富岡市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「富岡市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「富岡市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「富岡市」の項目を執筆しています。

富岡市(とみおかし)は、群馬県西部に位置している市(自称独立国家)である。

2006年4月24日に富岡市・妙義町の2町村の合併により、大富岡帝国として発足した。国王は、意賄けんたろう禁則事項ですで優勝したという経歴を持つ。スローガンは、「情欲と支配力。」

支配地域[編集]

旧富岡市、旧妙義町。

富岡市に首都を置いており、妙義町は年々のその不便さからも引っ越す人が出て過疎が始まっている。

市骸地[編集]

2007年に起きた製糸場大戦により、既に中心街といわれる場所は退廃し切っている。

富岡製糸場[編集]

国民の統一の象徴。国の唯一の取り柄であり国民の誇りでありアイディンティティであり国の復興の要であり世界に広めていくべきもの。 前市長今井聖痔老が市長官邸として不法占拠していたために市民からの非難が殺到し、後述した製糸場大戦が起きた。

製糸場大戦[編集]

前述したとおり、前市長今井聖痔老が製糸場を不法占拠し、市長官邸として住んでいたことがこの戦争の発端となった。 だが来る1998年、市民の大きな反発にあい、ついには群馬県議会議長を務めていた意賄けんたろうを代表とし、市長側と市民側との全面戦争に突入。 長い戦いの末に2007年3月に、ついに市長側が高崎市へ逃亡したことにより決着はついた。

ヘリテージ仮面[編集]

富岡製糸場には、ヘリテージ仮面という非公式マスコットライダーがいる。 どこかで見たことあるような気がする見た目だが、断じてそんなことはあるまい。 なお、専ら、中の人は前市長今井聖痔老ではないかという噂が国民の間を流れている。 しかし、公に口にするとヘリテージ仮面の手下に禁則事項です。 また、悪の組織デビルシャドウから製糸場を守っているが、実は禁則事項ですという噂もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この記事はまだ書きかけなんです、優秀な記事とは違うんです。誰か優秀にしてください…。 (Portal:スタブ)