宿題を家に忘れました

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

宿題を家に忘れました「しゅくだいをいえにわすれました」とは小学生中学生高校生がよく行うエクストリームスポーツである。競技内容としては「いかに教師に怒られず宿題をやらずにごまかすか」であり、犯罪行為などは失格防止のため慎むべきであろう。

概要[編集]

宿題を忘れてしまった学生の大半は、言い訳を考える。学校終わってすぐ始まって、夜の10時位に終わった?あるいは教師には話しづらい家庭の事情?かばんの取り違え?いや、やはり「宿題を家に忘れた」と嘘をつく人が多いだろう。 その嘘をスポーツ化したものがこの競技である。

テクニック[編集]

実際やってないが、一応やった、と嘘をつくために宿題を家に忘れましたと先生に言う。そうすれば、普通の場合明日もってきなさいと言われ一時は助かる。でも翌日も忘れてしまった場合はあやしまれる。でもあやしまれなければ非常に有効である。 しかし、常習することにより教師から反撃を食らう可能性が高くなる可能性がある。ここでのポイントは「いかにして普段から教師から信用されるか」である。 このあたりにはいくつかのテクニックが存在する。

  • うっかり屋さん戦術(「忘れました」を繰り返し、教師があきらめるまでやらない[1])
  • ほかの宿題と間違える、あるいは量を間違える[2]
  • 「忘れました」以外の戦術を思いつく(「宿題が行方不明です」「親に捨てられました」など[3])
  • 「あれ?やってきたのになあ?」とわざとらしく言いながら歩き回り同情を誘う。(ただしブス、ブサイクがやると火に油を注ぐ可能性大)
  • 宿題などどうでもいい状況に持ち込む(逮捕される、失踪する、登校拒否、家や学校が火事になる、禁則事項ですなど、)。[4]

反撃[編集]

この攻撃に対し教員側の反撃としては

  • 「やってきたのであるならば~番の問題をやってみて[5]
  • 「(授業中)おい、ちょっとこの問題を解説しろ[6]
  • 「じゃあ時間をやるからとって来い[7]

というものがあげられる。これらの反撃に対してさらりと応戦することもこの競技の重要なポイントである。

日ごろの行動[編集]

日ごろの行いが悪い人間にとっては失格の可能性が高まるため、きちんと考えて行動すべきである。

Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

ポイント判別の基準[編集]

この競技に対してのポイントは禁則事項ですとされているため、あまり詳しいことは述べられない。ただしわかっていることは「満点があること」、「加点があること」そして、 教師の信頼を損なわないことがあげられる。なお、点数は独自調査によるものである[要出典]

  • 「忘れました」の時点で「もういい」といわれ、やってない扱いにされる(0点)
  • 「忘れました」の時点で「もういい」といわれ、やった扱いにされる(100点)
  • 普通の理由によりその場をごまかし、明日きちんとやって持っていく(30点)
  • 忘れましたと引き伸ばしてやってない扱いにされる(一日につき10点)
  • その場で宿題をやって「やっぱりありました」と提出(50点)
  • 教師が宿題を出したことを忘れてくれる(50点)
  • 宿題を半分だけ提出し、「忘れてきた」ことにして半分を翌日提出(+20点)
  • 宿題の問題を授業中あてられ、きちんと解く(+50点)
絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

脚注[編集]

  1. ^ ただし、以下の反撃を食らう可能性が高いため、あまりお勧めできない
  2. ^ つまり、その前の範囲をといたり、2枚分のところを1枚だけ持っていくなどの行為である
  3. ^ この戦術は一部において「エクストリームスポーツの趣旨に反するのではないか」という声があがっている[要出典]
  4. ^ 近年この行為が犯罪につながるとして禁止される事例が報告されている[要出典]
  5. ^ つまり、宿題をやっているならば解けるはずの問題を解かせるのである
  6. ^ (略)解けるはずの問題を解かせる、しかも解けないとクラスの英雄となる可能性が高い。
  7. ^ この戦術に対しては高度な反撃が存在するが、禁則事項です

関連項目[編集]


大変です。夏休みがいつのまにか最終日です。今すぐに貴方に課せられた宿題をやってください。 (Portal:スタブ)