将来何の役に立つんだよ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「将来何の役に立つんだよ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

将来何の役に立つんだよ(しょうらいなん-やく-た-)とは、主に中二病患者が使う言葉である。また、中二病の症状が出ていない人でも使うことがある。

「漢字なんて将来何の役に立つんだよ。アメリカ人は日本人が漢字を勉強している間にもっと大切な勉強をしているんだぞ」
漢字 について、お察し下さい
「足し算なんて、将来何の役に立つんだよ。」
足し算 について、問題児

概要[編集]

将来何の役にも立たない(あるいは限られた人にしか役立たない)ことに対して言う言葉である。主に中二病患者が使う言葉と述べたが、内容は普通の人も「う~ん」と考えてしまうものも少なくない。しかし、がに股で歩くような方が発言した場合、単なる言い訳として無視されてしまうこともある。

正しい使い方[編集]

数学なんて将来何の役に立つんだよ。算数だけで十分なんだよ。
日常生活で一次方程式やもっと難しい数学を使う場面はほとんどない。計算なんて電卓の中の人にさせれば良い。
英語なんて将来何の役に立つんだよ。日本日本語しか使わない仕事に就くからほっといてよ!
日本では日本語が標準である。国内で英語で話しかけると無視されるかもしれない。
理科なんて将来何の役に立つんだよ。知らなくても生きていけるし、興味ないよ。
オタク化して理科系職業を選ぶと、こき使われるだけであり、生涯収入も低くなる。
社会なんて将来何の役に立つんだよ。自分に関係ないことを知っても何の役にも立たない。
まず身近なことを充分に知ることが大切である。たとえば紀元前のジンバブエ歴史を知っていても何の役にも立たない。
体育なんて将来何の役に立つんだよ。楽しめる奴なんて、体力があってモテたい奴ぐらいだろ。
鍛えすぎると脳味噌まで筋肉になる可能性がある。ただし脳味噌でベンチプレスをするつもりなら
家庭科なんて将来何の役に立つんだよ。コンビニラブプラスがあれば生きていけるんだよ。
調理実習で目立って評判が上がるなんて女子だけだよね。婚活ブームに乗せられてみたいなら別。
美術なんて将来何の役に立つんだよ。絵の下手な子がイジメられるじゃん。
課題の採点基準が判りません。もし将来絵描きになりたいとしても、やっぱり役に立たない。
法学部生が法医学なんて学んでも、役に立つとは思えない。
確かにすぐに役に立つ事は無いが、将来的にどうしても抹殺しなければならない人物が登場した際に完全犯罪を形成するには…。
読書感想文なんて将来何の役に立つんだよ。ほかの宿題だけで精一杯なんだよ。
本を読んでを悪くしても、誰も責任取ってくれないであろう。危険なことは止めておいたほうが良い。詳しくは夏休みの宿題を参照のこと。
読解なんて将来何の役に立つんだよ。国語なんて日本語喋れるだけで十分だろ。
数学理科などと違って勉強してもしなくてもテストの点数がほぼ変わらないため、中学校以降の国語の授業の必要性が疑わしい。
Wikipediaの編集方法なんて将来何の役に立つんだよ。
Wikipediaの編集方法なんて覚えるんじゃない。アンサイクロペディアの編集方法だけで十分だ。じゃないとひよこ陛下検閲により削除されちまうぞ。あなたのためでもある。
お金なんて将来何の役に立つんだよ。貯金したってインフレーションが起きると価値が減るじゃないか。
なかなか賢い。じゃあ俺にくれよ

間違った使い方[編集]

足し算とか引き算とか将来何の役に立つんだよ。大体「かげんじょうじょ」って呪文、意味わかんねぇ。
問題児ヤンキーが言いそうな言葉である。給料などカネをごまかされたりしても、文句が言えなくなる。そもそも、給料を貰える職業に就けるかも疑問だが。
どうせ今、将来の事を真面目に考えても将来何の役に立つんだよ。
本当にそう思うのは危険信号。「誰でもよかった」とか言い出す前に、土に埋めてもらうほうがいいかもしれない。

反響[編集]

年少者が「将来何の役に立つんだよ」とつぶやくと、決まって「近頃の若い者は」と仰る偉い人が現れるお約束になっている。ある識者の調査によれば、その出現確率は冷蔵庫の裏からGKBRが現れるよりも、はるかに高いことが報告されている。「近頃…」の言葉は、古代エジプト時代から頻繁に使用されていることを考えると、人類は進化退化もしていないのかもしれない。

「何の役に立つんだよ」と勉強もせずに年をとり、老人になった時に「あの時もっと勉強していれば・・・」と後悔するのはよくある話である。

分析[編集]

教育は、

  1. 必ず役に立つもの
  2. 必ず役に立たないもの
  3. 役に立つ可能性と役に立たない可能性があるもの

の3つによって成立している。

肉体労働、という言葉があるが、事業主ないし被雇用者として働くためには、ひらがなの読み書きは欠かすことはできない。それ以外の文字でも代用できるが、それらの文字の読み書きがひらがなより容易ということはない。世の中には「あ」や「う」のような左右非対称の文字が書けない障害を持っていても、立派に働いている人間がいるが、もし書ければ確実に所得が増えるか、必要な消費が減る。つまりある労働の中に精神労働と肉体労働が混合しているのであって、どんなに肉体が健全でも、精神がサル並では人間としての労働は営めない。すなわち、小学校一年生の一学期に教わる、というか入学前に習得させられるひらがなの読み書きは1.である。

日本人は、アメリカ中国韓国からたくさんのものを買い、また相手に対して売っている。だから外国語の中では英語中国語韓国語が最も役に立つ。英語はイギリスカナダ、中国語はシンガポールマレーシア、韓国語は北朝鮮でも通じるしな。しかし、ラテン語はほとんど商売の役に立たない。神学者哲学者なら大いに役に立つが、もちろんその場合にも英語が役にたたないということではない。したがって東京大学西洋古典学科などで教わるラテン語やギリシア語は2.である。

よって、3.である生徒たちが「将来何の役に立つんだよ」と疑問を持ち、教諭たちが「いや、役には立つんだよ。それは例えばなあ」と説明に困る教科は、中学高校に多い。大学生大学院生医学薬学看護学獣医学部など以外は将来役に立たない可能性を承知の上で、モラトリアム保障を得るために講義履修している。念のために言っておくが、教育学部卒業して教員採用試験落第する学生は山ほどいる。

かつては高校・大学を卒業しなくても普通四輪大型四輪などの自動車免許を取得すれば、立派に就職できたし自営業にもなれた。極端に言えば原動機付二輪さえ持っていれば食っていけた。その時代には、すでに無免許スクーターを乗り回している中学生には英語や数学など、将来何の役に立つか、本当にわからなかった。大学生から見て、いかに彼らの精神がサル並に見えても、サルよりはスクーターに乗るのはうまいのである。

今では原付や普通四輪くらいでは必ず食っていけるとは限らないが、中卒でも船舶航空機免許を取得できるやつがいるから、「将来何の役に立つんだよ」というセリフが中学校からなくなる日は遠い未来のことだろう。

関連項目[編集]


こんな記事将来何の役に立つんだよ役に立つようにしてくれ。 (Portal:スタブ)