安中市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安中市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「安中市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「安中市」の項目を執筆しています。

安中市(あんなかし)は、群馬県都市。自称碓氷峠番人であるが、碓氷峠からは遠い。しかし、かつて鉱山と称して川に毒をぶちまけ、周辺の住民を抹殺しようとした完全超悪の人間が多く住む一大危険地帯であった。2006年ごろに隣町の松井田町と合併した。尚、読み方は「あんちゅうし」ではなく「あんなかし」である。

碓氷峠[編集]

碓氷峠の番人と自称している市民が散見される。その中で、関所破りした江戸の民の罪が残っているとして、その子孫に罪を償ってもらうという考えのもと、必死で犯人探しをしていた。だが実際そのような証拠はあるわけがなく関所破りは当時の圧政に苦しむ人たちによるやむ得ないものであり、その人を咎めることは法律的にも無理である。だが神聖な関所を犯したと徐々に考えが過激になり、関所の遺恨忘れまじという考えに発展した。さらに、東京人全体が悪いという最終段階まで発展し、当初の考えとは違うものになった。

陰謀派による東邦亜鉛乗っ取り事件[編集]

碓氷峠の関所破りの遺恨が残る」として、安中過激派は1937年カドミウムによる東京大量殺戮計画を実行に移すため、創設したばかりの東邦亜鉛株式会社(当時:日本亜鉛精錬株式会社)を乗っ取り、精練所と称してカドミウムを製造し碓氷川にぶちまけ続けた。その行為は昭和末期まで続けられた。

被害[編集]

カドミウムの被害は周辺の住民に多大な被害を与え、群馬県をはじめとする周辺の怒りと顰蹙を大いに買った。そのため、「北関東の恥」・「群馬の恥部」等と呼ばれた。だが実際に被害を受けたのは、東京都民ではなく周辺の善良な市民だった

人はついに「安中遺恨全体主義狂恨国」と呼んだ。

問題の解決[編集]

この問題の最大の被害者は善良な安中市民であることは言うまでもない。怒りが爆発した市民は一気に過激派の巣屈である東邦亜鉛安中工場(実際は過激派のアジト兼毒物工場)に強行突入し、証拠品を押収し過激派を拘束した。これにより問題が明るみに出て問題は一気に終焉を迎えた。

安中症候群[編集]

  • カドミウムを含む特別に調合された毒物は、過激派人自身はもちろんのこと、下流域住民及び善良な安中市民の一部に「安中症候群」と呼ばれる特異的な症状が発生した。

症状[編集]

  • 後天的な重度の精神病と似た症状であり、気違いまたは検閲により削除の様な症状を呈したものであった。


実際にあった例としては発症した地元の検閲により削除高校の男子学生数人が、突然男の友人を突き倒し、服を全部脱がせ×××たのち殺害し、その死肉を焼肉パーティーと称して食らうという残酷で野蛮なものがあった。
さらに、女子高生に関しては以下略

治療法[編集]

  • 治療法としては特効薬などは一切なく、できるだけ周囲から隔離するしかない。

新たな問題(JR遺恨)[編集]

かつて安中を通って碓氷峠に通じ長野まで延びていた信越本線が碓氷峠でぶった切られた。そのため住民は長野への身近な足がバス転換の影響で不便になった。そして住民たちに新たな遺恨が発生した。俗に言う「第二の遺恨」問題と呼ばれている。遺恨の矛先は東日本旅客鉄道である。しかしこの問題は第一の遺恨と比べ限りなく合理的である。

高崎市との関係[編集]

隣町に当たる高崎市とは特に大きな争いもなかったが、2006年に重大なトラブルが発生した。発端は高崎の名前が入った自動車ナンバープレートを導入する際に高崎市ではない安中市の自動車にも高崎のナンバーをつけてもいい、との決定がなされたことだった。この決定は高崎市民の反感、特に自動車のナンバープレートを付けたり発行したりする事を生業にする人々の反発を買い、高崎ナンバーが導入された後も大きなしこりにっている。

関連項目[編集]