富士市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、静岡県の市について記述しているばい! 山につ・い・て・は「富士山」をCHECK IT OUT!! はい!!!
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情2頭の牛が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「富士市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「富士市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「富士市」の項目を執筆しています。

富士市(ふじし)は、静岡県の東部にある都市、じゃなかった、伊豆県の西部に位置する都市だよな。普通の地方衛星都市だが、特例市

概要[編集]

伊豆県では県庁所在地の沼津市を超えて第一位という、いかにも微妙で凡な街である。伊豆県最大の都市であるが、三島市の勃興には肩を並べられていない。最近、衰えつつある沼津市と長年比較されたが、人口・産業面でも富士市が圧倒的に重要。伊豆半島があるから何とかやっている。(・、・)

富士山南麓の行政・商業・工業の核であり、日本製紙(旧・大昭和製紙)、王子製紙などの多数の製紙工場があるため、経済的に潤えば潤うほど、市民は工場煤煙による異臭をかがなくてはならない。

また、竹取物語の舞台ともいわれ、源平合戦の際には富士川の合戦がおこなわれた。雁堤など富士川の流れを変えてしまった環境破壊の祖ともいえる堤防が完成し、潤井川の灌漑が進む前は、広い範囲で「浮島ケ原」と呼ばれるジメジメ湿地帯であった。

江戸時代には東海道宿場町の一つである吉原宿が存在したが、津波で2度壊滅的な被害を受け、その度に宿場の位置が内陸部に移動している。

そして、市民は高速道路と平行している国道一号線は信号も少ないし無料で通れる高速道路だ、などと思う輩が大多数を占め、かつては交通事故率ナンバーワンの称号を与えられていた。

地理[編集]

  • 甲府方面への移動を妨げる富士山と、ヘドロにまみれた駿河湾に面す。
  • 富士山の見えた日数は一年の内、210日(全体136日、一部74日)であった(2004年)。このため、市民はそろそろ富士山を見飽きはじめている。
  • 戦後の高度成長期、製紙工場の排水で田子の浦港にヘドロが溜まり水質が極度に悪化し、また大気汚染で気管支ぜんそく患者が多数あらわれたため大きな社会問題になった。この事実は昨今すっかり忘れられているが、それは普段から製紙工場の出す臭い匂いに慣れきっているためで、たとえば市外から帰って電車の車窓から顔を出すと、その異臭ぶりに市民は驚愕することとなる。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)富士郡吉原町、島田村、伝法村、今泉村、元吉原村、須津村、吉永村、原田村、大淵村、加島村、田子浦村、岩松村、鷹岡村が誕生。
  • 1929年(昭和4年) 加島村が富士町となる。
  • 1933年(昭和8年) 鷹岡村が鷹岡町となる。
  • 1940年(昭和15年)吉原町が島田村を合併。
  • 1941年(昭和16年)吉原町が伝法村を合併。
  • 1942年(昭和17年)吉原町が今泉村を合併。
  • 1948年(昭和23年)吉原町が吉原市となる。
  • 1954年(昭和29年)富士町・田子浦村・岩松村の合併により、 (旧) 富士市誕生。
  • 1955年(昭和30年)吉原市が元吉原、須津、吉永、原田村、大淵村を合併。
  • 1956年(昭和31年)吉原市が駿東郡原町の浮島地区三地区を併合。駿東郡は猛反発して検閲により削除となり、禁則事項ですとなった結果、粛清されましたので、お察しください
  • 1966年(昭和41年)吉原市・ (旧) 富士市・鷹岡町の合併により富士市誕生。
  • 1971年(昭和46年)田子の浦港にヘドラが出現。ゴジラと死闘を演じる。
  • 2001年(平成13年)なんの特徴もないのに特例市となる。
  • 2008年(平成20年)11月1日に富士川町と富士市が合併。

産業[編集]

第一次産業[編集]

  • 農業特産物はイチゴ。中でも茶は「富士のやぶ北茶」のブランドイメージの普及を目指しているが、これは市民にも浸透していない。
  • 林業では、ヒノキの生産が盛んで、長らく富士ヒノキの銘柄化を目指しているが、これも浸透していない。
  • 漁業特産物はシラスだが、この事実もまったく知られていない。
  • ただし、皆様の知っている通り公害で教科書にも載ったことがある地域のため、その農産物は著しい汚染を受けている。

そのため健常な人は絶対に食すことができない。福島原発周辺の農産物以上に危険である。福島のJAも真っ青だ。

第二次産業[編集]

