宮崎県立都城工業高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

宮崎県立都城工業高等学校(みやざきけんりつみやこのじょうこうぎょうこうとうがっこう)とは、宮崎県都城市に所在する高等学校である。

この記事では、毎年毎年夏休みを迎えてナニカ創作活動に勤しみたいこーこーせーがアンサイクロペディアなるクソサイトに足を踏み込んで淘汰されていく様をどう楽しむかについて言及するとともに、いったいぜんたいどこのの誰がこんなバカな記事をアップしたのか校内で噂になる前に、せっかくなのでクソ記事をまともな記事にしてみる、ただそれだけの話である。

概要[編集]

人間とは創作に勤しむことで生きている実感を感じる大変に奇妙な生き物である。特に、中学、高校と本格的に成長期を迎え脳内に使用してない領域が増えるたびに、創作意欲という脳内物質をハッサンさせ、つたないながらも表現を繰り返すのが、若者の特権でもある。しかし、大抵の場合は黒歴史となり、つたなさはつたなさのまま潰えるものの、少なくとも、人生において創作した実感というものを得ることは大事であり、それまで脳内で使用していなかった部分に血流をめぐらせる快感は、その後の人生に大きく影響する。

何より、創作によって、自分の脳の働きをコントロールする術を身に付けることが、長い人生でとても重要になっていく。

しかし、それには限度というものがある。世の中には数百万人もの中高生が存在しており、それら全ての創作を受け入れる場所なんてものは世の中に存在せず、さらにはそのほとんど99%において、創作のやり方を知らず創作のテンプレート、様式に外れた表現でも創作は創作だとして気軽に気楽にページを保存。未熟さ、常識のなさを計らずも表現してしまう。その結果、その表現は創作足り得ないとされて数百万人分の1として静かに消えていくのが、全ての創作の場において、ある意味、夏休みの伝統儀式と化している。

そのため、この記事についても2016年7月25日に投稿された際は、単に「都城工業高等学校」という記事名とごくごく単純な高校内の内輪話、さらには書きかけで途中で放り出しただけの記事であったのだけれど、せっかくなので、宮崎県の一工業高校の記事に中高生でもマネできる創作の基礎をふんだんに詰めこむものである。

様式[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宮崎県立都城工業高等学校」の項目を執筆しています。

なお、インターネット上における表現、創作というものは日本中でそれが常識となって以降、未だ定形化されたもの、パターン化されたものは存在していない。しかし、Wikiを使ったシステム、それこそウィキペディアアンサイクロペディアチャクウィキといったサイトにおける創作、表現の様式というものはほぼ固まっており、どれぐらいの記事の分量が読みやすいか、さらには段落(改行)のつけ方、一般的な文章の構成、さらには、各種記事の題材におけるテンプレートもほぼ決まっている。

そのため、全ての創作の原点である読み手に合わせるということを考えれば、まずWikiのシステムとおおよそ5000バイトを目安とした文章の量、さらにはウィキペディアにおける各種記事のジャンルに沿ったテンプレート、すなわち学校紹介であれば歴史学科行事、さらには著名な出身者といった項目が必須となっている。これらは、創作においては大変に厳しい壁であるけれど、それらを乗り越えないとまたぞろ常識っぱずれの連中が沸いて出たと見なされるだけなので、少なくとも、創作をずっと楽しみたいのであれば、歯を食いしばってもテンプレート消化という壁を乗り越えないといけない。

歴史[編集]

伊東義祐弱すぎ。

なお、上記した信長の野望プレイヤーでなければ分らないネタは、あくまでも釣りで言うところのコマセであり、多くの人間が知っている話を差し挟むことで最初の興味を引っ掛けるためのルアーである。

というのも、実際の歴史において都城市は島津家の分家が代々治めていた土地で、宮崎県の弱小大名伊東家とはまったく関係ない地域である。むしろ都城市には伊藤家に攻められたのを撃退しまくった歴史が存在する。などという歴史好きでないと食いつかないネタを差し挟むことで、知識を欲する層にはそれなりに、裏切りを期待する連中には盛大に文章に食いつかせるのが、いわゆるテクニックというやつである。

ただし、これを創作初心者が夏休みの読書感想文でやると文学青年崩れの国語担当教師にハナであしらわれかねないので、あくまでも、創作を志した人間が最初の一歩で大事にすべきなのは文章の構成である。この記事で言うと、最初の概要から次の様式、歴史、沿革へとにつながる、読み手に合わせた意識の移動方法である。

