寿美菜子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
美菜子ちゃんって、喋り方が落ち着いてんだけど、中身がちゃんと高校生だから、そのギャップにびっくりすんの
寿美菜子 について、阿澄佳奈
どうしたの?今日。考えて考えて!ラジオだから
寿美菜子 について、豊崎愛生
だってみなちゃん最近なんか残念な子だもん
寿美菜子 について、儀武ゆう子
うちの守護神?ブキミンにきまっとるやろ!
寿美菜子 について、どんでん
完成された女性
寿美菜子 について、影山ヒロノブ
sphereなら寿ちゃん!
寿美菜子 について、上田巨神兵
(境界線上のホライゾンで)嫁役の寿さん
寿美菜子 について、杉田智和
YO! YO! 寿美菜子!
寿美菜子 について、寿美菜子
Where is 神戸♪
寿美菜子 について、寿美菜子
私も、18歳くらいのときが一番しっかりしてるねって言われていたのよ。学校なんかで、ちゃんとしなきゃいけない時期だったし
寿美菜子 について、日高のり子
寿命
寿美菜子 について、糸色 望

寿 美菜子(こと・ぶきみなこ、1991年9月17日 - )は、日本の団地妻(=俺の嫁)。兵庫県出身。パートタイムで声優ラッパーなどをして家計を助けている。1進化ポケモン。愛称はブキミン、ベアード。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「寿美菜子」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「寿美菜子」の項目を執筆してくれています。

概要[編集]

ブキミンの姿は世を偲ぶ仮の姿、その正体は、戸松遥の証言によると、青龍のポケモン、ギャラドスである。普段は、鯉のように非常に愛らしく弱々しい姿で人の目を和ませるが、怒りに燃えると突如として青龍のように変貌し、街ひとつ破壊してしまうという。神戸に誕生して以来、その武威で、数々の抗争に勝利して関西の首領となり、2005年からは東京へも勢力を拡大している。2009年には、東京に地盤を移してさらにパワーアップ、亜空間である寿ホールを発生させて一にらみで相手の戦意を喪失させる最強のポケモン、ブキミンとなった。

世を偲ぶ仮のブキミンは、2009年現在は女子校生であった。ラジオでは「ジョシコウセイです」と言っているが、決して女子高生ではない。ヘンリー塚本監督作品的には女子高生で通用するかも知れないが、女子校生なのである。

なぜ女子校生かと言うと、女子高生と書いてしまうと日本ユニセフの広告塔アグネス・チャンが騒ぎ出すからである。ゆえに、表向きにはアニスパなど深夜枠の生放送番組には出ていけない。

しかし、それはあくまでも表の顔。あの疲れた表情から、彼女が家事に疲れ、夫への愛情に冷めているのは一目瞭然。今日も日が暮れると、サミットクロワッサンとグレープフルーツ、白ワインを買い込んでマンションへと帰り、作り置きのビーフシチューをレンジでチンする日々を過ごしているのである。

近年、パフューム検閲により削除 との神戸 vs 広島血みどろ代理抗争の勃発が懸念されている。

検索エンジンで「寿美菜子」と検索すると、関連検索で「寿美菜子 団地(妻)」と出るのはもはやお約束である。

アニメの応援キャラクターに同学年で同じBoAファンの国民的アイドルグループメンバーを使った大手プロダクション押しの女児向けアニメのメインキャストになり、大手プロダクションからの引き抜きの可能性がないこともないこともない。

9月の自身の初アルバム発売後の現ユニットのツアー最終日に例の時限爆弾が炸裂する可能性も否定できないことも否定できないこともできない。

(ただ、採算が取れるユニットに成長したので例の時限爆弾の炸裂は節目にあたる2年後が有望視されている...ハズ。)

人気声優ではあるが萌え系深夜アニメにはその声質が合わず、飛ぶ鳥を落とすとこはできないが劇場版アニメREDLINEでは木村拓哉浅野忠信蒼井優といった豪華キャストのなかで一番最初にセリフを持つ登場人物は彼女演じる「どこぞの星のガキ」であったり、伏 鉄砲娘の捕物帳では桂歌丸竹中直人劇団ひとりという何気にすごい人たちと何気に共演してたりするので、周回遅れでトップに立てる強運の持ち主なのかもしれない。

