宇喜多直家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宇喜多直家」の項目を執筆しています。

宇喜多 直家(うきた にゃおいえ、1529年8月5日~1582年1月9日?)は、戦国時代のサムライ大名外道毛利元就のせいで、「中国一の外道大名」の称号を取り逃がした男。幼名は桃太郎。息子はトライアスロン選手の宇喜多秀家

人物・歴史[編集]

誕生[編集]

享禄2年(1529年)、備前国(今の岡山県)の宇喜多能家とか言うジジイが山へ芝刈りに出かけていた時に、彼の妻が川で洗濯をしており、そこへたまたま「どんぶらこ~どんぶらこ~♪」と流れてきたを真っ二つに切った途端、男の子が飛び出してきたので、能家と妻は「真っ直ぐ切った桃から生まれた男の子ぢゃから桃太郎と名づけよう!」と決めたらしい。しかし後年直家は、その名付け親に背くかのように「親類」を悪どい殺し方をすることで悪名をとどろかせることになる。

少年期[編集]

後年、悪名が轟く直家であるが、桃太郎を名乗っていた少年期における活躍は、正義の行為として語られている。天文3年(1534年)、宇喜多家の所領の近辺ではでが悪行をなしていたので、これに対して義憤を覚えた桃太郎は、鬼が島まで退治に出かけた。

しかし、見事に鬼を退治した後、彼を待っていたのは悲劇であった。帰ってきた時には島村とか言う家のクソガキによってジジイこと能家がフルボッコにされて死んでいたのである。

これを見た桃太郎は、「チキショーあのガキ~!ジジイの仇を取ってやる!!」と息巻いたものの、途中で拾った動物3匹()を連れたままではどうにもならず、しばらく自宅警備員をして時を過ごした。

なお、桃太郎の鬼退治の伝承については、後年の悪行とあまりにも差異がありすぎるため、捏造された逸話ではないかという説が強い。孝霊天皇の第3皇子で、崇神天皇の四道将軍の一人である吉備津彦命の逸話と酷似しているため、これを元に捏造されたのではないかというのが、通説となっている。また、この逸話が事実であるとしても、後年同様の悪逆の行為であるという意見もある。福沢諭吉は桃太郎の行為を、「もゝたろふが、おにがしまにゆきしは、たからをとりにゆくといへり。けしからぬことならずや。たからは、おにのだいじにして、しまいおきしものにて、たからのぬしはおになり。ぬしあるたからを、わけもなく、とりにゆくとは、もゝたろふは、ぬすびとゝもいふべき、わるものなり。」と、激しく糾弾している。

自宅警備員から親殺しへ[編集]

ある日浦上宗景とか言う殿様が、「お前なかなか見所があるから、オレに仕えろや」と話を持ちかけてきた。「かったるいな~」と思いつつ、なんとなく宗景に仕えた桃太郎改め直家だったが、そこにはあの島村のクソガキがいるではないか!あやうくブチ切れそうなのを堪えて、直家は宗景の所で下働きをしていた。その頑張りに宗景は「お前よく頑張ってるけど、なんか欲しいものでもあるのか?」と聞いてきたので、直家は「あの島村のクソガキをぶっ殺していいですか?」と聞いた。すると宗景は「な~んだ、そんなことでいいのか。あいつ気にくわねぇからお前に任せるよ」と言ったのである。こうして大義名分と宗景の許可を得た直家は、数日のうちに島村のクソガキを闇討ちでNice boat.、あといつの間にやらを貰っていて、嫁の父親である中山のオッサンがクソガキと仲が良かったので、巻き添えでNice boat.。義父とは言え立派な親殺しである。嫁はショック死。しかも直家は平気な顔をしていた。

「直家にやらしたのはまずかったかな~……でもま、いっか(納得)」
宇喜多直家 について、浦上宗景

家来から殿様への悪どい出世[編集]

