宮澤佐江

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
AKB48創設者秋元康からの緊急のお願いをお読みください

宮澤 佐江(みやざわ さえ)とは、AKB48に所属する男性メンバーである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宮澤佐江」の項目を執筆しています。

略歴[編集]

近影

1990年8月13日東京都出身。元気な男の子である。旧チームAが選出された『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に応募したが「男性である為」落選。しかし翌年の2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。旧チームKの一員となった。AKB48では初の男性写真集として『GIRL MEETS BOY』を出す。

人物像[編集]

  • 「ゲンキング」と呼ばれるほどの溌剌ぶりや、スタッフや周りへの挨拶や礼儀を欠かさない姿勢など、現場でも人格に対する評価が高い。つまり「顔も性格もイケメン」である。
  • 女性アイドルグループの中で男の娘として人気を博している異色の逸材として知られている。ただ、女性のグループであるAKB48に在籍している事や、ドラマでも女性の役を演じることも多いため、彼を女性だと勘違いする人間も多く存在するのもまた事実であり、公式サイトでも稀に女性としてかたられることが多い(本人は気にしていない[1]との事)。
  • 男性としてのりりしさと、女性らしい繊細さを兼ね備えた容姿は幼少時から多くの人間の目を惹き付けており、ジャニーズジュノンボーイ選抜への参加の勧誘があった事(本人が全て断っている[2])や、戸賀崎支配人は「宮澤は男の子そのものでしたね」と語るくらい(審査の時点では女性であると思っていたらしい)最後の書類に目を通すまで男性であることに気がつかなかった事などのエピソードがあるほどである。
  • 情に厚く、涙もろい一面もある。宮澤自身が通っていた学校の卒業式では入場の時、AKB48メンバーの卒業時、『AKBINGO!』で、バッドボーイズの番組卒業(ドッキリ企画)、東京マラソン2011で完走した秋元才加を迎えた際などは当事者よりも凄まじい男泣きを見せている。

女性遍歴交友関係[編集]

『AKB歌劇団』での共演をきっかけに柏木由紀と仲良くなり、後に恋仲となる。その仲睦ましさは主に指原莉乃峯岸みなみなどのメンバーからも「さえゆき」と持て囃されるくらいのものである。ちなみにこの件に関しては運営サイドの秋元康は「モチベーション維持の為、黙認」とコメントしている。河西智美佐藤亜美菜は彼を「王子様」等と呼んだり、「憧れ、若しくは片思いである」事をカミングアウトした北原里英などのように彼に届かぬ思いを寄せるメンバーも多い。中には男女の域を超えた関係であるメンバーも居り、秋元才加大島優子などは古くからじゃれあう仲である。 面倒見が良いことも有名。昔チームKのアンダーで入った柏木由紀が一人で練習している所へ、「わかる?」と声をかけたり、本番の前日手紙を書いたりした。『AKB48ネ申テレビ』では倉持明日香が「体調不良や悩み事があるメンバー、不安そうにしているメンバーに気づくのが誰よりも早い」と語っている。そのため皆に優しい宮澤を研究生が好きになることが多く、劇場公演では仁藤萌乃竹内美宥加藤玲奈などが「佐江ちゃんを好きになるのは皆が一度は通る道」と発言している。

脚注[編集]

  1. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』2010年8月6日放送
  2. ^ 『爽快情報バラエティー スッキリ!!』2011年3月29日放送分

関連項目[編集]

まゆゆとラミミ 今、「宮澤佐江」は根も葉もないデマを書かれているの!やびゃあ(^ω^;) なの!
マウスでここをクリックして助けて! by まゆゆ (Portal:スタブ)