富山県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、以前の富山県全域について記述しているばい! 最近間違いによって出来た国はにつ・い・て・は「立山連邦」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「富山県」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「富山県」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「富山県」の項目を執筆しています。

富山県(とみやまけん)は、親不知のすぐ西、倶利伽羅峠のすぐ東、白川郷および神岡のすぐ北にある、日本海側の県である。県庁所在地は富山市とされているが国民の99%は知らない。北欧の飛び地で、特に魚津市WARSCITY特別区として富山県どころか日本から独立している。県民の大半が車を所持していることで知られ、車がないとまともに買い物さえ出来ないと言われる事から、実は日本ではなくアメリカの州ないし植民地の一つなのではないかと考察されている。

特徴[編集]

印象
富山県旗。立山連峰に「と」の字を配し、名物の蜃気楼をイメージして図案化したもの。その存在も蜃気楼に似て薄く、いずれ消滅する運命にある。ちなみに隣県の蜃気楼とは無関係

県内唯一のアニメイトが大手銀行の支店の地下にあることで全国的に有名。

県の三方を急峻な山岳、残る一方を北朝鮮に面した深海で囲まれているため、を食べる独自の亜人種が繁殖する、世界から孤立した、未開の稀有な地として進化した。 特殊な宗教も発達した。県民全員が信仰するその基本思想は「富山県原理主義」「出身高校原理主義」「近隣県への異常な対抗心と嫉妬心」である。 珍走団発祥の地として知られるが、暴走するのは若者だけではなく、戦後の朝鮮人駅前大暴動を始めとして、真のおばちゃんが米屋(米穀商)を襲撃して日本中に壊滅的な被害を与えたライステロ、米騒動発祥の地でもある。


土地単価は七越焼き(後述)より安いため、日本一、持ち家率が高い。一家一軒一車を持っていない者は一人前の大人とは認めてもらえない。自家用車を持っていないと、生活には確実に困窮するかあるいは引きこもりを余儀なくされる。しかし、七越焼きの値上げから来る地価高騰の影響から、いつのまにか持ち家率が日本一ではなくなっていた。

表向き風俗関係の営業が出来ないため、パチンコ店が多い。このため、県の花がチューリップと定められている。宇宙人相手のパチンコ店も点在しており、夜間には夜空に伸びる誘導灯を見ることができる。

また、「越中富山の薬売り」と呼称される広域行商型薬物密輸グループの拠点でもある。しかし、薬売りに扮した忍者などが全国で諜報活動を行っている姿が時折目撃されており、実体は不明である(これ以上書くと組織に消されかねないので詳細はお察しください)。 近年、県当局では海外展開を積極的に進めており、「越中富山の薬売り」にKOSUPUREしてはいるが実際には中古車販売を行っているイスラム系住人が幹線道路沿いを中心に多数進出し、独自のパフォーマンスを繰り広げている。また、台湾中国韓国などの有閑層を立山に迷い込ませて財産を搾り取ることを狙った活動も活発である。

なお、「富山県」として一般に知られているエリアは実際には富山県ではないことが多い。福岡駅を中心とした「富山県」の西部は福岡県福岡市の一部であり、魚津市を中心とした「富山県」の東部は軍事都市国家および経済特区として独立している。県庁所在地とされる富山市を中心とした国道41号線一帯はノーベル賞を狙える科学者養成を目的とした国土交通省の所有する施設となっている(通称ノーベル街道)。富山県内の観光地の一つとされる立山黒部アルペンルート頚城県に属する。実際、その出入り口は頚城県大町市にも設けられている。しかし圧倒的に富山県側からの出入りが多い。残りのエリアの大半も浜松県富山村栃木県富山村となっていたが、それぞれ西暦1950年代と西暦2000年代の大合併で浜松県豊根村および栃木県大平町に編入された。近年では、港湾の近くがいつの間にかロシアに占領されており、その領域が少しずつ拡大している。

さらに、富山県は温水便座の普及率が全国で一番高い。

最近アニメ産業に力を入れ始めている。『らき☆すた』の悪影響。 またカターレ富山というふざけた名前のサッカーチームを作り県民からも顰蹙をかっている。 アナウンサーが、悪徳議員に誘われて、「よかったのかホイホイついてきて。俺はアナウンサーだってかまわないで擁立しちまう人間なんだぜ」状態になってる。

