宍粟市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宍粟市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「宍粟市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「宍粟市」の項目を執筆しています。

宍粟市とは、兵庫県西部に位置する人口4万人の小都市である。残念ながら、千葉県匝瑳市ほどの破壊力はない。

なお、難読市名の常として、ぱっと見、宍+クリに見えるが、正確には宍+アワであるため、他県民は注意が必要である。併せて、の字をどう読めばいいかは、宍戸錠を参照のこと。親父のほうが分からないというなら、宍戸開を参照のこと。それすら分からなかったのなら、諦めろ

概要[編集]

宍粟市は2005年に行われた平成の大合併によって、宍粟郡に所属していた4つの町が合併して誕生した。そのため、2009年現在でも、パソコンの漢字変換に対応しきれていないのが現状である。もっとも、読めないし書けない匝瑳市ほど極悪ではない。ただし、合併する際の新市名として「宍禾市」という表記も候補に挙がっていたため、もしこちらが採用されていたら、現在の日本難読市名に2つのトップが存在していたことになる。実に惜しかった

名前の由来[編集]

ウィキペディアによると、宍粟という名前の由来は、当初、市内にある地名「鹿沢」を「ししさわ」と読んだことに由来する。それが、どうにかこうにかあいなった結果、宍粟になるのだから、日本語の乱れは大昔から続いたということである。

宍粟市の思想史[編集]

江戸時代初期の儒学者山崎闇斎の祖父は、宍粟市出身である。なぜこのようなほとんど縁もゆかりもない人物をわざわざウィキペディアの宍粟市の項目に掲載しているかといえば、まぁ、ウィキペディアの中にもシャレの分かる人間がいたということである。

教育[編集]

宍粟市立道谷小学校[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宍粟市立道谷小学校」の項目を執筆しています。

2009年3月現在、児童数16人の山間の学校。所在地が、中国自動車道山崎インターチェンジから車で50分という部分ですでにおいしい。むしろ、神戸市のほうが近いという気がしなくもない。なお、児童数16人のうち、6人が山村留学生である。

山村の小学校でありながらウィキペディアに記事を掲載するその心意気は大変素晴らしい

産業[編集]

宍粟市の主要な産業は林業である。

市経済の展望について一切質問は受け付けない。

交通[編集]

宍粟市内には、中国自動車道が通り、近畿経済圏の主要都市である神戸市と直通して、しかも86キロしか離れていない。そのため、現在、神戸市に向けて人口の流出が加速している。しかし、その中国自動車道が宍粟市にとっての命綱であることに代わりはなく、現在、市内のパーキングエリアを中心に、大型店舗が続々と進出している。 現在、三宮まで神姫バス(子会社のウェスト神姫)がバスを走らせており、このバスに乗って都市部へ亡命する人が多発している。

しかし、残念なことに、市内(旧町内)を走らせる予定であった電化されていないが結構長距離を走る単線が通るのを旧町民が拒み続けたため、鉄道という亡命手段は市民に無い。

関連項目[編集]