安倍寛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

もしかして: 阿部寛

この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

安倍 寛(あべ かん、1894年4月29日 - 1946年1月30日)は、日本の政治家で、反骨精神を持った大津聖人である。先祖は安倍宗任、息子は安倍晋太郎である。そして、変態ジジイの家系に取り込まれてしまい、安倍家の恥さらしとなる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安倍寛」の項目を執筆しています。

概要[編集]

Shinzou.jpg
アベ・ゲリノミクス・シンゾー
安倍ファミリー
安倍晴明安倍貞任安倍宗任
安倍辞任安倍寛岸信介
安倍晋太郎阿部高和安部菜々
美しい国創り
防衛省集団的自衛権教育基本法
再チャレンジアベノミクス
格差是正政策森友学園テロ等準備罪
美し国創り内閣
ローゼン出産メカ還元水
絆創膏うちわ配りドリル
お側御用チーム世耕
イデオロギー
美しい国愛国心新自由主義
信仰
小泉純一郎森喜朗ブッシュ
日本経団連統一教会創価学会
Winnyベネディクト16世
キーワード
ナントカ還元水文藝春秋ツボツボ
特定機密靖国神社戦後レジーム
  

1894年、山口県大津郡日置村(現・長門市に生まれる。幼少期に両親が相次いで死去し、大伯母に育てられる。東京帝国大学卒業後、自転車製造会社「三平商会」を創業。その後結婚し一人息子・晋太郎を儲けるも、夫婦仲が良かったにも関わらず離婚してしまう。その後、持病の結核が悪化し一時危篤状態に陥るも、不死鳥のように復活を遂げ、日置村村長、山口県議会議員を務め、1937年の総選挙で初当選を果たし、衆議院議員となる。 寛の主な偉業は、金権腐敗を糾弾した事、そして太平洋戦争中に平和の尊さを訴え続けた事である。戦後も長生きしていたら、更なる偉業を成し遂げた事だろう。それなのに、戦後初の総選挙を控えていた1946年、寛は51歳という若さで世を去ってしまう。終戦を迎え、これから安倍寛の時代がやってくると思われていただけに、運命というものは残酷なものである。

エピソード [編集]

  • 当選が同期の赤城宗徳と仲が良く、赤城は寛について「彼は“人に祈り、人に感謝する心がなければ、人間はダメだ”と話していた」と語っている。その赤城は、第2次岸改造内閣で防衛庁長官を務めたが、安保闘争では当時の総理大臣岸信介から自衛隊の治安出動を打診される。しかし、赤城は大津聖人と呼ばれた伝説の反戦政治家・安倍寛の大親友である。赤城は、自衛隊が国民の敵になってはいけないと考え、治安出動に反対する。
  • その後、赤城の孫である絆創膏大臣は、寛と岸の共通の孫・晋三の第一次内閣で農林水産大臣に就任するも、絆創膏大臣は晋三に粛清されました。絆創膏大臣が、晋三が最も嫌う安倍家の祖父の大親友でもあり、晋三が最も愛する岸家の祖父の暴走を止めた人物の孫である事が、理由であるとされている。
  • そして晋三は2015年、戦後70年目にして母方・岸家の祖父や北の将軍様総統閣下と並ぶ独裁者と化した。「三代目が家を潰す」というジンクスは、まさに晋三の事である。その三代目に潰されたのが、赤城家の三代目である。

関連人物[編集]

遺志を引き継いだ人物や団体[編集]

遺志を踏み躙る人物[編集]

  • 岸信介 - 晋太郎を自らの息子と結婚させ、安倍家を乗っ取る。国民を自分のおもちゃだと思っている変態。
  • 安倍洋子 - 義理の娘。寛の孫に父・岸信介の思想を吹き込む。父親譲りのド変態。
  • 安倍晋三 - 孫。戦争法案を押し通し、日本国民どころか全人類を痛めつける事を趣味とする究極の変態。
  • 安倍寛信 - 孫(晋三の兄)。武器製造で弟の変態プレイを支援している。
  • 岸信夫 - 孫(晋三の弟)にして、母の実家の養子。兄と共に変態プレイを楽しんでいる。
  • 野田佳彦 - 民主党の議員だが、安保法案賛成派の人物。
  • 前原誠司 - 同上。
  • 福島みずほ - 社民党の議員で、一応反戦を訴えてはいるが、売国奴。
  • 辻元清美 - 同上。
  • 志位和夫 - 共産党の議員。一応寛の遺志は引き継いでいるものの、日本を共産主義国にしようと目論んでいる。