安倍宗任

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
宗任の軍旗

安倍 宗任(あべの むねとう 1032年 - 1108年3月18日)とは、平安時代の武将。安倍頼時の三男。鳥海柵の柵主を務めた事から鳥海三郎の名で知られる。兄に安倍晴明安倍貞任、弟に正任、重任、家任らがいる。安倍晋三が勝手に子孫を名乗っているが、宗任本人は迷惑がっているようだ。明哲にして冷静沈着、人智を弁えた名将として父安倍頼時からも嘱望された、猪突猛進の貞任を陰で支えるナンバー2として活躍した。後の世の北条時房武田信繁等に連なる、「存在感は薄いけど、なくてはならない縁の下の力持ち」系統の武将であった。

前九年の役では兄貞任と共に源頼義源義家相手に奮戦したが、次第に劣勢になり、兄貞任も遂には戦死する。厨川柵になおも篭城を続けていた宗任だが、正任、家任らとともに投降する。戦犯として斬罪は免れないはずであったが、助命され、伊予への流罪と言う処分が下される。助命を祈願したのは義家であり、その後義家は宗任を公私両面で側近として召抱え毎晩ベッドでアンアン言わせてやろうとよだれを垂らしていたが、貞操の危機を感じた宗任らに逃げられてしまった、というおかしな逸話が残っている。逸話といえば、宗任が都にいた時に、ある公家が梅の花を指して「これ、この花を何と申すか知っておじゃるか?ホホホ」とバカにしてきたので、宗任は「わが国の 梅の花とは 見つれども 大宮人は いかがいふらむ」と、公家の教養となっていた和歌で、あえて切り返した。

さて配流後、暫し伊予に隠棲していたが、そこで水軍を興し、あわよくば海を渡って陸奥へと帰ろうとしたため、筑前大島に再び配流される。そこでも宗任は何度も帰郷の算段を練ったがついに叶わなかった。しかし陸奥への郷愁、執念を捨てきれず、新たに奥州の主となった藤原清衡の息子、藤原基衡に娘を無理矢理嫁がせ、舅の立場を利用して陸奥へ帰ろうとした。しかし基衡は娘を貰った後は返事もよこさず、結局宗任は娘を騙し取られた形になってしまった。ちなみに、その娘と基衡の仲は良好だったようで、娘も嫁いで一月経つころには筑前の父のことなどとうに忘れてしまっていたとか。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安倍宗任」の項目を執筆しています。


Hammer and sickle.png この項目「安倍宗任」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)