冤罪事件が明るみに出ても警察はまったく責任を問われずに済む。これはひとえに県民が警察を強く信頼しているからだろう。このように犯罪捜査がやりやすい地域であるため、犯罪率は低いはずである。警察も捜査が面倒になったら適当に犯人をでっち上げておけば丸く収めることができ、和を好む県民性をよく表している。

住民[編集]

日本に隣接する独立国のひとつかもしれない。その名のとおり、山に富む地域である。まれに富士山がある県と勘違いされる。最大の街は恐らく富山市であると思われる可能性が非常に高い気がしないでもないでもないが、県の西のほうにある高岡市のほうが有名であると思われる可能性が非常に高い気がしないでもないでもない。でもどちらも小さい街である事に間違いは無い。(詳しくは高岡市#ウィキペディアンを見ればいいヨー)

よく、蜃気楼が出ることでもほんの少し有名。この記事も蜃気楼かもしれない。

最も官僚的な県とされている為、情報信憑性が全く保証されていない。また、政治宣伝の場所ともいえる。 政治思想の宣伝活動をしているため、毎日うるさい県でもある。時々、まともな人を攻撃する左翼のフォーラムといわれる事がある。

なお、姉妹都市の立山町は2001年8月に廃止されたと認識されており、今後も波乱含みだ。とはいえ、最近は1995年以降続いた「富山県冬の時代」からの脱出を目指し努力しているので少しは改善されている。そのため、2007年から日曜日には政治宣伝を行わないことになっている。左翼と言われたくないがための試みだろう。また、石川県からは便所と言われ続けている。一軒家を持っていない県民を石川県民と決め付ける考え方もある。また、富山は土曜日が大嫌いである。理由は「富山県環境キャンペーン」のポスターが土曜日の身勝手な行動によってはがされたからである。土曜日を「環境破壊の象徴」とまで酷評している。フリー百科事典はこんな富山を誉めている。しかし、2007年以降は再び、経済が安定してきている。

奴ら富山県民は一般的に保守的で大人しい人ばかりのイメージがあるが、実は越中強盗という言葉があって気性の荒いパチンカスの巣窟である。仮にゴキブリホイホイを全部潰してこいつ等からそれを奪うと例の抜け殻になってしまう。それ程なまでに他に趣味が無く、お金に目が無いのである。ギャンブル好きの富山人は全部お魚と思った方が良い。 あと他人のプライベートに物凄い干渉してくる。例を挙げると、富山人「休日何してるんですか?」→自分「○○やっています」→富山人「それ楽しい?(舐めた口調で)」という流れで他人の事を詮索し周りに噂話して広め、自分が知らない娯楽を馬鹿にする傾向がある。30~40代のオッサンに多い。

近隣県[編集]

注意していただきたいのは、以下の対戦カードの全てが、「富山県側が一方的に思い込んでいる闘争」であり、実際は全ての場合において、対戦相手からガン無視されている状況である。 富山県サイドはそのことを「我が県の勝利」と信じている。


vs石川県[編集]

富山県の西隣。富山県は、西暦1876年8月に、金沢に県庁を置く石川県に植民地化されていたが、7年後の1883年に独立した。植民地時代に、根本的に人として誤っている金沢市民に虐められて来たので、今でも富山市民は金沢に対して異常な程の反抗心、というか憎悪を感じている。いや、根本的に好きになれない。

生半可に歴史知識を持つ金沢人に、「東北の別名は『奥』だけど、北陸の別名は『越』だよな。なのに、なんで石川県には『越』の字がないの?」って訊ねるのは喧嘩を売るのと同じである。平安時代の法令である延喜式で「加賀」「能登」が制定するまで、加賀地域は越前に、能登半島は越中に含まれていた。(注意していただきたいのはここで「それ以前は越中なんてなかったよね」と言うことである。火病を招く恐れあり。)最近では、経済的に富山の方が成功しているので、金沢を相手にする必要はなくなったと勝手に思い込んで納得している。

外の地方では、海道でも浜松県静岡県が、畿内でも愛知県大阪府が、越国の富山県と石川県も顔負けの兄弟喧嘩を繰り広げている。外の県に例えると、県庁所在地が東京京都から等距離の富山県が浜松県に当たり、石川県が静岡県に当たる。

