小田急多摩線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小田急多摩線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「小田急多摩線」の項目を執筆しています。

多摩線(たません)は、小田急電鉄が保有する、元多摩方面への地方ローカル線である。小田急版今津線

路線データ[編集]

  • 路線全長:10.6km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:6~8駅(起終点駅含む)
  • 単線区間:全線
  • 電化区間:全線(DC1500V)
  • 閉塞方式:タブレット閉塞式
  • 最高速度:90km/h

概要[編集]

小田急で最も新しい路線にもかかわらず、長らくローカル線だった。 その証拠に、似たような区間を走る仮面ライダー京王 サガミハラフォームは混雑していたのにこっちはガラガラだった。 また、大手私鉄で唯一タブレット方式を採用しているので、オタたちからの評価は高い。しかし、最近までは新百合ヶ丘駅唐木田駅間の折返し運転が殆どで、ひよこ陛下も呆れていた。京王同様、初乗り運賃を120円に値下げ、速達性、利便性を向上させた。現在ものすごい勢いで反撃中だが、今は引き分け状態。混雑率も五分五分。これからが見物である。通勤・通学に利用する定期券客などは、急行に乗っていると新百合ヶ丘で小田原線からの各駅停車利用客が入ってきたり、快速急行に至っては圧殺される危険性があるので油断ならない。なお、多摩線の小田急多摩センター駅~唐木田駅間では、小田急線内で唯一ATOによる自動運転を実施している。これは、乗務員が唐木田へ行くことができないからである。なぜ行けないのかって?詳しくは、唐木田駅を参照のこと。

駅について[編集]

駅名 急行 通勤急行 快速急行 一言 
新百合ヶ丘駅
五月台駅
栗平駅
黒川駅
はるひ野駅 何か勘違いしてやってくるアニヲタが多いことで有名。
小田急永山駅
小田急多摩センター駅
唐木田駅

ちなみに、多摩線の駅は全てがアンサイクロペディアにおいて記事化されている。2018年現在、記事化率の高い鉄道路線には嵯峨野線などがあるが、全駅が記事化されているのは、この多摩線と、山手線のみである。これは、多摩線・山手線だけが持つ誇るべき特徴である。

列車種別[編集]

快速急行(Rapid Express)[編集]

停車駅:新百合ヶ丘・栗平・小田急永山から唐木田までの各駅

2018年の小田急大革命により多摩線にもついに快速急行が登場した。しかし、多摩線内の停車駅は急行と同じため、あまり意味がない。しかも日中は運転してくれない。

通勤急行(Commuting Express)[編集]

停車駅:新百合ヶ丘・栗平・小田急永山から唐木田までの各駅

朝ラッシュの上りに急行の代わりにやってくる。多摩線内は急行と同じ停車駅だが、小田原線内では快速急行ですら止まる登戸駅を通過してしまうので南武線の乗り換え客からは忌み嫌われている。何本かは唐木田駅ではなく小田急多摩センター駅始発となっているが、唐木田駅を使う人以外は誰も気にしない

急行(Express)[編集]

停車駅:新百合ヶ丘・栗平・小田急永山から唐木田までの各駅

古参種別。小田急永山駅小田急多摩センター駅間での京王との競走がたまに見られるが、大抵負ける。が、各駅停車(小田急)が急行(京王)に勝つことはわりとしばしば。

各駅停車(Local)[編集]

停車駅:各駅に停車いたします

全駅停車(ホームに誰もいない駅は通過する場合がある)。昔から殆ど線内折返し運転。元ローカル線の足。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

消されてしまった列車種別[編集]

多摩急行(Tama Express)[編集]

停車駅:新百合ヶ丘・栗平・小田急永山から唐木田までの各駅

2018年まで運転され、千代田線に乗り入れており、たまにJR千代田線にも乗り入れていた。しかし、多摩線内は急行と停車駅が同じだし、あまり意味がない。というか向ヶ丘遊園利用者をいじめたいだけである。

準急 (Semi Express)[編集]

停車駅:各駅に停車いたします(小田原線内に通過駅あり)

各駅停車である。なぜ準急を名乗っているのかについて小田急は、「小田原線内で準急だから」と供述しているが、当線内においては明らかな詐欺呼称である。紛らわしかったためか、2018年に多摩線から追い出され、小田原線内のみとなった。

区間準急 (Section Semi express)[編集]

停車駅:各駅に停車いたします(小田原線内に停車駅あり)

各駅停車である。なぜ区間準急を名乗っているのかについて小田急は、「小田原線内で以下略」と供述している。小田原線内でも通過駅が少なく、邪魔以外の何物でもなかったため、結局2016年に廃止された。

関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「小田急多摩線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)