安室奈美恵

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
未完
この作品「安室奈美恵」は、まだ完結していません。頭のカタイひとたちは内容がまとまってから書けとか言うでしょうが、ここはアンサイクロペディアです。足りない部分はで補い、完璧な記事に仕上げてください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安室奈美恵」の項目を執筆しています。

安室 奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日 - )とは、腰を振り続ける事が生きがいの腰振り人間である。フリフリの実の能力者であり、ボア・ハンコックの貧乳版と言われている。腰振りダンスの世界的権威である。 所属事務所はstella88。レーベルはDimension Point。

超人的な腰振り[編集]

なんと安室は、秒速129.3万回も腰を振ることができる腰振りの達人。

彼女がフリフリの実を食してしまったのは小学五年生の時のこと。芸能学校の校長によって安室は能力を手に入れてしまった。

腰を1回振ることにより200万人をフルボッキさせ撃チンさせることができ、さらに貧乳フェチは胸を見ただけで死亡する。

世界最強のちっぱいとの異名を持ち、バツイチ。

半生[編集]

沖縄県那覇市に3人兄弟の末っ子として生まれ、1992年沖縄アクターズスクールの校長にイヤらしくスカウトされる。安室は母親と相談し、授業料が体で払えないという理由で一度は入校を断念するも、校長側が体で払ったことにより、AV女優としてデビューする。この時に校長に何らかの理由でフリフリの実を無理やり食され、常に秒速129.3万回も腰を振らなければならなくなってしまう体に。そのためアーン♥♥の撮影の際は大変なことになり、相手はもちろん、スタッフにまで死人が出るという事態となり、 それ以降は女優を目指す、が結局歌手になろうとする。

その後、常に高速で腰を振っていること以外まともな安室は、1992年の春に芸能活動を開始。牧野アンナらとスーパーモンキーズとしてシングル「恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.」でデビューした。なお、常に腰を振っているため、ヒット作には恵まれずにいた。1993年の大晦日に森口博子の後ろで超人的な腰ふりダンスを披露したが、誰にも気付かれなかった。ウリナラテレビ某番組に出演してから人気が出始め、1995年、ついにシングル「太陽のSEASON」でソロデビューを果たし、NHK紅白歌合戦に出場する。安室の光速腰振りダンスで、男たちの息子を魅了した。1996年には「アムラー」という流行語を生みだし、人々は安室のように高速で腰を振ることに挑戦した。

1996年には通称「ぐっさん」と映画共演を果たしている。「ぐっさん」と言っても平畠啓史を置き去りにして自分一人で目立っている芸人じゃなくてまた別の「ぐっさん」だからその辺要注意な。

その後は大して流行はしなかったが、慈善活動のために合計で7200万円を寄付したり、叔父に母親を殺されても歌手活動を続けたりと、いろいろと偉い。常に高速で腰を振っていること以外は

つい最近、CUVILADYを破壊させた。

2017年9月、一年後の引退を表明。

なぜ彼女は腰を振り続けるのか、[編集]

なぜ彼女は腰を振り続けるのか、それは、フリフリの実を食したからか?否、

そこに腰があるからだ。

いうまでも無いが彼女が高速で腰を振る限り彼女の腰に近づくことはできない。オティンポコもろともふっとばされてしまうからだ。

彼女の最高速の腰の振りを肉眼で捉えることは不可能である。

最近出した曲[編集]

FAST CAR
バックで安室の喘ぎ声を聞ける。
SEXY GIRL
腰の振りがマジでやばい ハァハァ(*´ω`)
タンメン伸びろ

その他の曲はもうテキトーにウィキペディアでも見てください。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で腰に吹っ飛ばされてしまいました。
あとは適当に頑張ってください。(Portal:スタブ)

フリフリの実による必殺技[編集]

安室はフリフリの実の能力を手に入れたことにより数々の必殺技を繰り出すことができるようになった。 ここではその中のほんの一部を紹介しよう。

フリフリの愛的腰振(セクシーダンス)
肉眼で捉えきれない腰ふりを低速にして肉眼で捉えられる速さにし、相手の性癖、性欲を崩壊させ、撃沈させる技。一般人から見たら何が何だか分からない。安室のPVでは常に使用している。

見ての通り腰を振りすぎている。ただでさえ早すぎる腰振りだが実際はこの70倍くらいの速度で振っている。ただでも最高速に比べれば遅くしているため、肉眼ではとらえることができる。一応記述しておくがこの技を使うことは能力者でない私達にとっては最高速より楽なのではないか、いつも使っとけばいいのにという疑問がわくかもしれないが、フリフリ人間になってしまった安室にとって腰を最高速で振らないことは息を止めるくらい苦しいことであり、腰を振っているのがまるわかりだとどう見ても変人なため彼女は常に最高速で腰を振っているのだ。お分かり?

