宇宙航空研究開発機構

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

宇宙航空研究開発機構(うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう)は、宇宙航空研究開発という機能を持つ機械構造である。多額のお金を投入すると複雑な機構でロケットが打ち上がる。略称はJAXA(ドイツ語読みで「やくざ」)、蔑称日本語読みは「弱者」である。

歴史[編集]

第二次世界大戦での敗戦により日本の航空分野はGHQに破壊され絶滅状態であり、再生の見込みが立たない荒野であった。

航空宇宙技術研究所の誕生[編集]

このような状況を憂いた勢力により航空技術の発展を目的とした「航空技術研究所」後の「航空宇宙技術研究所」(略称:成る)が建国される。

東大宇宙研の勃興[編集]

東京大学変人豪族・糸川英夫により「飛行機よりロケットじゃね」の一言でロケットを打ち上げるという野望を掲げ勢力を拡大していく。 はじめは一研究グループであったが徐々に勢力を拡大し、変人軍団こと東京大学宇宙航空研究所を建国。彼ら宇宙に生きる変人人々の想いは常識というメガネで覗くことはできず、それがわからない偉い人方は「テレビの見過ぎ」と笑い続け、後に恥を掻くことになる。 一国の一大学の一研究所が世界で4番目に自力で衛星を打ち上げるという偉業を達成し、独立の気運が高まり始めていた。

宇宙開発事業団の建国[編集]

東京大学宇宙航空研究所の勢力拡大を恐れた勢力が東大宇宙研に対抗する形で宇宙開発事業団(通称:成すだ)を建国。巨大な資金を背景に急速に勢力を拡大してゆく。

三国時代[編集]

巨大化する宇宙開発事業団に危機感を募らせた宇宙研は、航空宇宙技術研究所を巻き込み「宇宙開発事業団はお金になりそうなこと、宇宙研はマニアなこと、航空宇宙技術研究所は飛行機」と勢力分野を分ける天下三分の計の秘策を使う。

こうして天下三分の計により宇宙航空分野は航空宇宙技術研究所、東大宇宙研、宇宙開発事業団の三国時代に突入する。

宇宙研の独立[編集]

三国時代に勢力を拡大し続けた宇宙研は東京大学から独立し宇宙科学研究所(略称:挨拶)を建国。さらなる勢力拡大を図るがすでに大国となっていた宇宙開発事業団にはとてもかなわない状況であった。

天下統一[編集]

時の変人皇帝小泉純一郎の号令により、特殊法人の大粛清・統合が起こり「宇宙3機関は一緒でいんじゃね」とのことで宇宙分野の天下統一が図られた。当初は困難を極めると考えられた天下統一であったが「成すだ、成る(成せば成る)」という宇宙研を無視した号令により、統一が成し遂げられた。新しく「宇宙航空研究開発機構」(略称:弱者)が建国された。

代表的ロケット[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宇宙航空研究開発機構」の項目を執筆しています。