富士吉田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「富士吉田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「富士吉田市」の項目を執筆しています。

富士吉田市(ふじよしだし)は、富士山の北麓に位置する都市である。

拝火教の聖地の一つであり、富士山にをつけてその燃え方で吉凶を占う「吉田の火遊び」が行われることで知られている。

概要[編集]

山梨県の東部に広がる郡内地方最大の都市にして、富士山北麓の中心地である。大月市上野原市など郡内地方の一部では東京の属地化が進んでいるなか、富士吉田近辺は甲府や東京の影響下に置かれていない地域である。

日本全国津々浦々に「吉田」という地名はあるが、「吉田市」なるものは存在しない。「富士吉田市という名前は長くて覚えにくい」とする意見もあるが、「吉田市だとどこにあるのかわからなくなる」「静岡県に吉田町があって紛らわしい」などの理由により、富士を冠して「富士吉田市」と名乗っている。

地理[編集]

拝火教の聖地・富士山の東北に位置しており、静岡県の富士宮市とは富士山頂を挟んで正反対の位置にあたる。富士吉田市は「富士山に最も近い市」を名乗っているが、静岡県側の富士宮市・富士市御殿場市も同様の文言を掲げているため、富士山を巡る領土問題は泥沼化している。

富士山周辺の住民にとって、富士山のそびえる方角に足を向けて寝ることは最大の禁忌とされており、富士吉田市内で売られている地図も市街地から見た富士山の方角が上になっている。

富士の北口[編集]

富士山には二つの主要な登山道があり、古くから富士宮口が表口、吉田口は裏口と呼ばれてきたが、関東方面からの登山者にとっては、吉田口が表口の役割を果たしており、吉田口は最も登山者が多いことからも、吉田口こそ表口と呼ぶにふさわしいと言えるだろう。

歴史[編集]

富士吉田市は富士河口湖町と徒党を組み、富士山の領有を巡って富士宮市富士市と縄張り争いを繰り広げてきたことはよく知られており、山梨県静岡県は「富士」と名付く自治体の多さを競うなど、意地の張り合いを続けている。

昭和初期の静岡県には「富士」の付く自治体が複数あったが、山梨県には一つしかなかった。山梨県内で唯一の「富士」の付く自治体であった富士見村が石和町との合併によって消滅して以来、山梨県内では「富士」の付く自治体が皆無となっていたが、南都留郡福地村が「富士上吉田町」と改名したことで、ようやく山梨県にも「富士」の付く自治体が復活した。

富士吉田市は、静岡県側で富士宮市が発足したことに触発され、下吉田・明見・富士上吉田の3町が合併して成立した。新市名が「吉田市」ではなく「富士吉田市」となったのは「富士」の名を温存させることで静岡県に対して少しでも優位に立とうとする姿勢の表れである。

交通[編集]

「富士山に最も近い鉄道路線」である富士急行線と、「富士山に最も近い高速道路」である中央自動車道富士吉田線が市内と大月方面を結んでいる。富士急行線は「急行」と名付くものの、富士急行が運営する遊園地ジェットコースターより速度が遅いことから「日本一のろい絶叫マシーン」などと呼ばれている。

観光[編集]

市内にある「富士山に最も近い遊園地」には、刺激に飢える都会の民が怒濤のように押し寄せている。観光客は地元に幾ばくかのカネを落としていくが、それと同時に大量のゴミも落としていくため、富士山はゴミ溜めに等しい状況となっている。

毎年8月に行われる吉田の火遊びは、富士山麓に溜まったゴミを燃やし尽くすことで聖地を浄化する壮大な神事であり、各地の拝火教徒が集まり大いに賑わう。富士宮の焼きそばに対抗して広まった吉田の焼きうどんが名物となっている。

関連項目[編集]


この項目「富士吉田市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)