小学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

小学校(しょうがっこう)は、JAPAN洗脳教育が行われている学校の1つで、4月1日に満6歳である入学(就学)して、修業年限(卒業までに洗脳を受ける年数)は、6年だよ。卒業後は、中学校に進学するよ。高等学校などによくある留年制度はめったに無いと思うよ。たぶん。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小学校」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

1872年明治5年)の学制発布で始まった日本の近代教育制度では、初等教育は、当初、尋常小学校という名称の学校で行われたらしいよ。あとね、1941年(昭和16年)4月からの初等教育は、国民学校という名称の学校で行われたんだよ。国民学校には、6年間の尋常科のほかに、尋常科を修了した者が進学できる修業年限2年の高等科の制度が設けられていたっぽいよ。国民学校の尋常科は、1947年昭和22年)4月1日の学校教育法の施行とともに順次廃止されてね、新制学校である現在の小学校に移行したんだよ。すごいでしょ。

ええ、まあ、それはともかく、一部の地域では、特に私立のいわゆる名門小学校に子供を入れようとする小学校受験があるんだよ。でも難しいため、敗退する軍人も多々いるんだって。

多くの小学校では、ランドセルを背中に背負って登校する。また一部の地域では制服や標準服もある。この制服を見て萌えるロリコンシスの暗黒卿ともいう)という人物もいるんだよ。 小学校の担任は全員ロリコンである。

小学校は本来は読み書き計算などの教育をする場であるからぁ、本来は文字は小学校に入ってから学ぶことになっているけど、大部分の子供はひらがな程度は読める状態で入学する。オレのように読めない場合はアホと認定されても仕方ないね。。。

たいていの小学校には「学校の怪談」や「七不思議」がある。しかし中学校高校ではあまり聞かない。なぜだろう。

以上、ウィキペディアとかを参考にして文章を組み立てたよ。

小学生自身による説明[編集]

しょうがっこう

1年2組 やまだ たろう

 小がっこうは、6さいになったら入るがっこうです。1ねんせいから6ねんせいまであって、そつぎょうしたら中がっこうに入ります。中がっこうや高こうでは、テストでわるいてんをとってばかりだと、おなじがくねんをやりなおす「りゅうねん」というのがあるそうです。ぼくは、小がっこうにりゅうねんがなくて、よかったなあとおもいました。

 小がっこうは、せんそうがおわったあとの「がくせいはっぷ」ではじまりました。しらべて見たら、むかしは「じんじょう小がっこう」といっていたらしいです。ぼくは「じんじょう」ってどういういみなんだろうなとおもいました。おかあさんにきいたら、おかあさんは
「おとうさんならしってるかもよ。」
といいました。おとうさんがかえってきてからきいたら、おとうさんは
「しらない。」
といったので、がっかりしました。

 小がっこうは、こうりつとしりつがあって、しりつの小がっこうは、テストをうけないと入れないらしいです。ぼくは、おかあさんに
「しりつの小がっこうにいきたい。」
といったら、おかあさんは
「たろうは、あたまがわるいからムリだよ。」
といったので、ぼくはおこりました。

 ところで、でんわばんごう、なんばん?

小学校残留[編集]

場合によっては、中学校に入れるにふさわしくない場合、校長の身勝手な判断で小学校残留を決定する場合がまれにあるようだ。 (がっこ~きょういくほ~参照)

やらせ[編集]

小学校生活6年間で、教師が生徒にやらせをさせる場合がある。例えば年度末にある離任式の時に見た事も聞いた事も話した事ない事務員へお礼の言葉を全校生徒 の前で言わされる事があり、それぞれの小学校や、教師・校長の性格によって量や内容が違う。


関連項目[編集]