小矢部市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小矢部市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「小矢部市」の項目を執筆しています。

小矢部市(おやべし)は、富山県西部にある、代表的な散居村がある市である。平成の大合併で「福岡町と合併したい!!」と叫んでいたが、高岡市に取られてしまった。富山県で最初の恋人の聖地のクロスランドタワーがあり、小矢部唯一の誇りである。30000人の人口しかいないのにたいして、高等学校が3校[1]という、なんともバランスの取れてない市である。「こやべ」や「しょうやべ」や「おやぶ」ではないのでご用心。おっっっっっっやべっっっっっっ

市長の名前が影響してみんな結構叫んでいることが多い。

そしてとてもメルッッヘェェェェェェーンな街。

概要[編集]

ご当地グルメとして、エッグゥゥゥホッパァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァーがある。あと、メルッッヘェェェェェェーンおやじおやべぇという道の駅があり、おやべぇで自称ご当地グルメである、エッグゥゥゥホッパァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァー[2]が売ってある。本当にメルッッヘェェェェェェーンかどうかはお察し下さい

※ただし、エッグゥゥゥホッパァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァーメルッッヘェェェェェェーンってわけではないので気をつけよう。

市長[編集]

市長は「Sa cry!」(日本語表記「さ、叫び!」、カタカナ表記「サ クライ!」)[3]である。


叫びっぱなしで、合併したいときも叫んだり、エッグゥゥゥホッパァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァーとか、メルッッヘェェェェェェーンと叫んだりする。

Sa cry!は現在、市長一家の2代目で、先代も「叫びの達人」であった。

歴史[編集]

歴史を動かすような歴史は全くないが、市町村としての歴史を書いてあるかもしれない。いやきっとそうだろう。

  • 1962年 - 石動町[4]という全く持って読めない町と砺中町が合併&市制。氷見市で戸惑う市町村に安堵の息が漏れる。
  • 2007年 - 能登半島地震で震度5弱を観測。まあ死者はいなかったから、誰も気にしない
  • 2009年 - メルッッヘェェェェェェーンな道の駅でエッグゥゥゥホッパァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァーを販売開始。

地理[編集]

散居村が見える平野がある。その姿はまるでゴミのよう。たまにヌケニンが現れるのは高岡市の影響なのでお気にならずに。そして川があり、そののどかな風景は雛見沢村のよう。

そして、倶利伽羅峠の倶利伽羅古戦場もある。クリカラクリカラ。え?倶利伽羅で戦いがあったのを歴史で書いてないって?それは、書くのが面倒だったから。それに、新しい記事に書いたほうがいい。分かる?分かったならさっさと倶利伽羅の戦いを書く!

交通[編集]

  • 国道8号
    • 新潟京都を結ぶ道路。ちなみに小矢部は通り過ぎるところって感じです。
  • 北陸本線
    • 新潟から滋賀への鉄道。駅が石動駅しかないのでこれでも通り過ぎるところである。
  • 能越自動車道
    • 料金所とICとジャンクションがある。ただし、ここもやはりお金を払うだけの場所である。矢板と同じである。
  • 加越能鉄道
    • 賀も登も書いてあるのに、富山県のみで走るバスである。昔は鉄道もやっていたが、心が折れてやめた。これのみ、通り過ぎない。しかも、本社が高岡市でめっちゃ近い。

メルヘンの街[編集]

クロッッスランドッッッタワァァァァァーヴォォォイスッッッミュゥゥゥゥージアムなどでメルッッヘェェェェェェーンと言われている。 ただ、クロッッスランドッッッタワァァァァァーからの景色は散居村。しかも観音寺まである始末。でも、人によっては、メルッッヘェェェェェェーンと思う人がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 石動高校と、小矢部園芸高校と、となみ野高校という、地方ならではの馬鹿高校である。
  2. ^ 元は、ホッパァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァーとかいうインドの下らへんにある国の料理だという
  3. ^ ようするに桜井さんなのだが誰も気にしない
  4. ^ なんか、「いするぎまち」って言うらしいけどそんなの知ったこっちゃねぇ。

関連項目[編集]

この項目「小矢部市」に足りない内容があると思った方は、持てる手段を使って加筆・訂正してみてください。
そうしないとあなたの家は燃えるかもしれません。不審火で。 (Portal:スタブ)