真面目な百科事典などでは、いまだに「おとなっぽい」と記載されている。2015年9月で24歳の「大人の女性」に対しては失礼な記載だが、誰も訂正しようとしない。

プロフィール[編集]

  • 1991年以前 - 検閲により削除。未確認情報によると、コイキングであったらしい。
  • 1991年 - 東京都庁ロボット完成の年に、ギャラドスへと進化して神戸市長田区に誕生。父親はおっ!サン、母親は朝比奈みくるである。
  • 1995年 - 阪神・淡路大震災発生。震災の恐怖の中で、母親直伝の必殺技「わらビーム」が覚醒。
  • 1997年 - ブキミン小学校に入学。この年に公開された「もののけ姫」に触発されて裏山に篭り、高取山のボスとなる。今に至る素晴らしい大根足おみあしは、山を駆け回ったこの頃に出来上がる。前ボスのイノシシを「わらビーム」でねじ伏せ、ペットにする。
  • 2003年 - この年、阪神タイガースセシフィック優勝。生まれて始めての猛虎襲来に興奮、ブキミンもいち早く大阪市に襲来し、あいさつ代わりに街を破壊してから、道頓堀に飛び込む。この鬼気迫る姿を見た芸能関係者が、ブキミンに猛虎魂を感じたため、芸能界入りの道が開ける。けいおん!出演の仕込みのため、「おけいはん」のCMに出演。宇治川茶子として関西の首領となる。近年では「33-4」や「Vやねん!」を彼女の前で言うと大変な事になるので注意。
  • 2005年 - 父親がサンテレビジョンに就職。本人も触発されておっさん化が進む。同年、「ミュージックレイン スーパー声優オーディション」に出場。審査員の田中理恵に軽くガンつけてメンヘラ状態に追い込み、合格。控え室で裂きイカをつまみながら「男ってな、むっちゃ身勝手やん。けど、それがええねん」とやさぐれていたところ、豊崎愛生高垣彩陽戸松遥の心を鷲づかみ、舎弟にする。
  • 2006年 - 「若者の街言うたら渋谷やん」ということで東京に遠征、松濤の裏バンになる。なお、彼女が松濤を去った後、パワーバランスを失った街は「リアル北斗の拳」になるのだが、それはまた別の話。同年、ブキミンの留守を狙ってはばタンが突如出現し、ブキミンのシマを荒らす。ブキミン激怒してギャラドスとなって神戸にとって返し、「指先一つでダウン」させる。
  • 2009年 - ブキミン天下を取るために東京に進出。食糧徴発の結果、都内からパスタ麺が消える。地球支配の野望を高らかに掲げ、「sphere」を結成する。この頃愛情に疲れて老け込む大人びた顔つきになる。8月、衝撃的なラッパーデビューを飾り、全米を震撼させる。11月、昭南進駐を果たす。昭南の人民を前にして「ただいまーらいおん」と一言を発し、その威光を見せ付ける。一時期心を失い、なんとも思わなかったり左耳から右耳に抜けていったりめんどっちがったりしていたが、ギーブルのやっべぇぱねぇ歌に触れたことで心がただいまーらいおんしたので大丈夫元気元気。
  • 2010年 - ブキミン高校を卒業。卒業式で「Keep me gat YO!(俺に銃を突きつけな)」を披露し、ラッパーぶりに磨きが掛かる。3月、パスタとドーナツを同時に食べるなど、想像を絶する味覚が発覚する。4月より、資金集めのために関西人の話術をフル活用し、文化放送たこ焼きウリンちゃんを売りつける通販番組を始める。6月、オペラ歌手としてもデビューする。7月、たこ焼きに続いて、珍麺の売出しを始める。8月、肉体改造により体の一部がサイボーグとなる。9月、高垣彩陽を富山県までパシらせ、ホタルイカの沖漬けを大量に確保する。「アニスパ」に出演。浅野真澄黒歴史対決する。リングネームを「ジャーキー寿」にする。11月、前髪ぱっつんを黒歴史にしていたことが判明。傷跡に触れた戸松遥を〆る。12月、「目のつけどころがSHARPだね」と因縁をつけてきた大阪の企業、SHARPに武力介入、SHARPの電子辞書「GALAPAGOS」を獲得してカリフォルニアの宗教団体ハゲ教祖に宣戦布告するとともに、日本の完全制圧に乗り出す。12月、ラッパー名をラブサイケ美菜子とする。
  • 2011年 - 1月、連盟を組む悠木碧に「(^q^) < ウッセババァ」と暴言を吐かれる。いくら日頃親友同然で親しくしてたとはいえ、「親しき仲にも礼儀あり」である。その暴言を受けて激怒したブキミンに〆られたため、ハンティングワールドという名の牢獄からしばらく帰ってこなくなる。4月、巨乳に目覚める。肉体改造の結果、眼球がワイドになる。6月、パリに武力介入し、マルセクール通りを作らせる。
  • 2012年 - 1月、ブキミンからの厳正な処分が解除されたのち身も心も叩きなおされたことで再び元の地位に復帰した悠木碧、悠木つながりでブキミンの部下となった早見沙織、さらにその早見を通じてブキミンの部下になった東山奈央を従え、自身の記念式典を実施。表向きは、早見と悠木が率いる王国が主催したということになっている。
  • 2013年-2月、ドキドキなプリキュアへの出演が決定し、テレ朝侵略をスタートさせた。
  • 2013年-4月、自身と同盟を結んでいるあおいさおり共和国の記念式典に招待される。ブキミン・あおいさおり共和国連合軍による声優界侵略が始まる可能性もある。

