小嶋進

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
たぶんこの方は蒸発致しました
私も証言を控えさせて頂きます
「私についても証言を控えさせていただきます。」
小嶋進
ゲーム化された
国会で熱弁を振るう小嶋氏

ヒューザー小嶋こと小嶋進(読み方については証言を控えさせていただきます。生年月日についても証言を控えさせていただきます)は、日本詐欺師ヒューザー社長。通称、というか自称「オジャマモン」。また学生当時のあだ名は「ぶっちゃけラジオ」。(口先だけで何も実行しない様から)。記者や議員に対する暴言が話題だったが、2006年の証人喚問で態度が一転した。そのときの「そのことに対しては証言を控えさせていただきます。」という発言が有名で、その年の流行語にもなった。また記憶にございませんなどの名言を残した。また、住民説明会でのその無様な態度から、建築界の上島竜兵の異名をとったことも有名。

証人喚問[編集]

国会の証人喚問では、議員の質問に対し、「その件につきましては刑事訴追の恐れがありますので、証言を控えさせていただきます。」「(補佐人に)相談させてください。」「バナナはおやつに入りますか?」などの発言や、早口言葉寿限無円周率の暗唱などを連発した。また補佐人に耳打ちで下ネタ愛の告白を言う、質疑を中断させエアギターをはじめるなど独特なパフォーマンスで話題となった。

略歴[編集]

そのことについては証言を控えさせていただきます。

拒絶できるのは刑事訴追の恐れがある場合だけで、それ以外は答えてください。[編集]

証言を拒否させてください。

答えてください。[編集]

(補佐人に)相談させてください。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小嶋進」の項目を執筆しています。