安宅冬康

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安宅冬康」の項目を執筆しています。

安宅 冬康 (あたぎ ふゆやす) とは、戦国時代の武将である。三好長慶の弟。淡路水軍を率いていた安宅治興の養子となって安宅家を継承、淡路島を統括し水軍の親分になった。

水軍を統率する所謂「海の男」だが、多くの海の男にありがちな荒くれ者の印象とは反して、慈悲深く優しい人柄であった。

生涯[編集]

三好元長の三男。兄に三好長慶三好義賢、弟に十河一存がいる。またいたかどうかすら不明なほど影が薄い野口冬長なる弟もいたらしい。

兄の三好長慶に大きな影響を与えた人物である。将軍の足利義輝細川晴元と争いを繰り返す兄に対して、鈴虫の入った籠を見せて、「鈴虫も大事にして育てれば冬まで長生きする。もっと命を大事にしなされ」と諫言したというエピソードが有名。この冬康の諫言に心を打たれた長慶、命を大事にするようになり、自分の親父の仇である上に自分に対して何度も何度も刺客を差し向けてくる細川晴元に対し極力寛容な姿勢で臨んだ。また足利義輝に対しても融和の精神で対峙し、最善と判断すれば妥協した。その結果義輝は増長して三好家の力は衰退した。地獄への道は善意で舗装されている

そんな冬康だが、最期はその兄の三好長慶に殺された。松永久秀が讒言した所為だと言われている。巷の人々は冬康の粛清を聞いて弾正の仕業に違いないと風聞を立てた。この頃から既に松永久秀はそんな人間だと思われていたらしい。久秀本人ははいはいわしの所為わしの所為と軽く流した。

長慶は十河一存の跡取りで母親が身分の高い公家の娘である三好義継を跡取りに据えていた。すぐ下の弟三好義賢や、冬康、及び冬康の長男を無視して義継を跡取りに据えたのは、義継の母親が身分の高い公家だったのと、その出自が九条家であり、足利家と代々外戚で対立してきた近衛家と角逐関係であったから、つまり義輝に嫌がらせしたかっただけであった。また冬康は義継の家督継承に特に文句は言わなかったが、足利義輝の長年のパワハラのせいで統合失調症を患っていた長慶は被害妄想に陥って、冬康が自分を跡取りに選ばず義継なんかを跡取りに選んだことを怨んでいるに違いないと勝手に決めつけて冬康を殺した。

だが長慶はこの頃、嫡男三好義興、弟義賢、一存に相次いで先立たれており、元々豆腐メンタルだったせいもあっていささか虚気の傾向になっていた。公家の山科言継の日記には、長慶が亡き弟達や愛息に思いを馳せ「あーうー」と奇声を張り上げながら小便垂れ流して廊下を徘徊していたことが記述されている。

そして冬康をその手にかけてしまったことで長慶の発狂は臨界点を突破してしまい、免疫力が低下して持病が悪化しまもなく死去した。

冬康の死後、人格者である彼を殺したことで長慶馬鹿殿説が横行した。彼の後三好家を亡ぼして天下を掌握した織田信長豊臣秀吉にとっては駆逐したい三好勢力をネガキャンする格好の判断材料であったため二人は積極的にこの事件を喧伝して長慶は馬鹿殿だと吹聴した。

性格[編集]

前述の通り慈悲深く仁義を重んじ温厚と殺伐とした戦国時代に珍しい人格者であったが、その優しさが兄の長慶に諫言と言う形で影響したせいで細川晴元や足利義輝に寛容な態度となり彼らが増長する原因を作ってしまった。ある意味有害な優しさであった。政治家としては二流である。