  • 富士市は、環境破壊の盛んな街である。なかでも、豊富なわき水を汚染して海に返している製紙業がお盛んである。製紙工場は市内に62社73工場あり、その数は全国一である。市内での紙・板紙類の総生産量は全国の11.6%あまりを占め、特に家庭紙(トイレットペーパーなど)は生産量日本一を誇る。便所用品を日本一作っている事実は、まったく誇れるものではない。
  • 環境破壊と汚染の元凶である「紙の街」の歴史は古い。平安時代延喜式に「駿河より紙を貢ぐ」とある。鎌倉時代には幕府御用達の紙の中に「駿河半紙」があったという。江戸時代文化年間には三椏を原料として駿河半紙をすき、江戸や京、大坂において好評を博したが、それは上質な便所紙としての評価である。また、吉原地区では原料の三椏が量産栽培され、豊富に湧出する水を利用して製紙業と水質汚染が普及した。明治時代に入って洋紙の製造技術が導入され、(旧)王子製紙が近代的な製紙工場を開設した。その後、水源が豊富な吉原地区を中心に中小製紙会社が次々と設立され栄えたが、1990年代半ばより、海外からの安価な紙の輸入増加やバブル崩壊による需要減などによる紙価低迷で、経営難に陥る中小製紙会社が急増したが、パルプ崩壊とはいわれない。かつては優良企業だった天間製紙や井出製紙など、菓子折りなどの化粧箱に使われる白色コートボール紙を生産していた多くの会社が倒産、家庭紙の分野でも倒産・廃業・大手製紙会社傘下への系列化が進んでおり、地域の便所紙職人たちの雇用問題にも大きな影響を及ぼしている。

商業[編集]

  • 富士市の商業地区は、大きく吉原地区、富士駅前地区、ロゼシアター周辺地区に分かれている。これは、富士市が旧富士市と旧吉原市が合併して出来た市であるということが強く影響している。吉原地区は、吉原市の中心市街地である。富士駅前地区は、旧富士市の中心市街地である。ロゼシアター周辺地区は、合併の際に富士地区と吉原地区のおおよそ中心地が区画整理されるのとは別に、大型路面店を計画的に集めようとしたが、そこまでは計画的に集められず、結局は都市機能分散の元凶をつくりだしてしまった。
  • 駅前に映画館入りのショッピングセンター(富士パピー)があるのが誇りではあったが建物の老朽化により2008年5月をもって閉館する予定。駅前アーケードのシャッター通り化が加速される危険性がある。

市政[編集]

市議会[編集]

現在、市議会議員数の削減が検討されていたが「人口24万人の市に現在の36人という数でさえ少ない」として据え置きが決まり市民から批判が起きている。36人で可能な分の仕事をしてから、物をいわないためである。

新聞[編集]

  • 富士ニュース - 富士市及び、富士宮市、を中心とした地方新聞社。地味な紙面に、地元の子供が所属する部活動に関することを褒め称えるという構成。

FM放送[編集]

  • 富士コミュニティエフエム放送「Radio-f」 - コミュニティエフエムの設立ブームもとっくに去った2005年11月3日に開局。

交通[編集]

交通政策[編集]

富士市は低密度な市街地が連続している上に、街の中心が吉原商店街や富士駅前商店街などの駅前から、駅から遠い市役所・ロゼシアター周辺に移動しているために、モータリーゼーションが進展し、自家用車で市民一丸となり環境汚染に励んでいる。現在、富士市の交通手段に占める自動車の割合が66.5%を占め、鉄道・バスなど公共交通機関の分担率は10%未満である。公共交通機関の利用者数も年々減少しており、平成5年~平成13年の9年間で、岳南鉄道利用者数は約半減、バス利用者数も半減している。現在富士市では、公共交通機関を動く公共施設と位置づけ、その活性化のために、富士急静岡バス㈱が身を切りながら赤字運営する、団体は誰も乗らないのにコミュニティーバスである「ひまわり」を支援したり、デュアル・モード・ビークル(DMV)の利用を検討したりしているが、本当はモノレールなどの新交通を通すだけの資金無いためにDMV導入を進めているのである。

鉄道[編集]

誰も利用しない過疎路線である身延線は、車内に誰もいないため、周辺の広大な田園風景とともに、豪華な貸しきり感が味わえる。一説には市街地の汚染された空気を郊外に輸送するのが主たる目的だとも言われている。その為かどうかわからないが、無人駅では手動で無いとドアが開かず、遠方よりの旅人を幾度となく不安の底に突き落としている。新幹線停車駅の新富士駅と東海道線の富士駅とは離れているために、まったく実用性がない。しかも、「新富士」と名乗ったのにもかかわらず、北海道の片田舎の駅名と重複するイタさである。

バス[編集]

  • 富士市内のバス網は吉原中央駅を中心として放射状に形成されている。そのため、地域の拠点駅である富士駅(在来線)や新富士駅(新幹線)から目的地に向かうために、吉原中央駅で乗り換えざるを得ないことが多い。
  • 現在、吉原中央駅、富士駅、新富士駅の各拠点間を円滑に移動できるよう、ナイスなネーミングの循環バス「ふじ丸」が試験運行されている。しかし15時以降にはバスが来ないなど、突っ込みどころは満載である。

道路[編集]

  • 高速道路
  • 一般国道
    • 国道1号
    • 国道139号 - 通称大月線だが、大きなツキノワグマがでるわけではない。でないわけでもない。
  • 現在、壮大な税金の無駄使いである第二東名高速道路の建設が進んでおり、西富士道路との交点にジャンクションが新たに造られる予定である。

教育[編集]

教育政策[編集]

  • 『豊かな人間性』をはぐくみ、学校教育の一層の資質低下をねらうという名目の下、2006年度より富士市内全小中学校で二学期制を実施している。
  • 読書の大切さを感じ、本と親しむ子どもを増やすため、全小中学校に学校図書館司書を配置しているが、子供はサッカーばかりで図書館には行かないので、彼らの仕事はパソコンにデータを入力するだけである。

外部リンク[編集]