フリフリの銃(ピストル)
自分の腰を振りながら自らの愛液を飛ばし続けるものすごく過激な技。なお腰を振る速度が速すぎるためもし当たった場合コンクリートさえ粉々に砕けてしまう。
フリフリの過激銃(ジェットピストル)
フリフリの銃の液体の量がもっと多くなったver。アカン方向に興奮すると本人の意思に関わらず出てしまう。
フリフリの剛速球(スーパーボール)
最高速で振られた腰に硬式野球ボールをぶつけ相手の顔面に命中させ、相手の首もろとも吹っ飛んでしまう恐ろしい技。この技はフルボッキしたティンポコでガードすることができる。
フリフリの奇跡球(ミラクルボール)
フリフリの剛速球のボールを肛門に突っ込ませ、中の内臓を破壊する恐ろしい技。
フリフリの超大美尻(ダイナミックビューティフルヒップ)
動き自体はフリフリの愛的腰振と一緒だが、自らのケツを強調させて腰を振ることによりインパクトが5倍~10倍倍増する。なお安室の尻は技名ほどデカくはないので期待しないように。

安室奈美恵が腰を振り続ける事に関して[編集]

「奈美恵!お前は当分デイリー禁止だ!」
安室奈美恵 について、磯野波平
「はっきりしろ、大カス!!」
安室奈美恵 について、エイベックス
死ねばいいのに!」
安室奈美恵 について、AKB48
「帰っていいよ!お前、不合格だ!」
安室奈美恵 について、佐野実
「ホームラン級の大バカだな!」
安室奈美恵 について、大和龍門
「ソビエトロシアでは、腰が安室奈美恵を振る!!」
安室奈美恵 について、ソ連
「魔性です」
安室奈美恵 について、川島明麒麟
「5000万分の1の凄いダンス」
安室奈美恵 について、哀川翔
「安室のダンスはK-POPよりエロい」
安室奈美恵 について、加藤哲郎

影響[編集]

KARAのあのダンスはメンバーのク・ハラが安室に似ていて、他のメンバーも安室に近づこうと希望していたからだとか…。

エッ、何?ハラに似ているのは安室よりもむしろ、アキバ発の女吸血鬼だって?

しかし、現にハラは「韓国の安室奈美恵」だって…。エッ、何?それは大人の事情ってか?

エッ、何?やっぱり安室にも似てるって?どっちなのかハッキリしてくれぇーーーー!!!

ハラは韓国に於いて、某焼酎のCMで密かに4minuteのキム・ヒョナやsisterのヒョリンと共謀して安室に対して下克上を起こしていた。

と思ったら、この事実は韓国では別の意味の大人の事情で潰されてしまった…。

最近はKARA自体が韓国の大人の事情で…、って誰か来るぞ!

影響に対する反響[編集]

「ハッ!ハッ!下克上!下克上!ハッ!
安室のダンスにビビってんじゃねーぞ!ハッ!
己との戦いだ!ハッ!
腰振れ、振れ!ハッ!」
ク・ハラ、キム・ヒョナ、ヒョリン について、市原隼人花香よしあき
「下克上、キターーーー!!」
ク・ハラ、キム・ヒョナ、ヒョリン について、織田裕二山本高広
「バカ!バァーカ!!」
「安室奈美恵が腰を振り続ける事に関して」に於ける加藤哲郎のコメント について、駒田徳広
「下克上ダアアアアァァァァァァッ!!!」
ク・ハラ、キム・ヒョナ、ヒョリン について、TOSHIX JAPAN
「やっと下克上果たせたんですううー!!!」
ク・ハラ、キム・ヒョナ、ヒョリン について、野々村竜太郎

関連項目[編集]


この項目「安室奈美恵」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)