宇治市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この頁では京都府の「宇治」について述べています。伊勢神宮内宮の「宇治」については伊勢市を御覧下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宇治市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「宇治市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「宇治市」の項目を執筆しています。

宇治市(うじし)とは、京都府にあるの名産地である。

概要[編集]

昔の南京市(なんきょうし)は栽培が盛んであった。しかし藤原頼通など平安貴族による南京開拓により、立ち退かざるを得なかった。

そこで茶栽培をしている民は、田原の地に新しく茶畑を広げようとしていた。ちなみに、市名の由来は茶栽培の無事を祈って平安貴族たちが開拓する前の茶栽培の拠点にあった宇治上神社である。そこから、田原の地は宇治市となっていき、そこで栽培されるお茶も宇治茶とされる。

「広域における宇治」とは宇治市のほか城陽市井手町和束町のほぼ全域および南京市の一部など宇治茶の栽培拠点である。なお、南京市は旧宇治・本宇治という別名を持つ。ここが宇治茶のルーツだからである。更には、この宇治から太平洋岸の鈴鹿四日市に跨がる木津川・鈴鹿川の流域は、緑茶の大産地である。これらのうち、京都府で栽培される品種を「宇治茶」、三重県北部で栽培される品種を「伊勢茶」と呼ぶ場合もある。宇治茶の茶会で使用される茶碗が、宇治~四日市線上の伊賀焼(三重県)や信楽焼(滋賀県)である事は言うまでもない。

お茶としての宇治茶[編集]

宇治茶とは、平安時代より貴族への最高の献上品として生産が盛んであった。特に、都に近く味も相当良質であることから平安貴族はおろか朝廷にも愛された。

特に、朝廷からは質のよい宇治茶に玉露(玉の輿の乗る朝廷・貴族の飲むような最高級の露のような飲み物)という別名を賜った。そこから京の文化に、平安遷都以前の都であった平城京の近くで生産される宇治茶を使った茶会が日本特有の文化として定着していった。

以後、戦国時代でも乱世のなかでも文化を高めるものとして、宇治茶を入れるにふさわしい茶器の質というのが文武両道(文化と戦と両方質の高い理想の戦国大名・戦国武将)を目指すために家臣同士でも茶器の争いが繰り広げられたほどである。また、幕府の座を奪うことに加え、最高級の宇治茶畑を領地とするため、地方の大名はまず上洛を目指すことが目標の一つになっていた。しかし、茶会と茶器の質の追求に力を入れすぎたために茶に溺れて滅びていった大名もいたことも忘れてはならないであろう。

ところが今、宇治茶があまりにも高級品の代名詞となったためか、宇治で生産されていない別の日本茶・中国茶を宇治茶と生産地偽装したという事件が枚挙に暇がないほど多い。ゆえに、伊右衛門など、廉価な宇治茶というのは偽者であるという率が高い。

また、宇治茶は基本的に日本向けにしか生産されない茶であるためか、特定アジア勢のウリナラ起源が広められる可能性があることが最大の悩みの種になっている。

茶会としての宇治茶(宇治茶会)[編集]

また、ここは人里離れた里としてよく平安貴族たちがのどかなところを求めて、ここによく行楽にくるところでもある。いわば、平安貴族リゾート地としての側面が強かったといえよう。特に広域で宇治と呼ばれている地域や宇治川ラインで短歌を詠んだり、茶会を開いたりすることを宇治茶会(略して宇治茶)と呼ばれた。

インターネットが発達しつつある現代、宇治市は日本文化原点回帰の一環として宇治茶会を再現したチャットを立ち上げた。そこに貴族としてなりきって自由気ままに話したり、短歌を詠んだりするできるチャットサイトのことで、その名前は宇治茶と呼ばれる。

ただし、平安時代風の言葉遣いを使わなければならず、それ以外を使うと管理人に見つかり次第アクセス禁止にされてしまうケースが多い。ちなみに、チャットサイトでの宇治茶の名前の由来は宇治茶会のことについても宇治茶と略す貴族が多数存在したという説からである。

交通[編集]

学校[編集]

行政[編集]

  • 1998年に住民基本台帳の個人情報が流出させた事から裁判を起こされ、原告1人あたり1万5千円を支払うハメになった。以後、この金額が個人情報漏洩の賠償基準になるとかいわれたが近年の500円金券のバラマキをみるとそんなことはないらしい。

産業[編集]

みどころ[編集]

  • 一面の宇治茶畑
  • 宇治川ライン
  • 平等院鳳凰堂
  • ウトロ

…くらい

関連項目[編集]

この項目「宇治市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)