長々とまったく本筋と関係ない話をされた後、いきなり分る人間にしか分らない短文を差し挟む。よくある、ありすぎる文学の手法である。

けれど、長い年月培われた文学には日本人の誰もがスラっと読める文章のテンプレートが存在している。そのため、読み手の脳内にある笑いへの期待、裏切りへの期待、常識や正義の期待、悪の期待などを汲み取ることで、少なくとも、最初の文章を読んだ後に、読み続けたいという意識を操作可能にするには、どうでもいい短文が重要であり、むしろそんなところにまたまた長文を差し挟んだら、一気に読み手の脳内に文章を読みたくなくなる物質をハッサンさせることも可能になる。もちろん、拒否感をかもし出すことがいい場合もあるけれど、少なくとも、一般的な文章の構成においては、まずは軽く、重く、軽く、重くの繰り返しが重要で、何よりも、読み手をリズムに乗せる。文章のテンプレートに乗せることを目的とした構成を心がけないといけない。

ちなみに、このような項目だけで軽く3000バイトすなわち原稿用紙2枚近い文章を読ませるには、最初に短文を差し挟まないと、多くの人間が一目画面を見ただけで離れる。離れたくなる。だからこそ、読み手の脳が一泊を置いた直後の文章、いわゆるツカミを意識して軽い何かを置かないといけない。

創作はあくまでも読む側に立って始めるものである。実際、この文章の立ち位置も、基本は創作に狂った少年少女への嫌がらせであり、こんな文章がインターネットにずっと残ることを学校関係者は苦しむがいい、というアンサイクロペディアあるあるであり、そこに小さじ一杯分の都城工業高校についてを混ぜ合わせることでこの記事全体が出来ている。

創作も料理もある程度の分量と使用法、さらには相手の脳内物質の量を計算しないと、読む側が文章の形をした書き手の未熟さにぶん殴られるだけである。

沿革[編集]

以下に、ウィキペディアにおける都城工業高校の記事からコピーしてきた沿革の項目から、創作につながる重要な部分をピックアップする。

とりあえず、すでにインターネットやアンサイクロペディア、さらにはラジオや雑誌などの投稿の時代において、日本における笑いの文化には、40年ほど工業高校とは男ばかりという伝統が存在している。そのため、Youtubeで聞ける40年前のラジオ放送の投稿コーナーの笑いとまったく同じ笑いを現代に残すことこそが、ある意味、分かりやすい笑いの創作方法の一つであるため、心を込めて1944年に開校し、その後に合併した都城女子商業学校に関する記述を消去する。

こういった日本の創作における男性重視女性軽視の流れは、いわゆる1960年代の劇画ブームが端緒となっており、1970年代からそれをちゃかした笑いが日本中を席巻。どおくまんプロによる嗚呼!!花の応援団タモリビートたけしらによる深夜放送などから、過剰な男子学生至上主義だからこそ笑える文化が数十年にわたって続くこととなる。そのため、絶対に都城工業高校の教師の方々やPTAの皆さん、OBの面々は嫌がるだろうけれども、女に餓えた工業高校生という創作における文化を以下に残すものである。

ぶっちゃけると、こういった形で持ち上げつつ説明しつつ読み応えもそれなりにまぶしつつでなければ、笑いに対するキチガイばかりのサイトにて40年前の笑いを提供する行為は受け入れられない。そもそも、創造とは他人の脳内に記憶されるからこそ勝利である。そのため、すでに一度勝利された話を臆面もなく持ってくればどういった結末をたどるか、だいたい想像がつく。表現とは何よりもまず、場を見る力を育てないといけない。その上で、その笑いを解体しどういった形で提供するか判断する力がないと、わちゃっと来てわちゃっと終わり、なんだったのか。というぐらい、意味をなさないまま終了する。

笑いとは、笑える話だけで出来ているわけではなく、笑える部分と、笑わせるために必要な部分で出来ている。この記事も、ようするに夏休みに入ってから高校生の創作とは名ばかりの活動が活発化、暴走化に巻き込まれ辟易し始めている場を読み、さらに稚拙というほとんどの場合笑えない要素を笑うために、笑い以外の部分を事細かにに用意し、着々と積み上げるものである。あわせて、こういった表現の方法は笑い以外でも感情を伴うほとんどの創作活動で活用することができるけれど、読み手の脳内が一般的とは言えない大学の論文については、場を読み時代を読み相手の脳の動きを把握するやり方はやめたほうがいい。積み上げられた知性により脳の動きが読めない相手をコントロールしようとしてもムリである。けれど、それ以外のだいたいの場合において、場を読み、空気を読み、相手の脳内を読むテクニックは創作時に有効に活用できる。