前述したが「能登」は「越中」の一部だったことがあり、それを歴史的根拠として富山県による能登半島強奪計画が立てられた。日本海で最も自己主張の強い能登半島を奪えば、日本一印象の薄い富山県でも目立つ存在になりうる。しかも強奪後の形がカニをイメージさせる(え?見えないって?)ため、名物のズワイガニのアピールにもつながり一石二鳥であるとの皮算用であった。しかし、能登半島の住民には「富山?それって何処だっけ」と隣の県であるにもかかわらずまったく認知されておらず、また、「富山県民になったら印象が薄くなってしまう。それって山内一豊の妻の旦那みたいでかっこ悪い」と猛反対を受け計画は頓挫。相変わらず印象の薄さは日本一である。

vs頚城県[編集]

富山県の東隣。頚城県と富山県は、新潟市から嫌がらせを受けているため、特に上杉を初めとする旧頚城郡は、富山を中心とする富山県東部と仲が良い(親不知に近い都市ほどその仲は良い傾向にある)。空路でも、頚城県民は、新潟空港じゃなくて富山空港を利用する者が圧倒的に多い。ただ、最近の平成の大合併により人口、面積共に富山市が長野市を上回ってしまったため、大合併で長野市を上回ったと無駄な自慢をしたがる富山市民と富山に喧嘩を売る長野市民が現れている。魚津市がダムの役目を果たしているため富山県は現在も平和である。そのため、黒部市民は意味不明の重体である。

糸魚川白馬は、スキー目的で来る富山県民が多く、ほとんど頚城県に隷属化している。尤も、メディアが頚城県のスキー場ばかりを喧伝して、富山県のスキー場を宣伝しないから、こうなってるんだが。

ただ、富山県は頸城県とは違い新潟市とも仲良くなっている(ていうか都市規模では新潟の方が上であるため、富山は新潟に頭が上がらない)が、これは富山では放送されなかった『らき☆すた』というテレビアニメを、新潟県の某放送局(BSN)が、富山県にも出来る限り電波を飛ばして視聴できるようにしてくれた(ただしアナログのみ)ためである。だったら富山と新潟に挟まれる頸城県でも流れていることになるが、頸城県民がこれを認めていないのは何故だろう。

vs岐阜県[編集]

富山県の南隣。岐阜県は大きく分けて飛騨・木曽(東濃)・西濃に分けられるが、富山県は飛騨地方との繋がりが深い。飛騨高山や白川郷は、富山県民の日帰り観光地である。又、飛騨地方民は、太平洋岸の浜松中津川経由)や名古屋美濃加茂経由)に出るよりも、日本海岸の富山の方が近い。従って、週末にもなれば、富山県には飛騨ナンバーの車が押し寄せている。

美濃については無関心な県民が多いが、富山と浜松を結ぶ「さらさら越え」ルートは木曽を通って天竜川流域に出る為、木曽との交流圏をどう拡大するかが課題となっている。

岐阜市の方は全く無関心。そりゃあ、岐阜市は富山よりも敦賀京都の方が圧倒的に近いから。

vs福井県[編集]

富山県(越中)は長年、福井県(越前)と北陸No.2(除親不知以東)の座を争って激しい攻防を繰り広げている。人口面で見れば富山県の方が多いし、民放の数もTXアニメの本数も富山の方が多い。おまけに県庁所在地の富山市は中核市となっている(福井市は中核市ではない)。

しかし、福井県は滋賀県舞鶴県と同じく共に若狭湾に面している為、舞鶴長浜京都との繋がりも深く、「福井県は畿内でもある」と主張しており、この事から上方文化の影響の分、福井がやや優勢になってきている。

主な地方メディア[編集]

