寿命

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

寿命(じゅみょう)とは、多細胞生物特有の先天的な遺伝子疾患であり、99%と言う高い死亡率をもたらす病気である。

概要[編集]

寿命は多細胞生物で特有に見られる先天的な遺伝子疾患の一つであり、これを保有している生物は合併症なども合わせてほぼ100%死亡することになる。ほぼ99%である理由として数少ない治療例があり、後の項でその例を記す。この寿命因子を両親が保有している場合は必ず子供に遺伝し、男女による保有率や発症率の違いはなく、この遺伝子型を持つ生物は100%発症し保因者などは存在しない優性遺伝形質である。初期的には判別がつき難いが、人間ではおよそ20歳頃より症状が顕著となり長く苦しい闘病生活を送ることになる。

症状[編集]

寿命の遺伝子疾患を保有する生物は徐々に肉体の劣化が起こり、様々な合併症を引き起こすために最終的には死に至るとされる。

特に人間が保有している場合は初期、中期、後期と以下のような症状が現れるとされている。

初期症状[編集]

  • より活動的になり一見して元気があるように見える。
  • 一時的に筋骨が著しく成長する。
  • 女性では股間部より出血が見られる。

中期症状[編集]

  • 小康期間が存在する。
  • 症状が進行するごとに周囲が気がつくほどの悪臭を発するようになる。
  • 関節の可動範囲が狭くなる。
  • 男性では急激な頭頂部の脱毛が見られる。

後期症状[編集]

  • 眼球が濁る。
  • 徐々に聴力がなくなっていく。
  • 関節が歪に固定されてしまい直立出来なくなる。
  • 内臓機能が低下し様々な体調不良に見舞われる。
    • 生殖機能が低下し子供が出来なくなる。
  • 免疫能力が低下し様々な合併症を併発する。
  • 筋肉が著しく衰え、最終的には自発呼吸が不可能になる。

男性は女性に比べて早期に寿命の影響が出ると言われている。しかし男女どちらにしても120年以上は生存できないとされている。

原因[編集]

生物に寿命の遺伝子障害が存在する原因については諸説があり確として判明しているわけではないが、一番有力な説として遺伝子が先端でちょん切れていることが理由であるとされている。多細胞生物の遺伝子はアミノ酸が鎖状に連なった物が二つ絡まり合う二重らせん構造をなしているが、これが先端で何の保護もされず裁縫などで言う玉留めなどもなされていないために、紐のように先端から摩耗しどんどん解けていき遺伝子が劣化していくことが指摘されている。このため生物が細胞分裂で新しい細胞を作ろうとする段になり細胞がまともな形にならないと言われている。これが単細胞生物であると遺伝子は円環構造をしており先端が存在しないため解けることも先から摩耗していくこともあり得ない。このような単細胞生物の遺伝子と比べて多細胞生物の遺伝子は明らかに雑な欠陥と言える遺伝子構造を持っている

治療法[編集]

古くから寿命に対して様々な治療が試みられてきたが現在のところ普遍的な治療法は確立していない。古代の書物や出土資料では治療に成功したと見られる例があるが再現性がなく、どのような要因で治ったかの解明が待たれている。以下に古典的な治療例を挙げる。

中国での治療例
中国では古く仙丹と言う丸薬によって治療できるとしている。しかし仙丹には水銀が多く含まれており寿命が完治する前に水銀による毒で死亡することが殆どであり特異な体質の人間にのみ効果があると考えられるため現在では採用されていない。これによる治療例は黄帝仙人が有名である。
西洋での治療例
西洋では錬金術による生産物であるエリクサーと言う液体服用薬によって治療できたという記録がある。しかし錬金術師の秘密主義のため、その製造方法が散逸しており現在には伝わっていない。これによる治療例はパラケルススが挙げられる。
インドでの治療例
インドでは、とある植物の抽出液が治療に有効であったと伝えられ、ソーマという名前で知られている。この植物が何であったかはやはり現在には伝わっていない。

以上の例は全て内服薬による治療である。現在生物学的な観点より遺伝子を修復する研究が進められており、遺伝子を修復する酵素を投与する、遺伝子を修復する遺伝子を活性化する、遺伝子を修復するナノマシンを投与する等の手法が検討されているが、これらも薬や内服することによる治療であり、先述の例もこれらのどれかの手法であったとのではないかと考えられている。

関連項目[編集]