安重根

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

安 重根(やす しげね)とは「はんにんは ヤス だ」の名言で知られるポートピア連続殺人事件の真犯人とされる人物。「連続殺人」とあるが実際は誰も殺さずに終わっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安重根」の項目を執筆しています。

概要[編集]

彼女を伊藤博文寝取られた事から彼に対して殺意を抱いていた。だが、松永久秀が彼になりすまして伊藤博文当人を暗殺してしまったことにより殺人犯として逮捕。関係者諸共処刑された。しかし、その魂は死霊となって世の中をさまようことになる。

逃避行[編集]

しかし事実を見抜いていた古畑任三郎においかけられる。ヤスは事実博文を直接殺したわけではなかったから「俺無罪ですよ!」と主張したが、古畑が「自白しないんなら力ずくで吐かせますよ」と言って、名探偵コナンを呼び月曜7時から土曜夕方6時に移しますよと恐喝。こまったヤスだがアリバイが成立しているので、これを証拠としてあくまでも身の潔白を主張。これにはさすがにコナン君も古畑さんも困ってしまい、ロサンゼルス市警察に刑事コロンボ氏の派遣を要請するも、ヤスを逮捕することは出来なかった。意地になった当局は、恐山イタコを利用して銭形平次の霊を召還するがこれも失敗。そんな間に当のヤスは蒸発して消え果てた。しかし、古畑やコナン君と打ち上げパーティーを行っているのを目撃したとの証言があるが、これはデマである。

ドラマ化[編集]

テレビドラマ[編集]

安重根(ヤス)の生涯はあまり知られていなかったが、テレビドラマ化(当初全26話)されてからは広く知られるようになった。ドラマではヤスを追いかける日本の警察当局や、警察が次々に投入する名探偵や刑事との対決で毎回緊張感ある展開となり、特に時刻表トリックによりヤスのアリバイを崩そうとした十津川警部との対決の回は最高視聴率は86.4%を記録している。その視聴率の高さは「安重根の時間になると、銭湯から人がいなくなる」と言われたほどである。

ファミコンソフト[編集]

安重根(ヤス)のドラマは「ポートピア連続殺人事件」のタイトルでファミコンソフトとして発売されている。シナリオに一部改変があり、物語の主な舞台はソウルからポートピアこと仁川市に変更されている。これは仁川市観光局の要請による企画である。

朝鮮半島[編集]

安重根(ヤス)のドラマは韓国では非常に高い視聴率だったが、北朝鮮では馬鹿な奴だと散々こき下ろされ史上稀に見る低視聴率を記録した。

生まれ変わる[編集]

安重根が処刑されてから59年後、ナベアツとして生まれ変わった。前世については16歳の時に、日本史の資料集に掲載されていた前世の安重根の写真を見た瞬間、記憶が鮮明に蘇えったという。その翌日彼は、教科書で大日本帝国が韓国併合(1910年)を行っていたことを知り反日感情を再び抱き始め、日本史の授業中教師が韓国併合について説明するとそれを阻止するために次の適当な言葉を発したという

3倍数と3が付く数字のときだけアホになります

これは後に世界から称賛をうけることになったナベアツの代表的なネタである。適当な言葉で発してできたものらしいが、ある人は、以下の説を主張する。

風刺説[編集]

「3」の倍数、または「3」が付く数字の時だけあほになるという設定は、前世・安重根の死没が1910年3月であり、死去した年齢30歳から由来しており、「安重根は1910年の3月に日本人によって殺されて30歳しか生きられなかった」という意味が込められている、また「アホになる」際の顔芸についてだが、アホな顔の作り方は「自分の耳に噛み付くイメージ」というのは、韓国が日本によって植民地にされたことについての日本国民に対する怒りをさとられないようわざとユーモラスに表しているなどという説。

世界のナベアツ[編集]

詳細は世界のナベアツを参照。


この項目「安重根」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)

関連項目[編集]