小笠原道大

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小笠原道大」の項目を執筆しています。
「小笠原さんは超いっぱい服くれます。みんなにブワーって渡してます。」
小笠原道大 について、坂本勇人
「自分が投げてる時だけ執拗にエラーするのやめてくれません?」
小笠原道大 について、内海哲也
「おい、小笠原!早く引退しろ!お前は限界だ。俺よりも」
小笠原道大 について、金本知憲

小笠原 道大(おがさわら みちひろ、1973年10月25日 - )は、中日ドラゴンズに所属、日本ハムファイターズ読売ジャイアンツに所属した千葉県出身の日本のプロ野球選手兼落ち武者。 バットを斜めにピタリとかまえた変態フォームから繰り出される豪快なフルスイングが特徴。毎年のように3割30本を放っていた、球界を代表する強打者の一人であった。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

球界を代表する強打者だったが、高校時代は非力な打者であり、高校通算本塁打は0本である。 高校時代の監督からは、打撃力があるわけでも守備がうまいわけでもなく、秀でたものが全くない選手で、プロ入りなど予想できなかったとボロクソに言われている。 社会人時代はあの松中信彦さんとクリーンナップを打っていたりもした。 就活の時、高校通算本塁打数を20に水増しして内定を勝ち取った。

日ハム小笠原時代[編集]

日本ハムに捕手として入団したものの、お世辞にも捕手としてのセンスがあるとは言えず、打力を評価されて一塁手にコンバートされた(まさかここまでの選手になるとは思っていなかったので、ファームでは色々な位置を守っていたらしい)。 その後、厳しい修行の末に独特の神主打法を習得し、打撃開花する。 現在でこそ貧打に苦しむ日本ハムだが、当時はビックバン打線と呼ばれる強力打線を誇っており、小笠原はビックバン打線においてバントを一切しない恐怖の2番打者として恐れられた。

札幌移転に関しては、千葉に自宅を購入したばかりということもあり、金子誠らとともに大反対していたが、移転時の挨拶で「札幌を日本一熱いところにする」と宣言し、新庄剛志らの力もあり移転3年目にしてのリーグ優勝、日本一を達成する。

巨人小笠原時代[編集]

日本ハム時代末期にサードを守るようになったばかりに皮肉なことにFAの道が開かれ、2006年オフにFA権を行使、自宅の近い読売ジャイアンツへと移籍。

文字通り打線の「核」となり、球史においても20年ぶりとなるチーム三連覇において最大の功労者となったが、2011年に導入された統一球の相性の悪さに苦しみ極度の不振を味わう。打率は2割台前半、本塁打5本と小笠原らしくない成績上に、三振の数も圧倒的に増え、手首骨折でリタイア。そして2012年はとうとうホームランは0となり日本シリーズでは全盛期ならホームランだった打球が取られてしまい終焉を感じさせるものとなった。

しかし2013年の6月に古巣の日本ハムからサヨナラホームランを放って復活・・・するも、その1本で2軍落ち。低反発球が改善された噂もあったため使い続ければ目覚めたような気もするが、ファームでも精彩を欠いていたのでわからない。とうとう構想外となり、保有していたFA権を行使。師匠筋のオレリュウってピカチュウに似てるよねさんがGMに返り咲いた中日に拾われる。巨人移籍後、大人の事情でトレードマークの髭を剃り落としてからはサラリーマンのような風体になってしまったが、そういう意味でも来季は復活したいものである。

人物[編集]

