宜野湾市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宜野湾市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「宜野湾市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「宜野湾市」の項目を執筆しています。

宜野湾市(ぎのわんし)は、沖縄本島の那覇市から北東約10kmに位置する総面積19.68km²の街で、反戦病患者の聖地である。

エピソード[編集]

2007年10月7日に宜野湾海浜公園で行われたエクストリーム人口密集において、1,588,000㎡の面積に約110,000人もの人達が詰め寄せた。ただし、右傾化空気の中で足を運べなかった参加者のサイレントマジョリティを考慮に入れれば実際の参加者は100万人を超えていたのではないかと噂されている。

なお、人口密集地として定評のある東京都中野区が1km²あたり約2万人程度であることから、当日の会場周辺の人口密度はその約200倍から2000倍以上にまで膨れ上がったと推測される。これは1㎡から10c㎡あたりに4人というエクストリームトレインサーフィン顔負けの密度である

しかし、一時は2001年に兵庫県明石市で行われた同エクストリームスポーツ大会記録を上回ったものの、実際の参加者が11万人ではなくII万人(2万人)程度だったものをアサヒったことが明らかとなった。

これに対して参加者達は「仮に2万人だったとして何がいけないんですかねぇ」「人数の問題ではない」「アタシ、もうアベしちゃおうかな」などとふざけとコメントをしたことから、業界全体に波紋を広げている。

関連項目[編集]


この項目「宜野湾市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)