島村のクソガキ中山備中守を殺し、いつの間にか浦上家の偉いサムライに出世していた直家は、近所にある竜の口城殿様ウホッ!!いい男なのをいい事にイケメンを使って関係を結ばせたり、さらにはちょっかいを出してくる備中の三村家親ガンナーを雇いNice boat.、これが翌年の明禅寺合戦のきっかけになったのだが、直家は、正面決戦に出ると言う愚策を取らず、どこまでもせこい調略ばかりを駆使して勝利に持っていった。余談だが、この時に嫁その2とゴールインしている。こうした直家の行いの数々を見て、殿様こと浦上宗景も遂に「直家チョーシこいててウゼェから、お前ら直家をぶっ殺して来い!」と他の家来どもに命令していた。「こりゃヤベーかなぁ」と思って、直家は大人しく降伏した。が、これは見せ掛けで、「どっちにしろこのままじゃ殺されるよなぁ…」と思い、毛利輝元と同盟して宗景を裏切った。それと前後して、岡山城っていいお城だよね~…それだけの理由で城の持ち主Nice boat.したり、毛利との同盟の条件として先にNice boat.した家親の息子三村元親を毛利と一緒にフルボッコしたり、松田とか言うやつに娘と無理やり結婚させて一族をボロボロにした上で、娘もろともNice boat.したのである。こうして直家は「ワル」外道の称号を手に入れ、同様の手口で宗景の家来どももたぶらかし、とうとう「元殿様」こと宗景を天神山城から追っ払ったのである。

裏切者~~!!
宇喜多直家 について、浦上宗景

こうして直家は「裏切者」の称号まで手に入れた。

やっぱり裏切者だった直家の最期[編集]

浦上宗景を追っ払い、気が付くと備前・美作二国の殿様になった直家だったが、「な~んかかったるいな~」と言う理由で、織田信長の家来であったと一旦ケンカするものの、すぐ信長にペコペコして毛利を裏切った。宗景が追い出される前に言い放った一言はこれを予言していたのだろうか?余談だがこの辺りで後藤ナントカやら言うサムライNice boat.した。天正9年(1581年)には子供の頃のように自宅警備員に戻って、後の事を息子秀家に全部押し付けた。享年55歳。

往生際の悪い直家は、最後に「誰かワシと一緒にお寝んねしてくれんかのぅ?」と聞いたところ、全員ドン引きし、誰も目を合わせてくれない。どころか、雉こと戸川秀安は「アッシらは殿のおん為にたくさん人を騙したり、殺したりしましただ。アッシらを道連れにしたら地獄に落ちますぜ」と暗に拒否られて、ショックでそのままポックリ逝った。

実際直家ってど~なの?[編集]

  • 松永久秀とか真田昌幸のようにえげつない奴なのだが、今ひとつ知名度が足りない、というか有名になると地元岡山県が困るので息子の秀家はともかく、彼自身は岡山県でいなかったことにされている。
  • 毛利元就尼子経久に匹敵する智将と言われているのに(謀聖・中国三大謀将)、それでもまだ知名度が足りない。というか有名になると(ry
  • にもかかわらず隠れヲタがいたりするから不思議である(何を隠そう執筆者がそうだ)。おそらくは乙子城生活の時代に苦境を乗り越えるために、君臣一同断食したという嘘情報に騙されたものと思われる。
  • 直家の戦には、正攻法と言う言葉がない。決して皆無ではないが、唯一知られた明禅寺合戦さえ、序盤は敗北したり、仕上げ以外は直家の本領である調略(狙撃・毒殺・奇襲・だまし討ち)を主に用いていた。と言うより直家にはそれしかとりえがないのだから。
  • なお、母親違いの弟(これこれ)は、血も涙もない兄に対して、毎日防弾チョッキを着て警戒していたそうな。
  • このように「外道」、「裏切者」直家もコーエーによって、津軽為信ら共々、『ギリサン』の称号が与えられた。
  • 謀将としてのライバルである尼子経久・毛利元就・最上義光にはいずれもほほえましいエピソード、あるいはツンデレエピソードが伝わっているが[1]、直家にはそういったエピソードもない。直家のデレはただの暗殺フラグだし……。まあ、苛政で知られる斎藤道三よりはマシかも。
  • 上の所業を見る限り、外道と呼ばれようが、批判を受けるのが当然の直家である。しかし逆に言えば別の意見も出てくる。数々の調略・暗殺のえげつなさは否めないが、その先入観を取っ払ってみると、宇喜多領の周辺には織田や毛利は言うに及ばず、浦上・三村と言った強大な勢力が控えていたのも事実である。そんな中小勢力を相手に家を守ると言うのも決して楽ではないのだ。「戦国乱世なんだし、しょーがないんじゃないの!?」という擁護意見も、ちらほらとだがある。
  • 息子同様、フェミニンな美形だったようだが、子供もいっぱいいるのでおにゃのこ説などはない。しかし、弟が1人になったり2人になったりすることを利用すれば妄想は可能かもしれない。知名度アップのため、誰か頑張ってくれ

