く違う場所に着いた。ここはどこかと駅員に尋ねたら栃木県だという。取引先との約束の時間は過ぎている。引き返すにもかなりの時間がかかってしまう。ああどうしよう・・・もうだめだ・・・。

逗子市在住のBさん(34)のケース[編集]

私は今は逗子市に住んでいるが諸事情により小金井市に引っ越しをしなければならなくなった。そこで住居を探しに電車で小金井市を訪問することになった。逗子駅電光掲示板を見ると「湘南新宿ライン 小金井行」という表示があった。これに乗っていけば行けると思い、その電車に乗った。途中で眠くなったので寝て、「次は小金井、小金井」という車内アナウンスが聞こえて、目覚めたら、あたり一面田園風景だった。東京23区近郊にこんなとこあったっけ?と疑問に思いながら下車したらここは栃木県だった。いっそのことここの物件探そうか、いや冗談じゃない。今日物件を見学するのを諦めた。チクショウ

横浜市在住のC君(6)のケース[編集]

ぼくはこがねいのおじいちゃんとおばあちゃんのおうちにひとりであそびにいくんだ。おかあさんはぼくがひとりででんしゃののることをしんぱいしてたけど、ぼくはでんしゃがだいすきだからわくわくしてたんだ。とつかえきで「湘南新宿ライン 小金井行」ってもじがみえたのね。おかあさんは「しんじゅくえきオレンジいろのでんしゃにのりかえるのよ」っていってたけど、こがねいにいけるならこれでもいいよねっておもってこのでんしゃにのったんだ。2じかんはんくらいでんしゃにのってたのしかったよ。でもね、こがねいえきをおりようとかいさつぐちにきっぷにいれたらとおれなかったの。えきいんさんが「はんたいほうめんのでんしゃにのってしんじゅくえきでのりかえてね」っていわれて、こんどこそちゃんとしんじゅくでのりかえるぞとおもってはんたいほうめんのでんしゃにのったらこんどはうえのっていうところでおろされちゃったの。ここはどこなの?たすけておかあさAん!!!

結局[編集]

居住者や観光客を増やすどころか、神奈川県民の顰蹙を買うだけの残念な結果となっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小金井駅」の項目を執筆しています。