宦官

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宦官」の項目を執筆しています。

宦官(かんがん)とは、かつて日本を除く世界中(主に中国)に存在していた究極のマゾヒストの一種である。

概要[編集]

後宮(ハーレム)でのお世話係や、皇帝のお世話係というのが本来の宦官であったが、政治を牛耳る者もいた。まず宦官は去勢された元男性でなければならない。国によってはを取るだけで済んでいたが、中国の場合は、金玉どころか竿をも切り取らなければならなかった。なる者は、刑罰として息子を切り取られた者もいれば、自ら志願して病院で切り取ってもらうものもいた。
宦官は普通は多くても数千人ほどで、明代にはTVアニメ『らんま1/2(早乙女乱馬)』の人気で切り取らない方法が爆発的に増え、約10万人に膨れ上がった。 雑誌「プレイボーズ」によると、1612年に政府が宦官の補欠3000人を募集したところ、応募者が2万人に達したため、「3000人だって十分に多いのに、補欠ってレベルじゃねぇぞ!!」と名言が残されている。
後述する通り出世しないとNice boat.されるため、否が応でも出世欲が凄くなった。
彼(彼女?)らの一生は恥辱を快感に変えて生きていた。先輩にいぢめられても快感にしていたが、息子を切り取られても性欲が無くなる訳でなく、張形で後宮の女性と交わり弄くり回して性欲を発散させ、イく時は興奮が高まって汗が潮吹きしたと言われている。その様を目撃した者は「変態そのものである」と至極真っ当な感想を漏らしたという。また、張形は切除されなかった己の前立腺を刺ぴーする為に用いたとも言われている。
因みに現代日本も事実そうではないかと言ってしまうとに拠って粛清されましたとなるので、要注意。
なお、以下では主に中国の宦官について記述する。

宦官の一生[編集]

ステップ1・去勢[編集]

刑罰で去勢された者は、チンポを切り取られる痛みでMに目覚めて宦官に志願する。自ら志願する者は、政府公認のチン切り専門の病院「小廠(チャンツ)」にて去勢を受ける。そこで「刀子匠(タオツチャン=切り師)」が現在の3万円相当の手術費で去勢手術を請け負っていた。そこで麻酔無しでチンポを切り取られて一生に一度の強烈な苦痛快感を味わう。その後、尿道をふさがれ、傷口は濡らした紙で覆われ、3日3晩何も食べられないという断食プレイを味わう。更に立ち上がるまで2ヶ月間は拘束プレイを受ける。そして晴れて退院するも、家族からは勘当されてるので、注意されたし。

ステップ2・志願[編集]

切り取った息子を見せなければならない。この恥ずかしさが快感だそうだ。

ステップ3・宦官になる[編集]

なりたてのころは、先輩の陰湿なイジメを快楽に変えて耐え忍ぶ。宦官の世界は絶対的な階級社会であり、ひとつ階級が違えばいぢめられなければならない。そして後輩を持ったら、Sにもなれる

ステップ4・その後[編集]

皇帝に気に入られたらうまく行けば政治を牛耳られるが、残虐な政治を行い殺された者が多い。そういった宦官の大抵はそのドキドキ感をも快感に変えているのでどうしようもないマゾッぷりであったという。そこまで昇進できる者はごく一部で、その他の宦官は永久に奴隷プレイを受け、病気になったりして役立たずになったら、放置プレイを受けて捨てられる。その後は、ホームレスになってのたれ死ぬのがオチである。

ステップ5・最期[編集]

放置プレイを受けた下級宦官はホームレスとなり、道ばたでのたれ死ぬ。棺桶に切り取った息子も納めなければ、せん馬(金玉を抜かれた馬)に生まれ変わる。

有名な宦官の一覧[編集]

ロクな奴がいないようだが気のせいである。

趙高
始皇帝が死んだ後に馬鹿な暴力二男を皇帝にし裏の権力者になり、阿呆と馬鹿の語源を作る。暴力二男に責任取らせて殺したら、そいつの親戚に復讐された。
蔡倫
シャクな話だが現在使われている紙を発明したのはこいつである。
司馬遷
敵に投降した仲間をかばって、チンポを切り取られた恨みを史記に書きためる
黄皓
蜀を滅ぼした原因となったので、息子に次いで首を切り取られた
鄭和
元々イスラム教の国の人間だったが、明軍に拉致られて息子を切り取られた。何故か皇帝に命ぜられて大船団を率いて大航海に何度か繰り出していたようだ。

関連項目[編集]

この項目「宦官」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)