  • 富山テレビ放送(BBT)
    • フジテレビ系列。自社制作番組である「Youドキッ!たいむ」は視聴率100%を誇る。
    • 県民の66%はTVのチャンネルを「8」に合わせたまま絶対に変えないという。
    • 富山県において「新婚さんいらっしゃい!」は朝9時半に放送されるというのが常識であったが、2010年春に突如男前とさつま揚げがやってきて、立ち退きさせられてしまった。その後もウドとテツ&トモが支配したと思ったらたかじんに枠を奪われ、2013年10月に「新婚さん-」が(30分前の枠だが)帰って来る等一定していない。
    • 「めざましどようび」を何故か1時間短縮で7時からスタート。「飛び乗りやめろー!」という批判が非常に多い。
    • 深夜アニメは基本的に流さない(系列局制作のノイタミナですら未ネット)。ワンピースは全国ネット枠からローカル枠に移動した際に打ち切られた(その後復活した)。系列外ではNARUTOを放送しているが、最近になって妖怪ウォッチも始めた。
  • 北日本放送(KNB)
    • 日本テレビ系列。ニュースは創価学会の提供によるものである。よって1回のオンエアにつき必ず1度は不具合が生じる(例:「いっちゃん!KNB」第2回放送時)
    • 高齢者の75%はTVのチャンネルを「1」に合わせたまま絶対に変えないという。
    • 2011年まで本来「スッキリ!」が放送されるべき時間帯にスーパーモーニングを放送していた。しかもモーニングショー第1回から放送されていたので、峰竜太を知らない富山県民も少なくない。
    • 社員の多くはDQNであり、主に平日の昼間から夕方にかけて富山駅前で屯している。
    • かつてアニメに関してはピーエーワークス制作作品を除き鎖国状態(テレビ東京のアニメは絶対に流さない)で、かろうじてドラえもんが放送されているという話なのだが、放送枠が四次元ポケットに吸い込まれてしまってよくわからない状態であった。しかし2013年に水曜深夜に(ハンター×ハンターを除き)レギュラーの深夜アニメ枠を設置したので、今後徐々に改善されていく模様の筈がすぐに廃枠。無かった事にされてしまった。
    • あとは伝説の番組「ビバクイズ」を生み出したくらい。
  • チューリップテレビ(TUT)
    • TBS系列。ただし系列の他局からはTBS系列だと認識されていない。寧ろフジテレビ系列というイメージが強い。
    • 誕生日を祝うことしか能がない。
    • 富山県において「なんでも鑑定団」は正午に放送されるというのが常識である。
    • テレビ東京テレビ朝日が作った、女性のおっぱいが見られる番組は大体ここで放送される。
    • かつてはTXアニメをガンガン流していたが、最近TXアニメ人気作品が少なくなったため、現在は長寿作品のみの放送に留まっている。その結果現在はポケモンのみという残酷な結末に・・・。お陰で富山のアニヲタから裏切り者扱いされている。そのせいで、妖怪ウォッチをBBTに取られてしまった。
    • 一応頑張ってはいるが、富山県民の大半(その中の大半は腐女子と厨)がリボーンけいおんを視聴するために石川県の北陸放送(MRO)を観ている。
    • それでも、同局の天気予報のBGMは、大半の県民の脳に深く刻まれている。
  • 北日本新聞
    • 上記2社の親玉的存在。
    • 富山県の将来を案じる時、県民に聞かず韓国人に聞く。
    • 左翼分子のフォーラム。毎日新聞並みの共産主義者。
    • 天地人」という県出身者至上主義論評にてプロパガンダを垂れ流す。
  • 富山新聞
    • 何を思ったか、突然左翼的活動に反対し始めた唯一のマスコミ。しかし、自らを「北國新聞」と偽って石川県民に媚びているのが現状である。
  • テレ朝系列
    • 新聞にはその存在が報告されているものの、県民からの目撃情報は寄せられていない。テレ朝のマスコットキャラクターであるドラえもんの作者の出身地であるにもかかわらず、恐らくマニアックな人しか知らないであろう。北日本放送で放送中のスーパー戦隊シリーズに至っては、一時期全国一最悪な7ヶ月以上もの遅れネットを誇っていた。その上プリキュアとか仮面ライダーとかの人気番組は視聴出来ない。
  • テレ東系列
    • テレ東…って…何だっけ?テレ東のアニメ(ごく一部)はかつては前述のTUTで多く放送されていたが、多くが1ヶ月~半年ほど遅れての放送であった上、現在はポケモンとBBTのナルト&妖怪ウォッチのみ。特にポケモンは一時期日本一遅れて放送していた。当然、深夜アニメは放送されていない。

基本的に厨がよく見るアニメ(ハルヒとかハルヒとかハルヒとかハルヒなど)が全く放送されない(しかし(ハルヒに関しては新潟県の放送局である新潟テレビ21を介して視聴している富山県民も少なくはない。)。但し地元に拠点を置くピーエーワークス制作作品は120%の確率で放送してくれる。

さらに、CATVに土下座して申し込まないと、テレビ朝日系列(北陸朝日放送)が見れない。お陰で日本一人気のある女児向けアニメ『プリキュア』を知らない県民も多い。

商業[編集]

