小山市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小山市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「小山市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「小山市」の項目を執筆しています。

小山市(おやまし)とは、栃木県第2位の人口を擁するにもかかわらず、県内でもメジャーになりきれない自称「栃木の中核市」である。

概要[編集]

小山市は栃木県南端に有り、東北本線(宇都宮線)、水戸線両毛線東北新幹線が交差し、国道4号国道50号新4号国道が通過する交通の要衝である。しかしながら、小山市が最終目的地であることは殆ど無く、多くの人は通過するのみである。昔は小山ゆうえんちを目的としてきた人もいたらしいが、今は廃園となり誰も近寄らなくなった。また新幹線は開業前から小山市内に実験線を建設し走行試験を繰り返していたものの、いざ開業すると小山駅にははやてはもちろんやまびこもあまり止まらなかったりする地味な存在に甘んじている。何気に夜になると新幹線降車客が微増するが、水道橋の卵代々木神様帰りの客が多いためである。

市の産業としては第一次、第二次、第三次産業いずれも県内2~4位程度の規模を誇るが、地元の人間以外そのことを知る者はいない。工業団地やニュータウンが存在することから、もともとの地元の人間にとってはよそ者によって県内有数規模になっても嬉しくないのが本音である。 <小山市民構成比 よそ者80% 土着民10% 外人10%>

平成の大合併では栃木市との合併を探っていたが、実現した場合栃木と言う名前に負けて県内第2位の規模を誇る小山という名前がなくなる可能性が大きいため、ご破算となった。また、昔から地理的に茨城県結城市とのつながりが深く、県境を越えた合併を探る動きもあるが、合併した場合どちらの県になるかで議論があり、いまだ決着していない。

Um cidadão de OYAMA[編集]

小山市民は少数の人民と中国人(市民)と韓国人(시민)とインド人(नागरिक)とブラジル人(cidadão)の移民で構成されている。何気に県内一の出稼ぎ外国移民の数が増加している国際都市である。というかこの状態ならもう外国でしょ女子高生。同和の不良と朝鮮人暴走族・やくざ・チンピラの事件が最近増加している。また、ヤンキー達が駅前でタバコを吸いながら屯している。

最近では上記の出稼ぎ(?)外国人に加え、遊び場を求めて隣国からヤンキーが流れ込むため、治安の悪化が顕著である。

主なスポット[編集]

  • 小山城址公園
  • 小山遊園(元小山遊園地)…かつてはCMが有名だったらしい。今はかなり大きなショッピングセンターに。
  • 創価学会小山会館…最強の肝試しスポット
  • ロブレ…ドンキとアニメイトと映画館がある。DQN、オタ、子供が闊歩しているカオス空間。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]