旧制工業学校時代
新制・都城都島高等学校時代
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革により都城市内の公立旧制中等教育学校2校が統合され、新制高等学校宮崎県立都城都島高等学校」が発足。
    • 60年間男ばかり
  • 2008年(平成20年)3月 - 体育館を改修。

コントロールの実例[編集]

以上の沿革の部分における笑いの少なさは誰でも分かる。読みづらい漢字だらけの文章に興味が持てない法律、まったく想像すらできない時代のどうでもいい話を書き連ねた中で、単に男ばかりと言われても、そんな文章で笑うのはそんな文章で笑える人間だけである。

しかし、文章においても笑いにおいても、面白くない文章や普通の文章こそが重要である。いつまでもどこまでも読み手の脳を笑いで染め上げるには、ベニタマゴテングタケかもしくはワライタケが必要になり、場合によっては生死に関わるため、笑える文章には、笑えない文章を差し挟むことこそが、少なくとも次の日を生きていくためには重要になる。さらに、悲しい詩や怒りの告発などでも、まったく脳内を働かせなくていい時間、すなわち、普通かつどうでもいい文章が大事になる。これは、人間と言うものはいい悪いを比較することが、一番分りやすく、楽であり、大脳を経由せずに小脳だけでものすごいスピードで判断力を働かせることが可能になるためで、この部分を突き詰めると、考える文章と考えなくていい文章を構成をもって組み合わせることが可能であることに気づく。てゆうか、創作の基礎、常識に当たる話だから気づきやがれ。

あわせて、普通かつどうでもよさそうな部分で、以降の文章につながる伏線を仕込むことこそが、文章の構成で人をひきつける、すなわち創作の基礎に当たるもう1つの部分である。

校訓[編集]

なぜ、宮崎県の一工業高校の学生が、高校の名誉に深く関わりかねないろくでもないサイトにわざわざ獲物を放り込んだか。それは、以下に記載する校訓に謎を解く手がかりがある。

自立・友愛・創造
つまるところ、人生で初めて創作を志した、いつか自立をしようという少年少女が、若者特有の友愛の世界観を持った状態でちょっとした文章をネットの海に投げ込んだら、10年近くにわたって夏休みにおける創作を知らない若者の創作意欲に辟易した人間が食いついた。
ということにする。
かわいそうに。
まこちがんたれな(本当にろくでもない)。
じゃっどん、こげーなはんかくせえあおくせえばかちゃけたはなし、まともにかんげーるからぐずらくせえべや。
しぇぎなこったらこそ、べいべんなついそうじゃ。
かもかもかも、べいべな。かもなわきだわあ。

都城工業高校出身の著名人[編集]

都城工業高校を笑える記事にするに当たり、工業高校という要素以外にも、実は重要な笑いの要素がある。それこそが、影のうっすい宮崎県という鉄板ネタであり、さらに、実は都城市が宮崎県で2番目に大きい市という、宮崎県民にとっては常識でかつ、全国の人間のほとんどが知りもしない宮崎県の内実という、奈良時代、平安時代から連綿と続く日本の笑いの文化、すなわち田舎ネタが都城工業高校には詰まっている。

その中でも、ウィキペディアにおける著名な出身者の項目は凄まじく、

大田原隆太(元プロ野球選手福岡ソフトバンクホークス)、黒原祐二(元プロ野球選手、西武ライオンズ)、南牟礼豊蔵(元プロ野球選手、阪神タイガース)、宮路一昭ギタリスト作曲家編曲家音楽プロデューサー)、津曲勝利(バレーボール選手、サントリーサンバーズ)、蕨野友也俳優)、中川カ?ル漫画家門松さおり歌手五位塚剛鹿児島県曽於市長)と、ウィキペディアからコピー&ペーストするだけで、実に簡単に日本全国から笑いを誘うことが可能である。

