小市民

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

小市民(しょうしみん)とは、日本人を構成する民族、また文化のひとつ。中程度の所得で狭い家に居住するサラリーマンはほとんど全員がこの小市民である。小市民という呼び方は、高度成長時代に開発された密集団地都市である東京都小平市の市民に共通してある特異な行動習慣が見られたことが発祥とされる。その後民族研究所の調査で、小市民は小平市にとどまらず東京や大阪周辺を中心に全国的に広く存在する日本最大の民族であることが分かりつつある。

具体的には「本屋で本を買う時、自分の目線くらいの高さにある本を取る」「ポテトチップスの袋を開ける時音をたてない」「アーモンドチョコをなめて残ったアーモンドは捨てる」「紅白歌合戦を観ないと一年が終わった気がしない」等であり、これらの習慣は親から子ども世代に受け継がれ厳格に守られている。

概要[編集]

通常その縄張り意識の強さで表されることが多い。狭い生活空間で活動するための生きるための生活の知恵ともいえる。面積が狭く尚且つ人口の多い日本国でよくプチ・ブルジョアの別称として語られるが、近年の使われ方から見て本来別個のものともいえる。他人との境界線や室内空間の広さにこだわる。

ゴミ収集現場などに良く特徴が現れる。新参者は既得権者によって毛嫌いされ其処の収集場所を利用させてもらえないなどの嫌がらせを受けたりする。

被害者意識もその大きな特徴で、小市民は常にわれわれは被害者でないのかと疑いを持つ。それゆえ彼等の行動はいつも彼等にとって正当防衛であり、加害者であるとの認識はまるで無い。集団的に弱者に対して加害行動をとることもある。

心理的分析[編集]

小市民は利害損得の勘定は得意である。ただしばしばそのことにのみ没頭し大局観の持てない時もある。自分にとって有利となれば牙をむきだすが、不利となれば復讐を恐れ縮こまる。彼等は一様に人は復讐をするものと決めかかるところがあり、判断基準のすべてが其処に始まる。

ただ利害損得に厚いのは為政者からするとたいへん便利にも見える。使い勝手が良いということになる。

使用例[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


Wiki-globe.png この項目「小市民」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)