小野小町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小野小町」の項目を執筆しています。

小野小町(おの・の・こまち、Oh No! Not Komanechi とも)は、平安時代の人気シンガーソングライター。数多くのセッションに参加して傑作を残している。遣隋使小野妹子とは縁戚だが、小町は犬猿の仲の紀貫之と同じニューハーフだった妹子を嫌ったために、あまり交際はなかったとされる。

生い立ち[編集]

福島県小野町出身。茨城県との県境にも程近い山奥の田舎で育ったために生涯なまりが抜けず、垢抜けなかった。小町はこれを大きなコンプレックスとして悩んでいたと言う。その後長い間彼女の出身地など気にするものもおらず忘れ去られていたが、JR東が秋田新幹線の名称に「こまち」を使用してしまったために、再び白日の下に晒されてしまった。

みずから世界三大美女を自称しているが、残念ながら世界ではそのような認識はされていない。

作風[編集]

田舎育ちの気後れをごまかすために、積極的なセックスアピールが特徴的な作風になっている。また、歌詞にひらがなを多用し、意味の分からない部分も多く、ゆとり教育の弊害がこんなところにも現れている。

以下は作品からの抜粋。

花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に

参加アルバム[編集]

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
小野小町が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/歌人」へ収録されています。
この項目「小野小町」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)