趣味[編集]

  • 語りっち(場所は須磨のホモビーチ)
  • ピアノ(けいおんメンバー唯一の経験者。チートである)
  • ラップ(アメリカ合衆国を征服するための仕込である)
  • 山登り(幼少時代の山篭りの名残。登山口で団子屋を襲撃するのが恒例)

愛用品[編集]

  • ドモホルンリンクル
  • シャディのカタログ
  • イカの塩辛
  • 野菜生活
  • レッドブル
  • ジャーキー
  • デイリー

寿ホール[編集]

ブキミンが2009年に、阿澄佳奈との遭遇により発生した化学反応で、脳細胞が変化したことにより編み出された必殺技である。寿フィールドとも言う。命名したのは沢城みゆきである。別名寿ラビリンス。

この技は、周囲の空間を捻じ曲げて、ブキミンワールドこと「寿ホール」に人間を引きずりこむ、恐るべき技である。言うなれば、人間ブラックホールであり、「金朋地獄」の亜種と言える。

このホールに引きずり込まれたら最後、それはそれは恐ろしいことになるらしい。しかも、時間を追うごとに、その黒さと毒が増すらしい。

寿ホールの恐ろしさは、常にそばにいてブキミンのことなら何でも知っていそうな豊崎愛生が呆然として軽く引き、天性のボケ芸人である日笠陽子が突っ込みになるほどあり、その全貌は底知れないものがあるようである。核弾頭レベルの声優たちをもってしてもその暗黒に飲み込まれたらひとたまりもない。

本人は、「うみものらじおが私をおかしくした」と言っているが、寿ホールの代名詞と言える「なんとも思いませんでした」が飛び出したのは同ラジオ初登場回の開始5分(阿澄佳奈とのオープニングトークを始めてから2分)でのことである。

なお、これまでの研究の結果、寿ホールには様々なタイプがあることが判明している。

はらぺこみなこ[編集]

