宮古島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宮古島」の項目を執筆しています。

宮古島 (みやこじま) は日本の南東にあり沖縄県に属する小さな島である。

概略[編集]

島の形状がΔ(でるた)の形をしており魔の三角島と呼ばれており、琉球帝国の独立宣言後、重要な基地の一翼を担っており、生きて出られたものがいないためその存在自体が謎に包まれている。沖縄独立後は宮古島内で紛争が多発し、ぼうちら派や、あららがま派、ずみ派など三つの党派が今もなお交戦を続けている。

また、人口がわずかに5万人ほどしかいない小さな島ではあるが、その住民の殆どが殺人拳や空手の達人かヤクザであり毎年行われるトライアスロンでは数万人の死傷者を出しており問題となっている。

なお、大阪民国都島と言う地名があるが、一切関係ない。

島民[編集]

  • 基本的に島の外の人間が嫌い。近年は観光や移住で訪れるナイチャーに殺意を抱く者が多い。
  • 島のおじぃをからかったナイチャー2人がその日の夜に死体で見つかる。観光の際は注意すること。
  • 石垣島出身者を自分達よりも下だと思っている。そのため、八重山商工が甲子園に出場した際は誰一人、応援する事はなかった。
  • スーパーとコンビニと個人経営の商店の違いがわからない。
  • ドップラー効果を思いっきり無視する傾向がある。
  • アホみたいに土建業者が多い。そのため、築5~7年で壊される建物は非常に多い。
  • 沖縄本島の人間に弱い上、島の外に出ただけでも弱体化する。
  • エコアイランド宣言をしているが、アイドリングとポイ捨ては当たり前。
  • 思想が大日本帝国時代からストップしたまま。従って、基本的人権などの概念がない。
  • 基本的に閉鎖的な考えの人間が多く、観光客に「何しにここに来たか?」と訊く。
  • お酒が大好き。飲酒運転と人に絡むのは日常茶飯事。
  • カメラを向けると頼んでもないのに海に飛び込んだりしてくれる。

近況[編集]

最近になって、某密着ボディスーツパンチラアニメの影響ですぐそばの島がオタクの聖地になったといわれているが、そもそも作中で示されているとおり昔から肛腔航空マニアの間では有名であった。

この島に関係ないじゃないか、と言われそうだがその島の空港には民間機が発着していないので、結局この島の空港を使うことになるから関係あるんだよっ、文句あっか!!

最近は環境問題が発展しているためか、三つの党派が交戦を一時中断し、エコアイランド宣言をした。エコアイランドの発展のため下地島のオタクどもを一人残らず抹殺したと言われている。

2010年に島田紳助によって植民地化。民宿村人夢来人をオープンさせるが、あるある探検隊が島内で問題を起こしまくって、翌年には更迭人事異動。代わりにオバマがやってくる。 宮古島は「宮古島村」ではなく「宮古島市」であるが、島民の気質は内地の村人と大して変わらない。

宮古島まもる君という人形(モビルスーツ)が2000年代から設置されるが、現在では単なる観光用のオブジェ。さらに宮古島まもる君の妹が登場したが、どう見てもダッチワイフ大野君、夜のお供にどう?

関連項目[編集]