専門学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「専門学校」の項目を執筆しています。

専門学校(せんもんがっこう)とは、一応高等学校卒業後に「進学先」として認められている教育機関のひとつで、主に自宅警備員の養成を使命としている学校と自宅警備員以外の職業人を養成する学校の二つに分かれている。

概要[編集]

精神的脳梗塞を来たした連中が作る自称百科辞典によれば、「職業もしくは実際生活に必要な能力を育成し云々」とあるが、実際には以下のように自宅警備員を養成する専門学校とそれ以外の専門学校に分かれている。

自宅警備員を養成する専門学校[編集]

Wiki-globe.png
アンサイクロペディアの内容じゃないよう
このページの記述には事実が多いので頭の固いウィキに書くべきです。
とっととばかばかしく編集するか、こっちの方に書いてください。そうでないと誰か怒られちゃうよ。
自宅警備員を養成する専門学校は主にアニメーション漫画ビデオゲームなどオタク向け娯楽の専門家を養成するとしている学校に多い。具体的には絵が描けない者がいるアニメーション専門学校やプログラミングどころかキーボードを操作出来ない者が入学するゲーム専門学校などがこれに該当する。

学校によっては、高等学校での進路説明会で「本校を修了しても就職は不可能です」と嘘をつくところもあるが、実際には自宅警備員就職率100%と言うどんな高等学校大学にも負けない就職率を誇るところが大半である。

ところで、「自宅警備員になるのに何か教育とか公的資格が要るのか?」と思った賢明な読者の方もいるだろう。つまり、結局生徒たちは何も学習せずに授業料だけ払っていくのである。因みに自宅警備員と兼業する事の多い在宅アニメ評論家に必要な技能などは、アニメーション専門学校では一切教えてくれないのが実情である。同様に兼業する事の多い在宅ゲーム評論家として必要な技能も、ゲーム専門学校では教えてくれない。 但し、日本語での「てにをは」や算数の九九を教えてくれる良心的な専門学校もある。 教壇に立って授業の様なものを行ってる人が先生と呼ばれているが、実際には専門学校での教職には教員資格は何一つ必要なく、卒業したばかりの生徒がジョブチェンジする場合や過去の栄光にすがる老害が多々見られる。

自宅警備員以外の職業のための専門学校[編集]

今日では寧ろ少数派となりつつあるが、情報処理教育など実務教育を専門に教育している専門学校もある(本当はこちらが正しいらしいのだが)。このような学校では高等学校での入学説明会ではなるべく高い就職率を掲げないと生徒が入学してくれないため、教育の質は比較的良いらしいが、それでも就職率が100%に満たなくなるケースが少なくない。就職率の低下はそのまま評判の悪化、ひいては経営困難に繋がるため、最近では自宅警備員就業も就職としてカウントする動きもあるようである。倒産してしまったら元も子もないしね。

また、実務教育に力を入れている専門学校であっても、今日では自宅警備員養成学科をゲームデザイナー科などと言う名称で開設するところが増えている。

しかし日本大都市圏のゲーム専門学校の殆どは入学しても学費を毟り取られるだけ等、ゲーム制作に関する技能が殆ど見に付か無いなどといった詐欺が横行している為、東京都江戸川区のマンションでコタツで寝ていたゲーム専門学校のデ●タルハ●●ッド代表兼父親が共産主義者警察に逮捕されるなどといった、お祭りも開催されるほどである。

このうpした記述には一部事実が含まれており、ゲーム専門学校を目指す人間は閲覧する際は十分に注意してくだされ、以上NHKのどうでもいいニュースでした

入学試験[編集]

基本的に先着順で受け付けるため、入学試験は一切行われないのが普通である。このため入学試験料収入が期待出来ず、生徒単価が高い学科或いは人気学科の開設は経営上不可欠と言える。自宅警備員以外のために開校した筈の専門学校が自宅警備員養成学科を開設するのもこれが理由である。

また、この事は、本当にその学科に進むのに必要な基礎能力があるのかどうかを確認する事さえない事を意味する。コンピュータ音痴の生徒が在籍するゲーム専門学校などが存在しているのもこれが理由である。

関連事項[編集]

この項目「専門学校」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)