もうちょっと冷徹さが冬康にあれば、義輝も晴元もさっさと殺して三好の独裁政権を畿内に敷けた可能性もなくはなかった。なおこの点織田信長は彼や長慶の失敗をしっかりと教訓にしており粘着質でキチガイの足利義昭を追放して室町幕府を根絶させた。そもそも足利将軍は足利尊氏以来キチガイばかりであり、「精神病の系譜」とさえ言われるほどである。下手に慈悲深く接しては腕を噛み千切られるだけである。足利将軍は鈴虫などではなく狂犬であった。その辺を冬康も長慶も見誤ってしまったようだ。

三好兄弟は脳筋の末っ子を除いて皆文化に精通した有識者として名が知れているが、とりわけ冬康は造詣が深かった。例えば、三好義賢が、育ての親である細川持隆と対立してこれを殺害し、殺るか殺られるかの関係になってしまったとはいえ育ての親を殺したことを憂い

Quote1.png 草枯らす 霜又今朝の 日に消えて 因果はここに 廻りに来にけり Quote2.png

と歌を詠むと、冬康はそれに対して

Quote1.png 因果とは 遙か車の輪の外を 廻るも遠き みよしのの原 Quote2.png

と、当意即妙の返し歌を用意した。これだけでも彼の知性の高さ、空気を読む才能が窺い知れる。

なお「みよしの」がどの「みよしの」を指すのか不明だが、普通「みよしの」と言えば奈良の吉野である。しかし、三好政権の本拠地であった芥川山城飯盛山城は大阪であり、「廻るも遠き」と呼称するには奈良は遠すぎるという根拠から、吉野説は歴史家達が必死になって否定している。この歌に出てくる「みよしの」とは、三芳野神社のある埼玉県だったんじゃないのと適当に考察されている。 つまり、冬康は因果の終息地は埼玉にこそあると言っており、埼玉こそが約束の地であると断じていたのだ。埼玉県民大歓喜であった。

またこのような歌も残している。

Quote1.png 古を 記せる文の 後もうし さらずばくだる 世ともしらじを Quote2.png

多くの戦で貴重な文化遺産や史料が灰燼に帰してしまった。史料が残らなければあとの世には捏造しか伝わらないと嘆いているのである。この時代に会って歴史学の要諦を把握しており、彼の教養の高さ、知性の豊かさを伺わせる。エロ本が捨てられてしまっては、後の世の人間は昔の人が何をオカズに抜いていたのか決して知ることは出来ないのだ。

希薄な怨霊伝説[編集]

無念の死を遂げた人間は怨霊となるのが日本史のお約束である。菅原道真平将門崇徳上皇後鳥羽上皇、枚挙に暇がない。太平記では源義経楠木正成まで怨霊化している。

となれば、讒訴で兄に殺されると言う非業の死を遂げた冬康もまた、怨霊と化していておかしくない。 しかしながら、冬康が怨霊と化して祟りを成した、そんな話は殆ど聞かれない。 冬康の死後、三好政権は滅亡したが、四国を統治した三好長治が馬鹿だったのと、手を組んだ足利義昭が信長に及ばなかったことが原因だとされ、冬康の祟りという話は殆ど出て来ない。冬康の祟りだという風聞が立っても、それが伝播することはない。

冬康の死後約450年後、淡路島は大地震に襲われたが、これも冬康の祟りと言われることはなかった。平将門が死後1000年以上に渡って祟りを起こし続けているのとは対照的である。

その理由は冬康の人柄である。慈悲深く温和で仁義を重んじる冬康は、例え讒訴で殺されようとも誰かを怨んで怨霊となることはなかったのである。学問の神様(笑)や新皇様(笑)と比べると、とても度量が広い。誰も怨まず、誰も呪わず、穏やかな淡路水軍の棟梁は、静かに海へと還って行った。

最後に、兄・義賢の歌に返した、冬康の歌を再掲する。

Quote1.png 因果とは 遙か車の輪の外を 廻るも遠き 三芳野の原 Quote2.png

三好家随一の慈愛の漢の魂は、淡路を、そこから遥か遠き三芳野を、そして日本を、静かに見守っている。