安土桃山時代

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

安土桃山時代(あづちももやまじだい)とは、織田信長豊臣秀吉豊臣秀次が日本を統治した時代。戦国時代の末期で、織田豊臣政府(おだとよとみせいふ)や天正政府(てんしょうせいふ)とも言う。

日本は安価で安全な土地を誰もが所有し、当時最も贅沢とされた桃が大量に栽培され山になっていた楽園であった。鎌倉時代からの動乱を制し、このような理想的な政治体制を作り上げたのが、他ならぬ織田信長や豊臣秀吉である。

織田豊臣政府成立前[編集]

源北条王朝[編集]

鎌倉時代、平安時代末期から現れた武士たちに作られたかまくらによって全国が分割統治されていた。しかしかまくらによる支配は大きな問題があった。土のかまくらを作る際に材料の土を得るために掘られた穴が農耕地を減らしてしまったのである。それにより地価が高騰した上に土の状態は劣悪となり、鎌倉幕府は農民の武力蜂起と後醍醐天皇によるクーデターによって滅ぼされてしまった。

後醍醐政府から足利王朝中期まで[編集]

かまくらによる支配が終わり、農業の復興の兆しが見えたかに思えたが状況は全く変わらなかった。後醍醐天皇によるクーデターで後醍醐政府が成立したが、成立から3年後には樹立した足利王朝が成立し、足利王朝はその勢力を誇示するために全国各地にかまくらに代わる室(むろ)を作り始め、そこに食糧を貯蔵するように取り決めた。

しかし室の材料もまた土であるので地価は益々高騰する一方であった。農民たちは幕府の勢いが低迷する機を窺って暴動を起こし、各地の室を破壊した。

足利王朝末期(戦国時代初期・中期)[編集]

各地に散った武士たちは各々の領地を治め発展させ日本における覇権を争った。世はまさに戦国時代である。このころのエピソードはあまりに多すぎて、NHKでやってる時代劇のかなりの割合を占めるほどである。時を同じくして農民たちは約三百年もの間荒廃したままであった農地の復興に取り掛り農業を発展させた。そして織田信長が堺の町を征服しようとする頃にやっと安定した農業を営むことができる土地を拓き始めたのである。

政策[編集]

安土[編集]

京都に入った織田信長が新政府を建てると、年号を「天正」に変更。そして、堺を中心に農耕地が次々に興っていた頃織田信長は数々の戦果を挙げて多くの領地を獲得し、近畿地方を勢力下においた。そうすると土地が必要以上にできてしまったので地方の農民に質の良い近畿の土地を激安特価で売りに出した。この一大セールのキャッチフレーズが「安心・安全な土地をお安いお値段で」というあまりにありふれたものだったので戒めの意味を込めてこの時代を「安土時代」と呼ぶようになった。質の良い土地を買い求めることができるようになると人々は堺を一大農業都市になるまで発展させ、全国から多くの行商人が行き交うようになった。そこに目をつけた織田信長は堺をはじめ、様々な都市に楽市・楽座令を出し、利益を出そうと試みたところ、読みが当たって高級品が多く取引されるようになった。

桃山[編集]

織田信長の活躍のより近畿のほぼ全域に楽市・楽座令が施行され、商人たちは自由に商売をすることができた。それに伴い贅沢品の嗜好が高まりその中でもおいしくてやんごとなきお姿の桃が特に好まれた。需要が大幅に上がった桃は品種改良や農耕技術の発展により大量生産が可能になり、まさに山のように積もる勢いであった。

現在残っている文献によると、山の様に積っていた桃のほとんどが市場に並ぶとすぐに買われてしまい、売れ残ることはほぼ無かったという。当時の上流階級は皆桃を食べており、桃が収穫されない時期には禁断症状を見せる貴族が後を絶たなかったという。ちなみにこの当時の高級品には漆器や金箔ガ貼られた屏風などもあったが食べると無くなってしまう桃に大量の財産を使うことがより彼らの富を表すと考えられたようだ。また、日本の南のハワイパプアニューギニアオーストラリアニュージーランドなどの南蛮の国からの輸入品も流通していたが、特産品のハイビスカスの花輪やキウイフルーツなどは船で腐ってしまうために送られてくるのは各地域の原住民の工芸品だったので、日本人は南の国には硬い木材や岩しかないと思い込んでいたようだ。

楽園の最期[編集]

隆盛を極めた織田信長だったが本能寺明智光秀から焼き打ちに遭い殺害されてしまう。天下統一の悲願を成し遂げる一歩手前であった。その後すぐに豊臣秀吉が明智光秀を討ち織田信長の跡を継いだが、安土桃山の楽園が長く栄えることは無かった。

豊臣秀吉は朝鮮出兵を始めた頃には堺の商業を軽視しており、桃の町境は手厚い保護を失うのであった。秀吉が病死した後天下統一を成し遂げた徳川家康も堺を重要視せずに江戸の町を発展させることに全精力を注ぎ、とうとう現在に至るまで桃の楽園が日本に戻ることは無かった。

関連項目[編集]

先代
戦国時代
1467年-1590年
日本の歴史
織田豊臣政府
1573年-1603年
次代
徳川王朝
1603年-1868年