直家に対する言いたい事の数々[編集]

「オレがせっかく召抱えてやったのに、この恩知らずが!!
宇喜多直家 について、浦上宗景
「兄上の前では、平静を装いつつ防弾チョッキを着るのだ春家よ」
心洗われる兄弟愛 について、宇喜多忠家
「何と言う男だ…全く信用できぬ!!」
宇喜多直家 について、毛利元就
オンドゥルルラギッタンディスカー!!
宇喜多直家 について、毛利輝元
ワシは、こんな同盟、しとうはなかった!!
宇喜多直家 について、吉川元春
「いずれ宇喜多領はわが領地となります」
吉川元春の発言 について、小早川隆景
「少年期のエピソードがオレと被るんだよなぁ…特許でも取っとくべきだったかのう」
宇喜多直家 について、織田信長
アンタの嫁さん、ええカラダしとるのぅ」
宇喜多直家 について、羽柴秀吉
「くっくっくっ…これはひどい」
宇喜多直家 について、久武親直
「いくらワシでも女子を利用してまで暗殺しとうないわい。とんでもない悪人じゃな此奴は。」
宇喜多直家 について、松永久秀
「宇喜多日本一の悪者、古よりの物語でもここまでド汚い悪人はいなかったぞい」
宇喜多直家 について、島津義弘
「オレもさぁ…表裏比輿なんて言われるけど、こいつも十分表裏比輿だぜ」
宇喜多直家 について、真田昌幸
「ほぅ…沢山の人間を殺したようだが、オレの足元には及ぶまい」
宇喜多直家 について、呂布
嫌な予感が当たったわね。このふたり、デキてるわ」
嫁その2秀吉ちゃん について、天野遠子
「私の学校で学ぶなら、腕白でもいいから直家のようなド外道になるな。堂々とした人になって欲しい」
宇喜多直家 について、新島襄

関連項目[編集]

一族[編集]

犠牲者の皆さん[編集]

その他[編集]

崇拝者[編集]

  • 若木新二郎:讃岐丸亀藩主・若木新之助の弟で、宇喜多直家を尊敬する江戸時代の浪人。自らもさしたる理由も無く、商人や幕府の役人を惨殺し、殺された者たちが悪人であるかのごとく宣伝して自らの行為を正当化した。直家の幼名にあやかって、桃太郎侍と名乗った事で知られる。

脚注[編集]

  1. ^ 大名家として存続できなかった尼子氏最上氏にこういった美談が伝わっているのは不思議な気がする。ただ、あまり君臣の交わりを強調するのも大名家の権威を損なううえ、比較することで当主が狭量であると批判されることにつながる可能性もある。そう考えると、尼子氏や最上氏が衰退したおかげで、かえって経久や義光がキャラ立ちできるような逸話が残ったのかもしれない。
この項目「宇喜多直家」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)