常陸小川市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小美玉市」の項目を執筆しています。

常陸小川市(ひたちおがわし)は、茨城県中部にある臨空都市である。おみたま!おみたま!

概要[編集]

北関東州茨城県中央部に位置する。小川町・美野里町・玉里村の三町村が隣接市町村と(議員の利権確保に伴う)紛糾の上、ついにあきらめて合併して誕生した。もともと消防単位として小美玉広域消防事務組合が結成されており、市民にとって大切な救急救命業務に差し支えることなく新都市が完成した。

霞ヶ浦北部に位置し農林水産業が豊かな町であった。玉里村に工業団地が集積しており多くの若者が玉里に集中しそれ以外の地区では著しい過疎化が進行している。特産はニラと鶏卵。

主な公共交通機関は、常磐線と一日数本走っている地元の路線バスである。長年に渡り市南部の玉里村~小川町間を鹿島参宮鉄道が貫いていたが、沿線住民が農地改革で牛馬を養えなくなり化石燃料燃焼式自己動力操縦車が急速に普及し一家に3台が当たり前という空前の化石燃料燃焼式自己動力操縦車ブームが巻き起こる。もはや鉄道にのるのは少子化で激減した学生と運転免許はないが足腰は丈夫という年寄りだけという状況となり、とてもそれだけの収入では支えきれないところに加え、地元名士の圧力で百里基地向けジェット燃料輸送がローリー輸送というエコに逆行するエゴによる逆モーダルシフトが行われ、収入源を完全に奪われた参宮線は即死した。現在、同区間を代行バスが運行しているが、参宮線跡地を利用してBRT(バス高速交通システム)を国主導で導入の予定。ただし美野里地区にはまったくメリットが無いため、美野里地区にしか利権を持たない地元名士からは反対の声が目立つ。

現在、帝國海軍百里が原航空隊飛行場に併設して国営空港が建設中であるが、国土交通省の再三の圧力にもかかわらず全く同空港を発着する国内便の就航が見込めず、お情けで大韓民国の空航ナアシアが移民用空路を開設予定である。現在常陸小川市各地において「空航ナアシア毎日就航」の看板が散見される。

なお、つくばエクスプレス線の延伸が計画されており、土地取得利権獲得に名士が今日も汗を流して陳情活動に励んでいる。でも小川地区は、ちんたら寄っていると完全に遠回りである。

歴史[編集]

かつて霞ヶ浦が香取海とよばれる内海であったため、縄文期の温暖期には市内各地が海岸線であった。このため比較的広範囲に貝塚土器が散見される。やがて寒冷化とともに水位が下がり、また関東造盆地運動による隆起や土砂の堆積に伴い市の居住可能面積は著しく向上した。このため、各地には当時の豪族のものと思われる古墳も散在している。

その後、西方より大和朝廷の征夷軍が攻め寄り、当地に住んでいた縄文系先住民は北方へ逃げ、大和朝廷に征服される。隣国石岡市は国府などが置かれ重要な戦略拠点となったが、小美玉市には特に何もない。 戦国時代には佐竹氏の支配地となったが、戦に負けると小美玉市の綺麗どころをみんなつれて東北へ逃げていったため、現在小美玉市には美人が存在しない(非公式情報)。

1800年代には小川に稽医館という先端医学研究所が設置され、感染症の研究などが行われるなど当時の最先端を行っていたが、幕末には攘夷派の拠点とされて幕府軍に焼き討ちに遭い、貴重な蔵書を持ち去られた。後に当地に返還されたとされるが、現在一冊も残っていないところみると、山地棚倉地方から派遣された幕府軍が山羊肉ほしさに持ち帰った図書を山羊の餌として給餌したとおもわれる。

現代では関東地方に大型店舗を構える田本ルフイョジの創業者の生地であったり、茨城を拠点とする信組の創業者の生地であったり稽医館を思わせる名士の出身地として銀河の歴史がまた一ページ加筆訂正されそうな勢いである。

名物[編集]