が有名である。その中でも覚せい剤は一般によく用いられており越中富山の薬売りとともに親しまれていた。そもそもの起こりは、富山藩主前田正甫公が、岡山の万代常閑を招き、富山の松井屋源右衛門に製法を伝授したことにはじまる。今では、ピーク時よりもその割合は落ちたものの、日本国内の覚せい剤の約5割は富山県で製造されている。覚せい剤の全国への配給については、昔は、覚せい剤を一軒一軒薬売りが売って回ったが最近は大きな企業に販売を委託することが多い。当時の、覚せい剤の使用については使用した分のお金さえ払えばよく、「先用後利」とよばれ喜ばれた。今もその心は生きており、最初は無料や安い値段でくれ、使ううちにどんどん値が上がっていくという「先用暴利」という仕組みがとられている。しかし、最近は朝鮮産や中国産に押されて国内のシェアは下がる一方である。

交通[編集]

JR線は高山本線城端線氷見線が通っている。かつて、東西を横切るように北陸本線が通っていたが、新幹線の開業で倶利伽羅-市振間の運営をあいの風とやま鉄道に押し付けた。他県知事が新幹線の建設に必死だが、なかなか工事が進んでいない。実際に魚津ではなく黒部に新幹線の駅を設けるという謎の現象が起こっている。位置的には東日本寄りだが、JR線は全てJR西日本の管轄である。JR以外の鉄道としてはなぜが「地鉄」と呼ばれている富山地方鉄道が県東部と県内の路線バス(県西部の加越能鉄道は地鉄の子会社)をほぼ支配しているほか、JR線を路面電車に変えた富山ライトレール、高岡と新湊を結ぶ万葉線がある。地下鉄やモノレールといったこのご時世に路面電車を更に作ろうとしているいかにも後進的な地域である。2015年3月26日、富山県でICOCAが飼われるようになった。

高速道路はGWやお盆、年末年始でも決して渋滞が発生しない北陸自動車道東海北陸自動車道(飛騨清見以北の場合)、そして交通量があまりに少ないため一般国道に格下げされた能越自動車道が通っている。ちなみに、あの有名な国道156号は高岡市が終点である。 酷道のメッカでもあり、閉鎖されていた聖地へ御開帳を待たずに突撃、殉教する信者も多い。 8号線においては2車線区間の右車線でもノロノロ運転の車が多く、左側も同じようなスピードで走っている為、急いでいても追越が非常に困難な時が多く、大して交通量も無いはずなのに金沢・松任近郊より運転しにくい印象がある。福井は車がいなさすぎてもはや・・・(以下略)。倶梨伽羅トンネルから高岡間の1車線区間については、常にチンタラ走る車が多く、もはや最悪としか言いようがない。これが嫌で高速を利用する県民も多い。

県内のほぼ中心部には富山空港がある。日本で唯一、河川敷に作られた空港であるが、こんなところに空港が作られた理由はスバリ、予算の都合である。立地的には富山市内から車で20分ほど、北陸自動車道富山ICにも近く、県東部や県南西部、更には飛騨や頸城からも利用しやすい位置にある。ただし、高岡からはやや不便な位置にある。しかし、河川敷という立地ゆえに、神通川の水量が増えて洪水の恐れが出れば当然、空港は閉鎖される。また、空港が使える土地が狭いために、滑走路が狭く(四発機は着陸不可)、1番の問題としては計器着陸装置が設置できないため、視界が悪いと羽田からやってきた飛行機が羽田へ戻ってしまうことである。特に冬場は「羽田返し」が頻繁に発生するため、県民の間では「冬は鉄道を使う」が合言葉になっている。ただし最近は鉄道会社が除雪作業にやる気を出さないために(特にJR東日本)、鉄道ですらも運休になることもしばしば。そのため、最も確実に移動できる手段は富山地鉄の高速バスである。

市町村[編集]

学校の教科書やフリー百科事典上で富山県の市町村とされている場所[編集]

富山県中部
富山県東部
富山県西部

実際の市町村と思われる場所[編集]

「富山県」中部
「富山県」東部
「富山県」西部

名産品[編集]

まもなく名産品も蜃気楼となりつつある。
*薬
*越中ふんどし
*アルミニウム
*ジャポニカ学習帳
*社会の窓
*魚介類
など

編注:これらは「富山の薬売り(広域行商型薬物密売組織)」の重要な収入源とされており、詳細を調べようとした者は組織に消されかねないため、これより先の諸事情はお察しください

関連項目[編集]