寄付

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

寄付(きふ)とは、他人の罪悪感や功名心、あるいは不安などに付け入って金品をせしめること。頭の中にを飼っている聖職者の他、誰かの懐を暖めたいが自分は金を出したくない人が行っている。

ウィキペディ」の寄付活動

概要[編集]

寄付は、いうなれば売買契約を除く金銭の授受であり、その対価は専ら無形の「ナニか」である。そして多くの場合では、その「ナニか」は貰った側にとっては全く価値のないものである。宗教では「喜捨」(きしゃ)とも呼ばれるこの行為は、詐欺の一種ではあるが大抵は騙されたほうから被害届が出されることは無い。

寄付はその多くにおいて、金品の拠出者がその用途について詳細を知ることは無い。これは一般的な商業上の出資とは異なる性質のものであることから、事業計画の提出が元より求められず、寄付によって集まった金銭の行く先はほぼ全てが使途不明金である。

この使途不明金であるが、内訳は関係者の飲食費や娯楽費・光熱費・ゲームソフト代・トイレの芳香剤代金・会長ないし教祖のソープランド通いのための軍資金、加えてガチャポン大人買い費用となっている。稀にユニセフ偽物のほう)などにも出涸らしが寄付される。まかり間違って残りが本物のほうに渡っても、監視が行き届かないのをいいことに、その資金で雇われた職員たちがちびっ子たち相手にあんなことこんなことをしていたりするわけだが誰も気にしない

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「寄付」の項目を執筆しています。