ニラ
小美玉市野田地区に入ってまず誰もが自動車のエアコンを内気循環にし、窓を閉める。なぜなら辺りはニラ畑で覆い尽くされ、イナゴもよらぬ野田の芳香として、ニラの香りと各種有機肥料(半発酵鶏糞など)の香りが銀河の歴史をまた一ページ加筆訂正されるほど印象深いからである。
納豆
小美玉市野田地区は、日本一の出荷・売り上げを誇るおかめ納豆の本拠地である。かつては、国道355線を石岡から小川方面に向かうと、おかめ納豆の大工場があり、あたりには煮豆の独特の芳香が漂っていた(現在は野田地区の最新鋭納豆工場に集約されている)。水戸納豆というが、実際に日本で口にするのはこの小美玉市が産んだ納豆である。かつては、市内にそぼろ納豆工場もあったが現在では使われていない。
鶏卵
小美玉市には、鶏卵工場が各地に点在しており隠れた名産地として名をはせている。鳥インフルエンザ発生時には市内に物々しい雰囲気が漂い、帝国陸軍が滅菌屠殺焼却処理にあたったとされる。一部では検査官がウィルスを故意ではないにせよばらまいていたなどと噂されていた。なお、市食品公社ではこの鶏卵のうち特製のものを利用して極上のプリンを一部で超限定販売している。
乳製品
小美玉市は酪農もさかんであり、あちこちで牛糞の素敵な香りが漂い、他市の人間がうっかり小美玉市に入るとニラ・鶏糞・牛糞のトリプルスメルが一挙に鼻腔内の嗅覚器を刺激し、熱烈なトラウマを生み出すこととなり、「魔境小美玉」とのイメージが強い。
なお、小美玉市の牛乳を利用した製品が市食品公社からみのりヨーグルトとして濃厚なヨーグルトを提供している。また、茨城乳業(石岡市、もともとは玉里地区の玉川農協ミルクプラント)からも無調整牛乳として地元で購入することができる。
花卉
シクラメンなど園芸用植物の生産でも有名で、夜になると各地で幻想的にライトアップされたグラスハウス・ビニルハウスが煌めく様は一見の価値あり。

市内の各地域[編集]

美野里地区[編集]

美野里地区は小美玉市の西部~北部を支配地区とする。大きく、西部の羽鳥、中央西部の竹原、中央北部の堅倉、北部の納場と分かれている。西部の羽鳥地区とその他の地区を結ぶ交通機関は一切無く、住民の交流もないため、羽鳥地区は完全に独立しており、小美玉市であっても小美玉市に属しない羽鳥自治区に指定されている(禁猟区)。その他地区は竹原地区にある農協を通じておおむね一体化している。

小美玉市誕生もてこずったが、美野里町誕生も恐ろしくてこずったらしい。

小川地区[編集]

小川地区は市の中央部~東部の小川・白河・橘の三地区を支配地区とする。小川地区の中央部には航空自衛隊百里基地があり、平成22年に国営空港として一部区画が一般開放される予定。国家級の災害時には、即時に偵察機が災害地の被災状況を確認しにいく。小川南部は1kmも満たないわずかな湖岸を有する。小川地区は近年コンビニスーパーが乱立してどこで買い物をしようか悩ましい日々を送ることができる幸せな地域である。下吉影地区のとあるミニスーパーでは、自動販売機にておでん缶・ラーメン缶が24時間購入できる、小美玉市唯一の貴重なスポットとしてその名を轟かせている。また、下吉影地区には隣接する鉾田市大和田地区とともにガソリンスタンドが乱立する地区としても有名である(すべて夜9時までに閉店)。なお、過疎地にしては珍しく、小川・白河地区では光ファイバーが完備されているため、即時加入ができる。 町唯一の高校が廃止される為、通学難民が増える模様だが、そこに通っているやつは少ない。

玉里地区[編集]

玉里地区は川中子・玉里の二地区から構成される。地区内には県内でも有数の設備を備える石岡循環器科脳神経外科病院があり、高齢者特有の心疾患・脳疾患に24時間対応し、大学病院の分院としての性格も備える。残念ながら#*&$P)($#)(@fder rqv43@!な疾患を持つ人には対応していない。玉里地区西部には工業団地があり、小美玉市民を養う貴重な場所でもある。この地区を、近年国が線路跡を整備して専用道特急バスを走らせる予定である。川中子地区は広い湖岸線を有しており、レンコンの名産地として、またワカサギ漁など漁港などの主要港湾も存在する。

公共機関[編集]

箱物[編集]

学校

市内には県立高校が2校ある。

旧美野里地区にある全日制コース制の高校。1学年8クラスの県標準タイプ 本来は美野里高校となるはずだったが、近隣に高校は十分にあり普通科の学校では生徒が集まらないとの判断で分けのわからない事を勉強する不思議が高校になった。地元からの進学は少ない。茨城県一円は当然として金星火星こりん星からの通学者も多い。地元の住人とは波長が合わないようで、高校の近所には付き物の学生がたむろする喫茶店等は皆無である。