自虐を誘う笑いには、創作への意欲が詰まっている。恥ずかしさに起因する自分の殻を打ち破れるかどうかが、その後の人生を決める可能性すらある。問題は、自分どころか他人もしくは関係者にまでその影響が及ぶところであるけれど、そこでいかに人否人になるか、優しさを捨てるか、主犯格として先生に呼び出されたけれどもシラを切りとおすかが、創作の一歩目二歩目三歩目である。というのも、人に優しい笑いは笑えない。書き手の優しさは、えてして読む側の邪魔になる。だからこそ、都城工業高校卒業生には著名な人物がいないという話を正々堂々書かないといけない。読み手に合わせるというのはかくばかり厳しいものを要求される。

なお、都城市自体にはそのまんま東こと東国腹英夫氏や永瀬正敏氏、日本ハムファイターズ田中幸雄選手、何よりも柔道金メダリスト井上康生選手といった著名な人物が数多くいる。ただし、そのまんま東元宮崎県知事以外、ことさらに宮崎県出身、さらには都城市出身であることを公表している気がしないことも、正々堂々と書くものである。

添削[編集]

以上、長々と笑い及び創作に関するくっそどうでもいい論説を読んだ後、この記事における笑いの山場として、最初に投稿された文章を笑える文章にする行為すなわち、添削を執り行う。この項目を書くために、人否人だの伏線だの構成だのと決して笑えない話をこまごまと説明したわけだけれど、基本、嫌がらせとはそういうものである。

そして、インターネット上で人が嫌がることをすると、こういうことをされることもまた当たり前の話である。

学校説明・添削前[編集]

宮崎県立都城工業高等学校は工業系の高校である。略称は『都工』。6学科全日制。男女比が11;1と男子生徒が非常に多い学校である。 このように男子生徒が多いため、都工病(反対語は都商Magic)、真都工病がおこっている。各学科(インテを除く)に1人女子がいれば良い方。 瞬間的水はけが悪く、雨が降るとすぐに水没し水泳部がよく泳いでいたり教員がサーフィンしている。だが継続的水はけは意外とよくすぐに乾く。

学校説明・添削後[編集]

宮崎県立都城工業高等学校は工業系の高校である。略称は『都工』。学科及び課程については6学科全日制を採用その名が示すとおり、男女比が11;1(比較時にセミコロンは使わない)11:1と男子生徒が非常に多い学校である。
(改行)
このように相対的に男子生徒が多いため、地元では都工病(反対語は都商Magic)、真都工病がおこっている(こういった場合には発生しているが正しい)。そのため、都工における各学科(インテリア科を除く)には男30人強に対し1人女子がいれば良い方である
(改行)
宮崎県及び都城市、さらには都工の特徴として瞬間的水はけが悪く、雨が降るとすぐに水没し水泳部がよく泳いでいたり教員がサーフィンしている。だが継続的水はけは意外とよくすぐに乾くことも大きな特徴である

学科紹介・添削前[編集]

Quote1.png

・機械科 M 例年、倍率競争が高い学科。スポ薦が多いため偏差値が特別高いわけでは無い。主に旋盤での加工、鍛造など機械を使う。

・情報制御システム科 R 略称『制御科』。マイコンシーケンスを使ってのプログラムを作成。また、2年時より機械科の真似事をメインでやる。C言語もやるがこれは申し訳分程度。 主にオタクが集まっているが、アニメオタクにゲームオタク、ミリオタなど様々なジャンルのオタクが存在しており、真面目で普通の生徒も多い。この学科だけ課題が毎日、多い。大抵は6学科で1番偏差値が高いが別に課題のおかげでは無い。 制御科の生徒は毎日のようにアホみたいに課題をやらされ自由時間など全く無い。

・電気科 E 主にピカチューの10万ボルトに慣れる勉強をしている。国家試験も取れる。有名なこの学科の卒業生はポケモンのサトシ

・建設システム科 B 略称『建シ科』。なにかしらの建物w作っている学科。の割に都工の設備の修繕等は全く任されず業者にやらせる。比較的課題をが少ない。

・化学工業科 C 通称『化工科』。主に近くの川の水質検査をする。がそれはあくまで表向き。実際のところ薬品を精製、調合等なんでもし、金さえ払えば爆弾でもクスリでもなんでも作ってくれたりと影で暗躍している。校舎の何処かに秘密の研究ラボと実験室があるらしい。人体実験、爆破実験などやっているらしいが謎が多い。都工七不思議の1つ。

・インテリア科 D(I) 通称『インテ』。主に木材加工をする。6学科で唯一女子が半分を占める学科。尚、インテの男子は尻に敷かれ弁当は女子が机男子が床で食べる事もしばしばあり。

Quote2.png

学科紹介・添削後[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)