小倉唯

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この世に生まれた奇跡
小倉唯 について、日高里菜

小倉 唯(おぐら ゆい、1995年8月15日‐)は、日本で大ヒット中のコミックス『小倉物語』(21世紀版)の最萌主人公である[1]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小倉唯」の項目を執筆しています。

概略[編集]

『小倉物語』は、同名の仮名草子をモチーフとした、たかみゆきひさ作のコミックスである。内容は、パッとしない少女であった主人公(小倉唯)が芸能界へと飛び込み、地道な努力を続ける内に、ダンサー、アイドル、声優、歌手といった様々な職種で活躍するというもの。芸能界での成功に加え、容姿端麗、学校のテストでも高得点連発と、まさに漫画の世界のサクセスストーリーである。

芸能界入りまで[編集]

小倉家は、かつて汗血馬の産地として繁栄した群馬帝国の貴族の家系であったが、泰平の世の到来によって汗血馬の需要は激減。帝国の衰退と共に小倉家も没落し、今では庶民と共に生活するようになっていた。そんな中、群馬出身のアイドル「ぐんまちゃん」のヒットを目の当たりにした唯は、若干12歳にして、自らも芸能界入りし、小倉家にかつての繁栄を取り戻すことを決意する。みどり市出身でもあるので環境問題も考慮しているが、Rewriteの思想までには至っていない。これがまた出世した要素となっている。

第一次アイドル編[編集]

研修生として芸能事務所スタイルキューブに所属した小倉は、Rookiesというチームに配属され、他の研修生と共に、アイドルとしての経験を積んでいくこととなる。チームは、当初私生活でも問題を起こしてばかりの不良集団であったが、ひたむきに努力を続ける小倉の姿や、後に小倉とバッテリーを組むことになるきゃりーの説得に心を動かされ、徐々にひとつにまとまっていく。そして、遂に念願だったアイドル甲子園に出場するのである。

バーチャルアイドル編[編集]

小倉が13歳になる頃にはその非凡な才能が開花し、ダンスの腕前は相当なものになっていた。しかし、それはまたチームメイトとの実力差が埋めることのできない程にまで開いてしまったことをも意味していた。チームのレベルに合わせるのではなくて、自分の限界に挑戦できる仕事がしたい。そんなことを思っている時、バーチャルアイドル初音ミクのモーションアクターオーディションがあることを知る。オーディションに合格した小倉は、初音ミクの骨の中の人として、各種媒体でその天才的なダンスを披露。某動画サイトで100万再生を達成するなど、その知名度は一気に飛躍した。しかしながら、小倉自身の表情はどこか寂しげであった。


声優編[編集]

モーションアクターとしての成功を受けても、小倉はこれを素直に喜べずにいた。というのも、世間一般には、既に「初音ミクの中の人=藤田咲」という認識が根付いており、モーションアクターとしての活動のみでは音声を提供した藤田咲に対する注目を越えることができなかったからである。これを契機として、小倉は声優を目指すようになる。早速小倉はきゃりーと共にRookiesを脱退、ゆいかおりとして声優活動を開始する。とはいえ初めから声優の仕事がたくさんもらえるはずもなく、しばらくはアイドルとしての活動を中心にこなしていた。しかしながら、声優としての現場に入った際には現役JKとしての特権をフルに活用し、数々の先輩声優からの寵愛を受けることに成功。それらの先輩声優がラジオ番組などで度々小倉を褒め称えることによって、徐々に小倉の知名度は上昇していった。

クールボイスも真面目にやり出す事も出てくるが、2018年ぐらいからアーン♥♥なキャラクターもヤリ出すようになった。貴方、現役のプリキュア声優でしょうに仕事を選びなさいよ!そんな裏の姿を見ていると枕投げしたくなっちゃうよね。一部のキャラクターは「唯一神」となる様になり、イスラム教で禁忌とされている偶像信仰だけでなく、思春期症候群な何かとなってしまったのだが、もはや戻る事は出来なくなってしまった。

歌手編[編集]

2012年にはソロプロジェクトを始動。2013年にはアニサマへの出演が決まった。キングレコード自体が力を入れ、公式チャンネルでMVをようつべで公開されている位の布教っぷりである。そして、小倉病に至る?

新天地へ[編集]

2013年にはさらなる転機が訪れた。それは、Σ7コーポレーションの下請け企業きゃりーさんと共に引き抜かれたのである。この芸能界に入ってからの数年間ずっと過ごしたこれまでの古巣から新天地へ移籍。しかし、移籍先で仕事がないため単身一人で仕事の取れる事務所へ移籍。そして相方とのコンビ活動も休止し単独化に進むという未知の領域へ踏み込みさぞかし不安であろう。これはまだ通過点にしか過ぎないだろう。小倉唯の挑戦はまだまだこれからだ!!

