小野大輔

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「デレはいらない」
ツンデレ喫茶 について、本人
「俺はこの役で俺をやる」
保坂(みなみけ) について、本人
「やれやれだぜ!」
空条承太郎 について、本人
ODお茶~」
小野大輔 について、沢城みゆき
「やれやれって感じだわ!」
小野大輔 について、沢城みゆき
「小野さんゲイだから」
小野大輔 について、中村悠一
田中敦子軍の人でしょ?」
小野大輔 について、中村悠一
「ボクと一つになろう!」
小野大輔 について、TDN
「こんにちは。小野賢章です。」
小野大輔 について、杉田智和
「(小野大輔を)見たことあんの?多分めっちゃハゲやで」
小野大輔 について、松本人志(ダウンタウンDX 2010年2月25日放送より)
「はっする?はっする?マッスル!マッスル!!」
小野大輔 について、松野十四松


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小野大輔」の項目を執筆しています。

小野 大輔(おの だいすけ、1978年5月4日 - )は、日本のカレーの妖精声優、歌手である。「肩甲骨の裏あたりが痛む。なんかもう翼が生えそうな感じ。」との言から彼を天使とするか悪魔とするかで大激論がかわされている。同姓同名のフットサル選手とは一切関係ない。

愛称はおのでぃ(本人推奨)、のんたん、昭和のハンサムジャンボ、ティン、すけきよ、大にぃ、あにぃ、兄者、ホモカッコゲイ、ダイスケ・オブ・ジョイトイ小野、犬輔、大輔、だいすけべ、DAISUKY

人物[編集]

小学生時代はサッカーをしており、某チームの選手とチームメイトだった。現在は東京下町のサッカークラブで司令塔をやっているが、同名のフットサル選手とは一切関係ない。それ僕(の中の人)のブログじゃないから間違えちゃ駄目だよ、バッキー。

キャラソンではキャラクターの声で歌えることに定評がある。個人でも音楽活動をしているらしい。つぎもす?こすもす?いいえ、マンモスです。

福山雅治大塚明夫などの物マネをするが、本人も認めている通り、似ていない。涼宮ハルヒの憂鬱」にて忘れ物お届け係として登場した白石稔は親友である。 また、7人の同い年と馬主をやっている。

実は過去にとある女優から想いを寄せられていたらしいが、彼女から小野への恋の相談を受けた中村悠一は無情にも、「ん?ぁああ 小野さんゲイだから」とフラグクラッシュしてしまった。まさに外道。

声優のほかにルチャドールとコックを兼業しているが、料理の腕は絶望的で、「悲劇のスーパーダイナミッククッキング」として伝説になるほど。自意識過剰であるため、その料理センスの無さを指摘されても、「味付けは勢いだ!!」などと都合のいい解釈ばかりを並べて見境なく反論する。

ラジオ関係者必携といわれる高機能ストップウォッチをゴミに変換する技能を持つ。

グッズ作成には定評があり、消費者のツボをついた珍妙なグッズを数多く企画している。 彼が企画したグッズは軒並み完売するため、増産が追いつかない状態である。

遍歴[編集]

彼はもともと声優ではなく、番組製作者を志していたといわれているが、教授に現代FOOD記を酷評され、沈んだ現場の空気を一掃するためにやった福山雅治のモノマネがたまたま大ウケして進路変更した経緯がある。

2005年に人形劇「国崎最高!!」を成功させるも、とくに目立った活躍もなく、心にOKAMAを秘めた侍を演じてはドSディレクターに駄目出しされ、台本を勘違いした事を中村悠一に弁解もしてもらえず、自宅で枕を濡らす日々であった。

そんな日々に別れを告げる時が訪れる。2006年古泉一樹の超能力を用いたスプーン曲げが大流行し、その名を知られるようになる。また、イベント「いくぜっ! トキメキ★フルバースト」での勇気ある裏切り行為により、それまでの数々の珍行動と共に脚光を浴びるようになる。

その後は杉田智和同様に様々な役柄に扮して学校生活を過ごしている。超能力者である古泉一樹に成りすまし世界の崩壊を防ぎながら、一方では保坂としてきもちわるい高校生活を送りつつ、冗談のような髪型のバ…なんとかさんとしてクローズドサークルの孤島で探偵役を強制されている。

高校卒業後は執事として、ロンドンの有名玩具メーカー社長、新しい電王女子高生雀士スピードワゴン財団、他多数に仕えている。 また、海洋学者としてヒトデの論文も発表している。

恋人が出来た。高嶺愛花と交際しているが熱海には行かないと宣言している。2016年になんと武道館ライブまで成功させてしまった。すごいよ大輔

珍行動[編集]

声も顔も性格も並以上の彼を語るにあたって避けて通れないのが珍行動であり、以下はほんの一例である。

  • つなぎを着て舞台上に現れ、男性客に向って「やらないか」。
→後に「バーレーボールやらないか」に訂正
  • 大勢の男性ファンの前で胸をはだけながら「何の問題もない!」と熱唱。
  • 小野コマンド(意味なく頭を上下左右に振る)(小野を操るためのコマンド、との説もある)
  • カメラに向かって自らM字開脚(別名:ダイスケ・オブ・ジョイトイ)
  • 大自然を表現するダンスを踊る(例:/(^o^)\<砂山をー)
  • 猫が苦手だったのに猫のテーマパークに行く
  • レコメンにてう○こを連発する