  • 苗字が同じというだけで1999年より小笠原村の観光親善大使を務めている。日本ハム時代は、あの素浪人のような風体もあり本当に小笠原村出身だと思っていた人もいたらしい。
  • 愛称であるガッツの由来は、打撃・守備・走塁においてガッツあふれるプレーを見せること、指を骨折していながらも試合に出場する鉄人並の根性・・・もあるが、まいど!の人によると合コンの席で女の子や食事にがっつくことから「がっつ君」とハム時代の同僚に名づけられたらしい。現在もカルビは飲み物だと豪語し、ガムも大好物で、WBCでの国歌斉唱の時もかまわず噛み続けていた。1990年代と見紛うナウでヤングでトレンディなファッションセンスにも定評があり、ユニオンドクロのTシャツがお気に入りで、後輩や他チームの選手もよく配っている。そういう意味での昔かたぎかよ!
  • 実はオレリュウさんは師匠ではない。日ハム時代の同級生に上田範成(現中日コーチ。野手転向して後が無くオレリュウさんの自主トレについていった)というオレリュウさんの弟子がいること、またオレリュウさんのボールボーイをしたことで師弟関係ネタになりやすいようである。
    • ただ、内実はボールボーイをした以外にはまったく接点がない。「引っ張り一辺倒、ボールを速いか遅いかだけで打ち分ける変態打法、フルスインガー小笠原」と、「がに股打法でしなやかにバットを振って、軽くポコン打って広角にスタンドインのオチヤイ氏」では打ち方が全くかぶらないだろうに。だいたい打席からして違うぞ。
    • 手術したりボールが変わったりと、チョット条件が変わると長いスランプに陥る面がある。そういう年はそういう年で後半に怒涛の帳尻合わせが始まるのだが、その辺はオチヤイさんとかぶるかもしれない。
  • ボールを球種ではなくスピードだけで打っているのは事実らしく、インタビューでは「何を打ったのか?」「わかりません。憶えていません」の一点張りであった。
  • 巨人移籍後、古巣日本ハムファン・・・ではなく、某ちゃんねるにたむろっている落合信者(≠中日ファン)を敵に回してしまい、長期にわたって「カッス」「○ね」だのと罵られている。法律的に大丈夫なのか?さすがに。
    • 移籍前年夕刊フジ江尻良文先生が1週間に1度「打法が同じ落合はぁー、日ハム時代の師匠だからぁー、FAで中日行くよぉー」と煽っていたのが原因らしい。エジリン大先生お得意の「人間関係、数打ちゃ当たるネタ」を真に受けてしまったのだろう。翌年の大先生は1週間に1度「森野はぁー、原の高校の後輩だからぁー、FAで巨人に行くよぉー」と煽り続けたが、やはり巨人には行かず中日とアッサリ契約更新した。・・・という程度の話なのだが、徹底して叩かれる原などと異なり、落合氏の評価がタブロイドでも高かったことでネタ記事を真に受けてしまったのだから彼らを責めるのも気の毒ではあるが、ただ法律的に大(ry
  • 恐妻家として知られており、数億もの年俸を嫁に一括管理されている。副業には手を出してはいないようだが、節税能力はどうなのだろうか。
  • 巨人に移籍後もファンサービスにはとても熱心で、巨人の選手の中ではサインの入手難易度が助っ人外国人並に低かった。
  • 復活に関してであるが、五分五分というところである。
    • 統一球が導入された2011年は、手首を折るまでの1か月は好調だった。統一球の低反発力そのものよりも、前述のスランプ癖が仇になったらしい。
    • しかし、その手首骨折でもはや満身創痍・力尽きた感もある。過去には20盗塁もしたこともある俊足だったが、膝を手術、腰も痛めてしまった現在は運動会お父さんのようなシャカシャカ走りになっている(下半身をテーピングでぐるぐる巻きにしているのだろう)。
    • オレリュウさんは復活に自信を見せており「手首と膝と腰の使い方が悪い」と仰ってらしたが、そこ全部手術したところなんですよね。
    • リアル師匠筋の加藤ひでじー氏(元日本ハム打撃コーチ。)とは、去年「何が悪いのかは、わかっているか?」「わかっています」とだけ会話を交わしたらしい。ちょっと涙腺に来る話である。
    • せめて、デニーや佐伯がコーチに落ち着いている中日でコーチの座につけると良いが。あるいは井端さんが巨人のコーチになったりするのだろうか。先のことは考えたくないが。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「小笠原道大」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)