宇喜多忠家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宇喜多忠家」の項目を執筆しています。

宇喜多 忠家(うきた ただいえ、1533年1609年?)は、戦国時代のサムライ宇喜多直家の腹違いの弟であり、腐れ外道の兄の影に隠れて、空気と化したかわいそうな人である。弟、春家クローン人間、もしくは双子説まで飛び交っている。息子は千姫ストーカーである坂崎直盛

人物・来歴[編集]

誕生・前半生[編集]

天文2年(1533年)に、マダオである宇喜多興家の息子として生まれた。だがこの後に島村さん家のクソガキによって、ジジイである宇喜多能家フルボッコにされる事件が起き、実家を追い出される。後年きっと桃から兄貴が生まれたせいだと述懐し、兄・直家と忠家の屈折した兄弟仲の始まりとなる。とは言え忠家が親父同様に空気程度の価値しかなかったのも事実なので、これは逆恨みであろう。

後半生・晩年[編集]

忠家がようやく表舞台に立てるようになったのも、兄・直家が殿様である浦上宗景を裏切り、天神山城から追っ払った後のことである。この頃には数々の悪行を間近で見てきたせいもあり、忠家は兄・直家を猜疑心以外で見れなくなっていた。表向きはかろうじて平静に応対していたものの、下着はいつも防弾チョッキという生活である。しかし能力的には兄ほどの智謀は無いものの、副大将としては出来た人物だったらしく、織田信長が差し向けた羽柴猿との戦いでも一軍の将として采配を振るった。

直家の死後はやっとこさ心理的安定を得たらしく、甥の宇喜多秀家を補佐してそれなりに羽振りは良くなった。が、ところがどっこいこの甥も兄とは方向性こそ違えど、かなりヤバイ性質の持ち主で、自分の好きなものを周囲に反映させたがる癖があり、そのせいで武功派のサムライ達からごめんなさいされる始末であった。忠家も「兄貴よりはましだが…」と思いつつ秀家に対してはつける薬はないと考えたのか、おとなしく亡き兄貴同様自宅警備員へと転身した。享年77歳。

弟・宇喜多春家[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宇喜多春家」の項目を執筆しています。

忠家には父母が同じの宇喜多春家という弟がいるが、どうにも行動が被るらしく、「同一人物では?」と頭の固い辞典では言われている。[要出典]しかし、これは別の考え方も出来るのではあるまいか?

諸説入り乱れているが…まぁ頑張れ

死後[編集]

どういうわけか兄弟揃って息子に不肖者を出すのが宇喜多の慣例らしく、息子の坂崎直盛千姫タンハァハァ青沼静馬さながらの面で言い寄ったため粛清されました。こうして宇喜多の一族は歴史から姿を消した。まぁ色々名前を変えて生き残っているし、八丈島にも嫡流が居ることですし…


評価[編集]

本能寺の変後、羽柴秀吉は毛利家と和議を結び、宇喜多秀家に背後を守らせて畿内に撤退している。と言っても秀家はこの時まだ11歳だから実質的な主将は忠家である。

上杉景勝と戦っていた柴田勝家も、佐々成政か、それと前田利家を前線に置いたまま、越前勢のみで明智勢を攻めることもできた。また、滝川一益も上州・信州を真田昌幸に守らせて、自分は本拠の伊勢勢を率いて戦うこともできた。

結果的に秀吉が信長の仇打ちに成功したのは、秀吉に決断力があったからだとか、安国寺恵瓊小早川隆景の予見力が高かったからだとか言われているが、最終的には毛利輝元が、うかつに忠家を攻めて兵力を消耗したくないと決断したからである。

以来、宇喜多家と毛利家は中立癖がつき、賤ヶ岳の戦い小牧・長久手の戦いも、「互いの動きが不穏である」という名目で動員を拒否している。本能寺の変から小牧・長久手の戦いまででそうとう多くの大名家が滅亡しており、その間をほぼ無傷で乗り切った忠家と毛利輝元はそれなりの狸と言える。

しかし、そんな「金持ちケンカせず」という教訓を守った彼らより、黒田孝高蜂須賀正勝のような大博打を打った武将に憧れてしまうのが、大衆の常である。

関連項目[編集]

この項目「宇喜多忠家」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)