完成

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

完成(かんせい)とは、限界を正当化することである。

類義語[編集]

類義語として完璧完全がある。

具体例[編集]

黙示録。アポカリプスは「この世の完成」である。

反対語[編集]

未完不完全が反対語だと、人間達が勝手に言っている。

似たようで似ていない言葉[編集]

成熟円熟。これらは完成と似ているが似ていない。ちなみに「君は僕に似ている」という歌があったが、その歌がEDテーマとして使われたアニメ主人公は、少なくとも本人、その作者、その信者達は「完成された人間」だと思い込んでいたようだ。そして、彼が反感を買うのは、不完全な奴らの僻みだと勝手に解釈していた。

なおこの完全なように見える主人公は最近になって別の存在として焼直されたお兄様は完全です!

こいつらはある意味完成されたキャラクターである。

……え、この記事これで終わりなの?短くね?NRV対象だよ?[編集]

この記事はこれで完成されています。これ以上延ばすのは蛇足です。物足りないように見えるのはあなたの目が節穴だからです。

……もっと分かりやすく言いましょう。1リットルしか入らない容器に、あなたは1リットルを超す水を入れようとしているのですよ。如何にそれが馬鹿なことか分かるでしょう。

分かったらこの記事に赤いシールを張るのはやめなさい。