2009年現在、毎週のように頻発している寿ホールである。現象としては、「絶好のタイミングで盛大にお腹を鳴らす」というものであり、シリアスな内容の朗読のクライマックスに、セリフ中の食べ物に反応して盛大に鳴らすなど、そのタイミングの良さに定評がある。そのお腹の音の大きさは、時としてはっきりマイクに乗って、ヘッドホン越しに相方に伝わり、「何事か?」とびっくりさせるほどである。

はらぺこみなこは、その威力を増すと相方にも伝染し、本番中に腹の鳴らし合いに発展することもある。

あほのこみなこ[編集]

2009年後半以降に、それまでの「おりこうさんキャラ」から一転して明らかになった寿ホールである。現象としては、"にんべん"を"ひとへん"と言ってしまう、そもそも、現役の女子校生にもかかわらず当用漢字が読めない、英単語が読めないなどである。時として、先鋒、次鋒が理解できない、「千葉って太平洋側?」と発言するなど、高校生としての基礎学力すら不安になるほどのあほのこっぷりを発揮するが、それさえも寿ホールにおいては、有無を言わさぬ魅力として、引きずりこまれた人々を悶絶させる。こういった「あほのこ」キャラはあむちゃんとかぶってる気もするが、あちらは20代なのにランドセルが似合ってしまうのに対し、こちらは10代の時点でもうXXXXXである。

おとぼけみなこ[編集]

寿ホールの代表的な現象である。会話がラップ調になる、埼玉県民に対して、「埼玉県って川が多いんですか?『川まみれ』ですね。海に行った事ありますか?」と言ってしまう、自分の描いた絵とキスしてしまう、エンゼルフィッシュの話題で盛り上がっている中、突然「トビウオ?」と何の脈絡もなく発言してしまう、挨拶でいきなり「ありがとうございました。」と、サヨナラしてしまう、などである。ブログで「料理が得意です」アピールしているにもかかわらず、あっさりほとんど料理経験がないことを認める、特に目玉焼きを2回"以下"しか作ったことがない、料理のさしすせそを「サラミ、紫蘇、酢、セロリ、蕎麦」と答えるなど、これまでの仕込みを完全否定するようなとぼけた発言をすることも、このタイプに当てはまる。

くろいこみなこ[編集]

出現回数が少ないながらも、その存在が確実視されている寿ホールである。現象としては、解剖と言う言葉や虫の殺し方に反応して異常に興奮する、低くドスの効いた声で「儀武ゆう子ぉ~」と呆れながらささやく、感想を聞かれて「なんとも思いませんでした」と答え、ネタを潰すどころか瞬時に消滅させる、佐藤順一監督を「唇がとてもピュアな感じ」と評する、親友の戸松遥の良い所を聞かれ、「特に無し」「(戸松遥に対し)興味がない」と答える、高垣彩陽豊崎愛生を「昭和生まれ」とDisる、だいぶ年上の阿澄佳奈に「阿澄さん綺麗になりますよ、これから」と言い放つ、同い年の悠木碧の「今年こそ異次元に飛んでいけると信じてる」といったアレ丸出しな発言に「寝言は寝て言え」と適切なツッコミを入れるなどである。今後、業界での活躍に比例して現象の頻発が期待される寿ホールである。

おいしいみなこ[編集]

ブログなどをちょっと遅らしたタイミングで、更新して美味しいところを全部持っていく。 ツアーのファイナルの終了直後は「ありがとうございました」的でありながら、他メンバーが感謝を尽くした報告を受けて翌日に念入りなブログを書く。 ゲスト出演したラジオの報告を行いつつ、実は次週も続けて出演することを直前に報告する。 絶妙でおいしいところを総取りで持っていく、本当においしいホールである。

なにより、アンサイクロペディアでここまで好意的に記事が書かれていること自体がおいしいはず。

代表作[編集]

他にも多数の作品に出ているらしいが、それらは真面目な百科事典を参照。

関係する人物[編集]


さわ.jpg てめぇら、寿美菜子はこんなヌルッちいもんじゃねぇ!今、本物ってのを見せてやる!!
………見てた?「「「「うん」」」」 (Portal:スタブ)


Yuichi Nakamura.jpg この項目「寿美菜子」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)