人物[編集]

天然系な話し方をするが、本人や小倉唯が好きすぎて仕方ないHRさん曰くしっかり者。時々、しっかり者役(一例:リンネ・ベルリネッタ)になっている事もある。小倉病(後述)の罹患者らによると「最高のふともも」らしい。好物はラムネだったが事務所に禁止され、のど飴に。特技はやはりダンスである。MVにリップと言うVerもあるので、お察しください

小倉病[編集]

声優界では、特定の声優を原因としそのファンが罹患する大規模感染症が頻繁に発見されているが、小倉病は、漫画の主人公を原因とし実在の声優が罹患するという新手の感染症である。進行すると、妄想(例:小倉唯とお風呂に入るというシチュエーションを考えては興奮する)、幻覚(例:夜中に家に小倉唯がやってくるように感じる)、幻聴(例:小倉唯の声で告白の言葉が聞こえてくる、サ行がシャ行に聞こえてしまって仕方ない)などを引き起こすことがある。ということは、将来的には小倉はこのような存在になる可能性も秘めている。まあ、仕方ないよね(

重度の罹患者[編集]

  • 花澤香菜 …声優であるとともに『ほしいもパラダイス』などでヒットした作家でもあるが、『小倉物語』を愛読しており、小倉唯の大ファンである事を公言している。症状は既に末期まで進行している。なんでここまで症状が進行したかというと、小倉病にかかる前は竹達病にかかってたせいで免疫力が著しく低下したため。
    • 自身のラジオ番組で毎回のように小倉唯とのセクハラまがいのやり取りを妄想して放送している(ちなみに、これは竹達病罹患時にすでに見られた症状である)。
    • 作中のアフレコのシーンで小倉がストッキングを穿いていることにクレームを付け、それ以降のアフレコシーンを生足にさせてしまった。
    • 小倉唯の食べたアイスのフタをもらったらトイレで舐めて悶えると発言した。
    • はたらく細胞で「赤血球」をヤリだしたために大量の酸素が必要になったが、大量摂取は毒になるのでもう末期と言える。
    • だから・・・私は唯ちゃんが・・・欲しい
      小倉唯 について、花澤香菜


  • 日高里菜 …こちらは末期すら飛び越えてこの病気の発症の段階まで来てしまった。自分の意見や考えを歯に衣着せずに言うなど、日高はさばさばした性格で有名でなので一部の連中からのウケは悪いのであるが、ラジオで小倉唯の話をしているときや小倉唯と二人でのラジオのときはそんな日高もデレデレモード全開のただの変態となってしまうあたりが小倉病の恐ろしさである。時にはヤンデレになる位には。
    • まったく、小倉唯は最高だぜ!
      小倉唯 について、日高里菜
  • 三澤紗千香 …小倉唯のふとももに刺激を受け、現実世界でも女子高生のふとももをチェックするようになったという。かなり危険な兆候である。結局、小倉唯に勝るふとももは見つけられなかったという。最近、小倉病が治りつつあるものの、今度は上坂病を発症してしまい、上坂病の記念すべき患者第1号になってしまって、そっちの方がより重度の末期レベルに達してしまった。現在彼女は小倉病と上坂病を併発している模様。というか、最近の声優オタク界隈では、彼女は小倉病患者よりも上坂病患者としてイメージが強くなっている。さらに最近では西病Ray病など数多くの病気を併発している模様。ちなみに、小倉病と同時期には松永病にもかかっており、現在も松永病は継続中である。
    • 手つないで寝ようとか言われたらどうしよう!!!!!!お風呂怖くて入れないから二人で入ろうとか言われたらどうしよう!!!!!!どうしよーーー!!!!!!!!
      小倉唯 について、三澤紗千香
    • レ ジ ェ ン ド
      小倉唯 について、三澤紗千香

これに対して相方の石原夏織は瀬戸麻沙美・日高里菜とともに小倉唯を守る戦隊を作ったが、瀬戸と日高と言う重度の小倉病患者をメンバーに入れている点と小倉病患者の中には石原病患者を併発している者も多いため、「全く無意味」である。その他数多くの小倉病患者が同業者の女性声優たち中心に増加中である。だって「唯一神」だもん!

脚注[編集]

  1. ^ 初版は江戸時代であるが、作者不明である。

関連項目[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「小倉唯」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)