宮崎吾朗

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
このページの項目名には呪われた機種依存文字があるため、仮名・略字または代用文字を用いて封印しています。本来の表記は「宮﨑吾朗」です。
一度でもこの表記を使ったものには「正確な表記」の呪いが刻まれ、終わりなき訂正活動に手を出してその身を滅ぼすであろう。
「気持ちで映画を作っちゃいけない」
宮崎吾朗 について、宮崎駿
うほっ いい男
「正直、失敗だったね」
宮崎吾朗 について、鈴木敏夫

宮崎吾朗(みやざき ごくつぶしろう)とは、日本のデザイナー、映画監督である。

概要[編集]

1967年誕生。埼玉県立トトロ左派高等学校を経て、信州大学農学部を卒業。造園デザイナーとして活躍。ジブリ美術館の総合デザインを手がけ、賞を受けるなどその分野では評価されていた。また、押井守との交流も深く、自分の親よりも彼の作品を賞賛するという親不孝者である

その後、「自分はアニメもいける」と思い始め、プロデューサーの鈴木と結託し、前述の美術館での成功を理由に「ゲド戦記」の企画に参加。駿が忙しくて年寄りなのをいいことに、いつしか自身を中心に話を進めていく。

ゲド戦記[編集]

2006年7月に劇場公開。ジブリブランドという事もあって興行成績は76.5億円、観客動員数は588万人とそれなりの成功を収めているが、映画の内容に関しては、各方面から批判非難の声が多々見受けられた。以下、その点を詳述する。

評価[編集]

国内においては、興行成績とは対照的に、2006年度の最低映画との厳しい評論を、別々の映画誌から受けている。おすぎからは「ゴミみたい」「素人みたいなアニメーション」「時間の無駄」との酷評ぶり。それに加え、「映画芸術2006年ワーストテン第1位」「第3回文春きいちご賞」「第3回蛇いちご賞」などの不名誉な賞まで受賞してしまった。 ちなみにあの映画もそういった賞を総なめにしており、世間的にはあの映画と同格かそれ以上との評価を受けている。               ※ちなみにパパのあの映画も実は入賞している。

海外では、宮崎駿の息子という事で、ベネチア国際映画祭に招待され、現地で上映された。意外にも観客の反応は良く、会場は満席になり、上映終了後はスタンディングオベーションを受けるなど、好評を博したかに見えたが、現地の新聞からは日本と同じ最低ランクの評価を受け、ジブリの顔に泥を塗る結果になってしまった。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
  • 監督の一人芝居」……擬古猫

独創的な試みとしてセルフパロディが演出として用いられているが、クライマックスシーンでセルフパロディはダメだと思います。クライマックスシーンは斬新な演出をすべきであり、それが見せたいがために作品を作るのであろうから、ここは方法論の違いではなく絶対的な真理としての模索が考えられる。ま、出来ちゃったものはしょうがないが、その次の観客動員数で結果が示された。時間の制約についての逃げの手ではありますが、その逃げの手の処理の仕方が大根電影は美味しい。つまり、この技法まで習作でありなかなか評価が分かれる。これを遺憾に思った「宮崎駿」の言葉です。「腐ってやがる、早すぎたんだ」を実証した。んなこたないです。谷山浩子どマイナーな理由(だが好きだ)と通じますよ? 見方によってはかなりの名作です。ダメ人間を見事に描ききった快作。

「テルーの唄」に込められた想い[編集]

「映画監督」としては、低評価の吾朗氏だが、「テルーの唄」の作詞も手掛けており、こちらは受けが良い。萩原朔太郎の「こころ」をパクっているとの声もあるが、正直そんなことはどうでも良い。

この歌が好評な理由は「こころを何にたとえよう」という詩が、曲とあわせて歌うと「オナニーに例えよう」「心をナニに例えよう」といった部類の空耳に聞こえる事である。 これは吾朗氏が意図した結果であり、偶然ではない。何故なら「ゲド戦記」は、現代社会を念頭に制作されており、希望を失った人々が描かれている。そこに彼の「人生とは所詮、オナニーである」といった、奔放な人生哲学を詩に込めて、観客に対するメッセージとしている。本編がグダグダな出来だったおかげで、歌に多くの目が行き、結果、彼の教えに辿り着く。

本人は、「全て計算どおり」としている。

今後について[編集]

次回作について問われると、「みなさんに喜んでいただいていて良かった。今はウチのパパ(宮崎駿監督)が作っているので、私の次作があるとすれば4年後。次のワールドカップ開催の年に公開出来るよう頑張ります」と監督続投宣言をした。


……だめだこいつはやくなんとかしないと


しかしそんな浅はかな夢もことごとく防がれた。

しかし、世間が忘れかけようとした2010年末ジブリ制作の「コクリコ坂から」の監督を「俺にさせないなら海老蔵になってやる」とパパに迫り、なんとか監督を再び任されることとなった。駿も親ばかだな・・・

しかししかし、その「コクリコ坂から」が2012の日本アカデミー賞最優秀アニメーションに選ばれる。吾朗ちゃんも成長したものである。

しかしその好評価は団塊に限るものだった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宮崎吾朗」の項目を執筆しています。