安城学園高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安城学園高等学校」の項目を執筆しています。

安城学園高等学校(あんじょうがくえんこうとうがっこう、Anjo-gakuen-high school)とは、愛知県安城市にある私立高校である。

概要[編集]

学校法人安城学園」グループを構成する学校の一つで、姉妹校として大学短期大学高校が各1校ずつ、幼稚園3校が存在している。なぜ小学校中学校が存在しないかと言うと、それらは義務教育機関であるため成立用件が厳しく、経営的に非効率なためである。

ちなみに、安城市にあるから安城学園なのかと思いきや、学校法人安城学園の経営陣はそのほとんどが徳島県民によって独占状態[要出典]であり、その他の理事や役員もろもろも非愛知県民(岐阜県静岡県三重県、その辺)によって占められている現状を嘆いた理事長・寺部三蔵、だい夫妻が「あんじょうしぃやぁ(しっかりしてくれぇ)」と呟いたためにその名が採用されたのであり、安城市がその地に選ばれたのは単なる偶然に過ぎないのであった。

愛称[編集]

校名が安城学園であるから略して「安学(あんがく)」、いたって普通のあだ名であるように思われるが、実は色々な意味が込められている。

  1. アーン♥♥で腰がガクガク。
  2. その結果、できちゃって両親にバレないかガクガク。
  3. そして誰にも相談できず、人工中絶の期限が迫ってガクガク。
  4. 何とか流産させようと怪しいクスリに手を出し、副作用で全身ガクガク。
  5. 結局隠し切れず、両親や担任に説教されてガクガク。
  6. 自分の名前を出されはしないか、男子は男子でずっとガクガク。

そのまま発覚し、両名とも退学処分という結末を「安学死」と呼ぶ生徒もいる。

歴史[編集]

本校は1906年の創立から1)安城裁縫塾、2)安城裁縫女学校、3)安城女子職業学校、4)安城女子専門学校、5)安城学園女子高等学校、6)安城学園女子短期大学附属高等学校、そして現在の安城学園高等学校に至るまで6回も改名しており、そうせざるを得ない事情が見え隠れしていることは言うまでもない

1906(明治39)年
安城裁縫塾が桜井町に開設。当時としては画期的な男女共学であったが、日本男子たるもの裁縫など軟弱な事はしない、という世の中の空気に逆らえる程のもいなかったため、実質的に女学校となった。
1912(大正元)年
乙女の花園として咲き乱れる百合百合ムンムンな世界に辟易した理事長の気分転換を兼ねて、校名を安城裁縫女学校と改称したが、やはり百合の香りは強烈なままであった。
1925(昭和元)年
あまりにエスカレートする百合の香りが却って悪臭となってしまい、近隣住民から立ち退きを迫られ、仕方なく小堤町へと移転する。
1948(昭和23)年
学制改革によって校名を安城学園女子高等学校と改称したものの、その内実は相変わらずトイレ芳香剤状態であった。
1950(昭和25)年
お裁縫ばっかりでいい加減飽きてしまったので、普通科を新設してみたものの、もはや彼女たちに普通というものが何なのかわからなくなっていた。
1952(昭和27)年
って言うか、普通がどうこう以前に彼女たちの社会適合能力を養うために商業科を新設したが、「お金なんて汚い」という古臭い道徳観念からか、不評だった。
1953(昭和28)年
校名を安城学園女子短期大学附属高等学校に改称したが、この時の理由は詳細不明であり、それを知ろうと調査してみた生徒はみんな行方不明になっている。
1982(昭和57)年
校名を安城学園高等学校に改称する。これは女生徒のみでは生徒数を確保しにくくなっていたため、男女共学体制へと移行する前準備であると言われている
1999(平成11)年
ついに乙女の楽園を諦め、男女共学に移行した。ほぅらね。そしていつしかお裁縫(家政学科?)がなかったことに。

部活動[編集]

どこぞの石頭事典ではまるで吹奏楽部以外はまともな活動をしていないかのように書かれているが、そんな事は断じてない(筈である)。運動部では野球部(たとえ甲子園への出場経験はなくても、みんな真面目な野球少年である)とかサッカー部(たとえJリーガーを輩出したことはなくても、みんな純真なサッカー少年である)とかバスケット部(たとえ以下略)とかソフトボール部(たとえ以下同文)とか、文化部では茶道部(たとえ誰も裏千家の免状など持っていなくても)とか華道部(たとえ池坊の……もういいでしょ?)とかボランティア部(たとえ進学就職のための点数稼ぎであったとしても……お察し下さい)とか、みんなみんな、部活なんだ友達なんだと言いたいところであるが、低レベル層には低レベル層なりの確執や(主に活動の縄張りや部費にまつわる)醜い争いが今日も繰り広げられているのであった。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]