宮崎市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宮崎市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「宮崎市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「宮崎市」の項目を執筆しています。

宮崎市(みやざきし)は、宮崎県の県庁所在地であり、南九州熊本県を除く)第二の都市である。

概要[編集]

宮崎県の県都であるが、九州各県の県都のなかで佐賀市に次いで人口の少ない都市である。都城市延岡市より人口が少ない時期があり、両市の力が強いこともあって宮崎市の影は薄かった。しかし人口は徐々に増加しており、年間商品販売額では卸売・小売共に斜陽都市の長崎市に圧勝するなど、宮崎の夜明けは近い。

宮崎神宮が鎮座する大宮地区は神武様のお膝元であり、神風に護られた聖地である。そのため宮崎は台風の通り道として例年大いに賑わっている。平和台公園の「八紘一宇の塔」は宮崎の象徴となっているが、あろうことか一時は占領軍によってロッククライミングの練習場にされていた。この屈辱の歴史を忘れてはならないだろう。

なかなか執筆されなかった宮崎市[編集]

この項目「宮崎市」は、アンサイクロペディアにおいて2008年になっても赤リンクのままの状態であり、同年9月18日Portal:都市/依頼等に執筆依頼が出されたものの、その後1年経っても執筆者が現れることはなく、誰も気にしない存在であった。

そのため、執筆依頼から2年後にあたる2010年9月18日には、宮崎市の項目が依然として未作成であることが、宮崎ニコニコ新聞によって大々的に取り上げられたが、明らかに無内容な一行記事が執筆されたことで宮崎市は即時削除の憂き目に遭い、バ科ニュースが逆に悪戯を誘発してしまう結果となった。

そして、執筆が依頼されてから3年が経過した2011年9月18日に、ある宮崎市とは縁もゆかりもない筆者によって本稿の初版が作成され、晴れて47都道府県庁所在地の記事が出揃うこととなった。

地理[編集]

九州の東南部に位置しており、宮崎は南九州であると同時に東九州でもあるが、九州は西海道とも称することから西を尊び東を蔑む傾向にあり、交通の不便な東九州は裏九州などと呼ばれ虐げられてきた。

太陽の昇る聖なる方角であり、東に海を望む宮崎は伊勢鹿島と比肩する聖地であり、日向灘は「の水浴場」とも「の洗濯場」とも呼ばれている。

神の水浴場[編集]

黄泉から帰還した伊邪那岐尊を行った「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」は、現在の宮崎市阿波岐原町にあたる。宮崎は天照大御神月読尊素戔嗚尊の三貴子が生まれた聖地であり、宮崎はもっと有名になって然るべきである。なお、宮崎の名の由来となったのは宮崎神宮ではなく阿波岐原にある江田神社である。

鬼の洗濯場[編集]

宮崎市南部の聖地である青島には、「鬼の洗濯板」と呼ばれる岩があり、大分県別府方面からたくさんの洗濯をするためはるばる青島にやって来ることで知られている。一昔前(昭和の中頃)の新婚旅行地として有名であり、観光客という名の鬼によって聖地が荒らされることが問題となっていたが、近年沖縄海外に客をとられており、新たな社会問題となっている。

歴史[編集]

日向国の中心地は、現在の西都市妻地区であり、日向国一宮は宮崎神宮ではなく、都農町にある都農神社である。宮崎が日向国の中心地となるのは、明治時代を待たねばならなかった。市制施行は大正時代になってからで、全国の道府県庁所在地では二番目に遅かった[1]。九州では県庁所在地ではない久留米市よりも遅かったというから、宮崎市は遅咲きの都市であるといえるだろう。

宮崎市の中心街は明治時代になるまで寒村であったため、大した歴史もないと考えられているが、大宮地区には神武天皇の皇居跡があり、赤江地区は室町時代から港町として栄えていることから、これはとんでもない誤解であるとわかる。

観光[編集]

気候は温暖であり、海外に行かずとも手軽に南国気分を味わえると好評である。宮崎県は独自の日向時間を採用しているので時差ボケに注意する必要がある。

シーガイア[編集]

シーガイア総合保養地域整備法(リゾート法)に基づいて建設されたリゾート施設であり、宮崎の新名所となっている。リゾート法は、過度な財政負荷がかかるリゾート開発によって日本の国力が弱まるように仕向けた米国の謀略と圧力によって制定されたものである。そうとも知らずに建設されたシーガイアは大赤字となったが、規模を縮小することによって経営はなんとか持ち直しつつある。

交通[編集]

そもそも宮崎という田舎に交通網があるということを知られていないのが実態である。 宮崎県の交通の中心となっているが、辺境地である宮崎県の鉄道はすべて単線、道路改良率は全国最低であり、これが宮崎市の発展を阻んできたことは否めない。宮崎空港が設置されていることから、陸路より空路が発達している。 宮崎人は県民の自動車平均保有台数が全国一位と聞くと狂喜乱舞するが、これが何を意味するかつっこんではいけない。

高速[編集]

ついに宮崎~延岡間が2014年3月16日に完成。片側1車線だけどな!

空港[編集]

市街地に近くアクセスが良好なため利用者数は全国13位とかなり健闘している。その為、隣県よりも東名阪もとい福岡の方が早く行ける。 修羅の国では空港が中心街に近いせいで高層建造物が建てられないという問題を抱えてるが、宮崎には何の関係もなかった。

鉄道[編集]

東九州の幹線である日豊本線青島に至る観光路線である日南線、市内と宮崎空港を結ぶ宮崎空港線が通じている。3路線が乗り入れる宮崎駅は宮崎県の代表駅であるが、その乗車人員は47都道府県庁所在地の中心駅のなかで最下位[2]であることから、あまりにも頼りない駅として知られている。2009年にデビューしたSUGOCAの導入も遅かった(2015年)。

バス[編集]

最後の頼みの綱の路線バスも、2004年にJR九州バスが撤退し、現在宮崎交通1社のみ奮闘中である。

脚注[編集]

  1. ^ 全国の道府県庁所在地で一番市制施行が遅かったのは浦和市(現在のさいたま市)である。
  2. ^ 山口市の中心駅を新山口駅ではなく山口駅とした場合、宮崎駅は46位に浮上する。

関連項目[編集]

この項目「宮崎市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)