舞台上でも構わず弁当を食べる

  • ネットTVの本番中でも構わずみかんを食べる
  • ラジオの収録中でも構わずカントリーマアムを食べる
  • ラジオの収録中でも構わずうまい棒を食べる
  • ラジオの収録中でも構わずカレーを振舞う(カレーの妖精)
  • ラジオの収録中でも構わず鰹節を削る
  • ラジオの収録中でも構わずおにぎりを食べる
  • ラジオの収録中でも構わず自宅で打ってきた蕎麦をふるまう
  • ラジオの収録中でも構わずひまわりの種を食べる

上記報告後の今ではすっかり、ラジオの収録中にモノを口にする行為にトラウマを覚えており、罰ゲーム以外では一切口にしなくなっている。 しかし、神がかり的な確率で罰ゲームの対象者となる

音楽CD(本人名義)[編集]

ファーストミニアルバム「ひねもす」[編集]

  • ラストトラックである「だいすき」において、大量の洗脳電波が巧みに織り込まれていることが判明し事件となった。
  • 上記の曲を聴くと、「大好き」と「大輔」を言い間違え、タイプミスをするようになる。末期症状では「だいすきがだいすけだ」「だいすけがだいすけだ」などと言いだし、いつしかそれを疑問に思わなくなるとの報告が上がっている。
  • そのほか、「もす!」などの意味不明なあいさつを繰り返すようになるとの報告もある。
  • 同アルバム収録「深淵」は変態1が“変態2を失った悲しみ”をテーマに作詞を担当した。そのため一部の腐女子には「あいつらはガチでガチではないのか」と騒がれた。この件に関して杉田智和は「手紙を書き続けても宛先は解らない。今では反省している」とコメントしている。
  • 発売記念イベントのコピーは『大輔☆だいすき☆大集合!!』。もちろんアンサイクロペディアの記述であるので、よもやまさか万が一にもこんな恥ずかしいコピーでなかったことは言うまでもないので絶対確認しないように。するなよ?絶対に確認するなよ!!
  • 当アルバムは全6曲が収録されているが、神谷浩史が自費で購入したCDには幻の7曲目が入っており、彼はその曲が一番のお気に入りらしい。

ファーストシングル「あまもす」[編集]

  • ファーストシングル「あまもす」(別名「雨音」)はPVが公開された際、映像の主人公とさやかの熱愛ぶりにあてられたファンが次々と死を選ぶ事態にまで発展した。
  • 発売記念イベントのコピーは『~濡れる大輔ダイスキですか?(回答:ダイスキです!)』。もちろんアンサイクロペディアの記述であるので、よもやまさか(以下略)。ちなみに、洗脳電波によって「だいすけです!」と答えてしまった人間は購入者の九割を超えた。(アンサイクロペディアン調べ)

セカンドシングル「なつもす」[編集]

  • セカンドシングル「なつもす」(のちに「消えないで杉田」)はアップチューンな曲調の、乙女座の杉田さんに向けて歌ったラブソング。
  • PVには白スーツを着た古泉一樹が天体観測の技術を買われて友情出演している。
  • 同曲が先行放送された際、「乙女座の君へ」という歌詞を聴いた乙女座でないことに絶望したファンが次々と死を選んだ。事態を重く見た当局は、本来の「真夏のスピカ」というタイトルを変更することにより、ファンの保存に着手したが、結果腐女子しか生き残らないという事態になった。
  • 一説では、『乙女座のセンチメンタリズムな彼』に贈った歌ではないかとも言われる。

ファーストアルバム「かざもす」[編集]

  • 待望のファーストアルバムであるが、彼の迷(名)曲、特に「私立DAI☆SUKI学園」が入らないことに対するファンの怒りは大きかった。
  • 絶望したファンにより、有志で「私立DAI☆SUKI学園」「カレーの歌」などを集めた「小野大輔ベスト(暫定版)」が作成される模様。
  • 発売記念イベントのタイトルは「帰ってきたダイスケ~高知の春空へ~」もちろんアンサイクロペディアの記述であるのd(以下略)

セカンドミニアルバム「あげもす」「さげもす」[編集]

  • 待ちに待ったフルアルバムの発売!と思いきやミニアルバム2枚同時発売という事態にファンは歓喜し、震え、最終的に泣きながら漏らした。
  • 「あげもす」は6曲入り+DAISUKIのRemix.Ver入り。アップチューンな曲ばかりを集めた『馬鹿な小野大輔』を演出。実に楽しげである。
  • ちなみに初期の頃のタイトルは「SHOW」だったが本人が、「SHOW=ショー、エンターティナー性をアピール出来るタイトル、ついでに(笑)の要素も含んでいる」と言ったらプロデューサーから即却下されてしまった。事実である。
  • 表題曲であるKissKissKissのPVで凶弾に倒れたものの、謎の儀式により甦った。このことから学界では小野大輔を悪魔とする説が有力化しているが、決定打には至っておらず新たな発見が待たれるところである。
  • 「さげもす」は6曲入り、しっとりとした失恋ソングばかりを網羅したアルバム、ファンは「まーた小野さん失恋したのか」と肩を落とした。
  • ちなみに初期の頃のタイトルは「SCENE」だったが本人が、「SCENE=シーン、物語の情景を感じさせるタイトル、ついでに「シーン…(滑った時の効果音)」の要素も含んでいる」と言っt(以下略)
  • 表題曲のモノクロの虹のPVときんもすのPVが収録されている。モノクロの虹は本人作詞である、無論失恋している。

関連[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「小野大輔」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)