旧小川地区にある全日制普通科の高校。1学年が4クラスのミドル級の規模である。歴史は中央高校より長い。市の合併前、中央高校の開校までは美野里町小川町中学生同士で「高校のない美野里は田舎だ」「人口の少ない小川は僻地だ」と不毛な争いが行われた。小川高校は生徒減少により廃校の予定だ。いつだっけ?もしすでに無くなっていたら哀悼の意を表します。廃校後は心霊スポットとして観光資源にすべく市観光課 県教育員会 茨城空港利用促進委員会で秘密会議が続いている。

文化センター

人口5万人の小都市にも関わらず、コンサートホールが3箇所ある。 通常ではありえない事であり、国家もしくは超国家組織の陰謀があると思われる。現在調査中であるが調査員が命を落とす事が無ければ24000時間以内に報告する。

  • 調査結果

やはり陰謀は実在した。Wikipediaには3箇所それぞれの名前と1箇所の自画自賛の記事しかない。いくら光ケーブルが開通していない田舎でも文化センターの設立がいつかなんて事は書く人いるでしょ。まずい事を書いて削除されたのだろうか。折角だから事実を列挙する。消さないで!結構時間掛かっているのだ。

四季文化館みのーれ 平成14年に美野里町が設立 コンサートホールは600席 一番新しく、Wikipediaに記事があった。
文化センターアピオス 昭和54年に小川町が設立 大ホールは1200席 アピオスの名前は平成21年から 平成24年で30周年を迎える。
学習センターコスモス 平成の前半に玉里村が設立 人口8000人の村が作ったとは思えない立派な施設 ホールは535席 1度お金を払ってコンサートに行ったことがある。交通の便以外は問題無し

有効に使われているかどうかはこれから調査する。

交通機関[編集]

市の東端に位置する。航空自衛隊の百里基地と滑走路を共同利用。自衛隊の飛行機の方が沢山飛んでる。

市の西端に位置するJR東日本常磐線の駅。特急は止まらない。夜中に不気味な物が停車している事がある。JRの物では無いらしい。詳細は調査中である。隣の石岡駅岩間駅は改装工事がすすんで新しく綺麗になるらしい。やはり鉄の方が喜ぶ心霊スポット駅を目指しているようだ。

市の西端 石岡市との境に位置する常磐自動車道のカード専用IC 地元の人はETC廃止促進委員会に加盟しておりETCカードを持っていない。従って使わない。乗り降りする車は滅多に見られない。

小美玉市が恐れる脅威[編集]

水戸。水戸市の名士達は国土利権(とくに百里基地の空港建設利権)のため是が非でも小川町を手中に収めたかったが、無視される。このため、北関東自動車道を水戸市の属領である茨城町まで建設し、経済的に支配しようと目論見中である。小美玉市民は基本的に水戸よりもつくば方面に目が向いているため、水戸とつくばによる激しい支配争いが続いている。

姉妹都市[編集]

USA カンザス州に位置する都市。 昭和の頃 当時の美野里町長の牧場仲間の縁で姉妹都市を提携した(これは本当です)。しかし今や旧美野里町民でもその存在を信じていない。現在こりん星ムー大陸に位置しているとの情報があり調査中である。命があれば24000時間以内に報告する。

  • 調査結果

 メジャーリーグにカンザスシティ・ロイヤルズというチームがあるがこれはカンザス州でなくミネソタ州にある。カンザスシティという都市はカンザス州とミネソタ州に跨って存在する。州と郡と市の関係が日本の県と市の関係とは違っているのでわかりにくい。ちなみにカンザス州はUSAを代表する田舎でそこの出身者は田舎者としてバカにされるらしい。茨城や栃木のレベルでなく秋田や山形のレベルだろうか。(人口は285万だから295万の茨城と同じ程度)ロイヤルズをカンザス州のチームと言ったら怒られるようだ。  アビリン市はその田舎カンザス州にある酪農の街だ。人口は約7000人(旧玉里村くらい) 日本とは市の意味が違うようだ。アイゼンハワー元大統領が子供時代を過ごした所らしい。南北戦争ではミネソタ州とカンザス州が南北の境界となり激戦があった。ミネソタもカンザスも川の名前だ。

関連項目[編集]


Wiki-globe.png この項目「小美玉市」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)