孫策

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

孫策(そんさく)は三国時代の国を作り上げた暴力団、「孫会」の2代目当主である。副業である不動産業業も父の代から続けており、特に建業城や蘇州城はまさに彼の一大傑作であった。

実績[編集]

孫堅が没した後、友人周瑜を始めとする愉快な仲間たちと共に袁術の城に殴りこみ、強制的に住み着いた挙句、袁術の部下や幹部を恐喝して袁術軍の半数の兵士や武将・宦官たちを部下にしてしまった。さすがにぶち切れた袁術が孫策を討ち果たそうと後ろから切りつけたが、振り向きもされずに裏拳で返り討ちされてしまった。このとき孫策は周瑜と呑気に井戸端会議中だった。

退屈だという理由で趣味の木工作や邸宅建築・庭園作りに都市整備に水路工事などを開始して、建業城や蘇州城などを作った。更にやはり退屈していた周瑜や黄蓋張昭魯粛甘寧らも一緒になって江南各地に都市を作り始めたところ、作った都市はことごとく洛陽にも劣らない大都市にまで発展した。

「江南の住宅は家賃が安く、家が広く、いい仕事している。」この噂を聞きつけそこらじゅうから移民が先を争って移住して来て本当に大都市になってしまった。ちなみに蘇州(蘇州城。現在の蘇州市)の四大庭園などに代表される江南地方の数々の名庭園や世界遺産に登録された江南の町々の水路風景の基礎を作ったのは、他ならぬ孫策である。自分たちの縄張りの周りにいる君主や太守などに対しても、やはり退屈だという理由で太守の胸ぐらをつかみ恐喝、彼らからせしめた土地に邸宅、楼閣を建設、都市整備などを行ううちに大陸の三分の一をシマにしてしまった。

これに対して曹操が怒りをあらわに攻め入ってくるという知らせを聞いた時、周瑜以外の部下は全員首を吊ろうとしたらしいが、孫策は「今までで一番楽しそうだずぇ!」と興奮し宴会を開いたという。 しかし孫策は酒を一口飲んだだけでダウンするほど酒に弱いにもかかわらず、無謀にも、巨大な酒樽五つを空にしても全く酔わないほどの酒豪である周瑜と飲み比べ勝負をしてしまったため、当然の結果急性アルコール中毒で若くして天に召されてしまうはめになった。

余談だが、「イケメン」は孫策にとって限りなく唯一絶対的とも言えるほど随一の自慢であり、彼の死因は酔って酒甕にダイブし、割れたかわらけで顔に傷を負い、鏡を見て頓死したという説もある。

某所では生前でも死後でも、事あるごとに軍師などからは「策など不要ですかな。」とか「この策を風に乗せて(ry」や「されど策は未熟よ」などと言われ続けられている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「孫策」の項目を執筆しています。


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「孫策」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)