寝過ごし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
典型的な寝過ごしの例

寝過ごし (ねす - )とは、電車バスを使って、どこまで未知の領域に入れるか、また、どこまでキセル乗車が出来るかを競うエクストリームスポーツである。エクストリーム・寝過ごしとも言う。最近は職場での奴隷の割合が増加して、労働者のストレスが昔よりも増加した為に、参加者も増加傾向にある。尚、この頁では鉄道に関する寝過ごしについて取り上げる。

概要[編集]

このエクストリームスポーツは、どこまで未知の領域に入れるかを競う「乗り過ごし」と、寝過ごしてどこまでキセル乗車が出来るかを競う「キセル・寝過ごし」の二種類がある。乗り過ごしは、エクストリームスポーツの中で最も競技人口が多く、この項目を見てるあなたも一度はしたことがある筈だ。乗り過ごしの例としては、「小田原から新宿に行くつもりが、昼寝をしてしまって高崎に来てしまった」ことがあり、「池袋から各停で練馬へ行って、快速急行に乗り換えて小手指に行く筈だったのに、各停で寝過ごして保谷で降ろされた」というのも一応乗り過ごしに当てはまる。一方のキセル・寝過ごしは、「品川から青砥に行く切符を買って電車に乗った。しかし、寝過ごして高砂に来てしまう。そこで母親に電話したら高砂に迎えに来てくれることになった。高砂までの切符無いけど・・・まぁいっか。」ということが当てはまる。しかし、こちらのキセル・寝過ごしは例があまり無い為、競技人口は少ない。ちなみに、この寝過ごしに似たエクストリームスポーツで「エクストリーム・車内熟睡」があるが、向こうは乗車する区間の競技なのでルールが違う。[1]

ルール[編集]

  • 起きたまま乗り過ごしてはいけない。
  • 基本は終点か回送まで寝過ごす。
  • 席に座って、寝てから競技開始。
  • 寝過ごしが車掌にバレたら失格。(つまり、車掌に起こされたら失格)
  • 普通列車だけでなく、特急や新幹線もOK。

テクニックとポイント[編集]

一駅乗り過ごし (一駅ごとに1ポイント) 
これは寝過ごしの基本であり、これが出来ない奴は参加資格なし。ただ、車掌に起こされたらゲームオーバー。
横たわって寝過ごし (+5ポイント) 
普通に寝るよりも車掌に起こされる確率が高くなる。しかし、横たわればより熟睡することができ、オススメのテクニックである。
乗客ホイホイ (+5ポイント) 
思いっきり横たわろうとすれば他の乗客が遠ざかり、より良い眠りに就ける。しかし、乗客に怒鳴られたりバウンドしたりしたらOUT。
いびき (+5ポイント) 
いびきをかくことは、より熟睡できている証拠である。ただ、こちらも車掌に起こされる確率が上がり、いびきをかけたらポイントが上がる。
寝返り (一回につき+5ポイント) 
寝返りをすることで5ポイント獲得出来る。しかし、床に落ちたら失格なので注意が必要である。
オナラ (一回につき+10ポイント) 
オナラで周りの乗客は遠ざかり良い眠りに就ける。しかし、乗客が車掌に通報する確率は上がるので難易度はやや高い。
寝言 (+10ポイント) 
寝言も車掌に通報される確率が高いので難易度はやや高い。その分ポイント高め。
ヨダレ (+15ポイント) 
ヨダレなんか垂らしたら80%くらいの確率で車掌に通報されるだろう。しかし、それを乗り越えてこそ本当のプレイヤーだという人もいたりする。[要出典]
ヘソ出し (+15ポイント) 
こんなことしたら乗客の雷が落ちるだろう。難易度はかなり高め。
禁句 (+20ポイント) 
寝言で卑猥な言葉を言った時に+15ポイントが入る。しかし、ほぼ確実に乗客にチクられるので難易度はとても高い。
痴漢 (+25ポイント) 
寝ながら手を動かしてやる。これを成し遂げたら寝過ごしの極み&エロの極み&ゲスの極みである。ただ、失敗すると車掌だけでなく、警察も呼び出されるので難易度はスーパー高め。
回送 (+30ポイント)
これは、寝ながら車掌に見つからないことが絶対条件であり、相当なテクニックを要する。車掌に見つかっても、起きなければ失格にならないのでその辺のテクニックも必要だ。
車内で寝泊まり (+50ポイント) 
これは至難の技で、今まででクリアした人はいない。これをクリアしたら正真正銘のチャンピオンである。

以上、13項目。これを成し遂げた人はギネスブックに乗れる。また、副賞として刑務所の宿泊券が貰える。あなたもチャンピオンを目指して頑張ろう。

競技人口の多い路線[編集]

新幹線、特急 
寝る環境が整っている為、寝過ごし人口は一番多い。
湘南新宿ライン 
この路線は東海道線横須賀線宇都宮線、更には高崎線に乗り入れる。ネットワークが広く、迷子になり易いので乗り過ごしを始める人に最適。
京浜東北線 
新橋の疲れまくったおっさんが大量乗車して来るので、競技者は殆どおっさん。
山手線 
こちらも新橋のおっさんが殆ど。しかし、こちらは無限ループなので乗り過ごしは出来ない。キセル・寝過ごしにはオススメ。
大阪環状線 
山手線と同じでキセル・寝過ごし人口が多い。
東武東上本線 
こちらの路線は長い為、夕方は結構の人が寝ている。

今までのスーパープレイ[編集]

こちらは今までに表彰された寝過ごしのスーパープレイである。寝過ごしをする時はこちらも参考にしてみよう。

乗り過ごしのスーパープレイ[編集]

  • ラストランの電車に乗り、浮かれてたら・・・うっー!睡魔が!そして熟睡。終点でも寝てて、そのまま回送。起きたらお墓に居たのでした。めでたしめでたし。(あああああああああ!何てことだー!)

キセル・寝過ごしのスーパープレイ[編集]

  • 東京からギリギリの金で母親のいる大阪へ行く。ところが、寝過ごして博多に来てしまう。ここは華麗なテクニックで改札を乗り越えたものの、もう金が無く大阪に戻れない・・・ドンマイ。

脚注[編集]

  1. ^ エクストリーム・車内熟睡にも「寝泊まり」の項目があるが、エクストリーム・車内寝泊まりは事前に申請してから競技を開始する為、やはりルールは違う。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「寝過ごし」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。