安保反対

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
安保闘争から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安保闘争」の項目を執筆しています。

安保反対(あんぽはんたい)とは、1960年ごろに行われた、国会周辺のダンスフロアとしての一般市民むけの開放のことである。

概要[編集]

当時まだジュリアナがなかった日本では、国民が踊れる場所が極めて少なかった。そこで当時の岸信介首相はこの事態を打開するために、「国民全員のために期間限定で国会周辺をダンスフロアにする」ための法案を可決、(これは共産党、社会党の影響が大きいと言える)国民にダンスフロアを提供した。

安保反対期間中の国会周辺では、『ヘルメット・マスク(・サングラス)着用』という無言のドレスコードが存在し、ダンサーたちは皆その服装をよしとしたが、それを知らない一般市民を許す広いも持ち合わせていた。

結果的にこの企画は大成功を収め、当時の大学生たちはその後日本にディスコブームを巻き起こす火付け役となる。

音楽[編集]

当初の計画では国会の衆参両院の議長席DJブースを設置する予定であったが、当時の日本のDJのレベルでこの規模のディスコを統制するのは特別委員会による審議の結果、難しいと判断され、結局参加者が自ら「安保反対」と歌いながらダンスをするということで落ち着いた。

このときダンスフロアでかかっていた「安保反対」のテーマソングは、ラ・マルセイエーズと同様ひとりの参加者によって作られた。(名前は明かされていない。)当時のレコードの売り上げでは「安保反対テーマソング」は期間中1位をキープし、国民の関心の高さを示した。

ハガチー事件[編集]

当時の岸信介首相は、ダンスフロアの中心にアメリカで世界的なミュージシャンとしてしられているハガチー・アイク大統領補佐官が登場するというシークレットイベントを企画し、実行したが、空港で偶然ファンに見つかり、ヘリコプター華麗に脱出すると言うハプニングが起きた。

予定外のハプニングをファンサービスに変えてしまうという機転を利かせたパフォーマンスにダンサーたちは敬意を表した。

ハガチーは、「ボクには今こんなにホットなダンスフロアで踊っているダンサーたちのダンスを止めることはできないよ、ライブは別の会場でやろうと思う。」と言い、結果的にシークレットライブはアメリカ大使館の前に詰め掛けたファンの前で行われた。

関連項目[編集]


軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ この安保反対は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)